ショスタコーヴィチ交響曲第15番 : ザンデルリンク

ショスタコザンデルリンク

今日もショスタコーヴィチの交響曲第15番を聴く。

この曲を聴くきっかけとなった七味とうがらしさんのサイトで紹介されていたのがザンデルリンクの演奏。その時紹介されていたのはマーラーの9番と組んだクリーブランド管との演奏で、そちらも発注しているのだが、今日、一足先に届いたのは78年に録音されたベルリン響との演奏だった。

これまでM・ショスタコーヴィチ、コンドラシン、ムラヴィンスキー、ハイティンク、ロストロポーヴィチ、バルシャイ、カエターニと15番の演奏を聴いたが、この演奏のテンポがもっとも遅い。第3楽章なんてスコアを紐解くためにスロービデオを見ているみたいで、この間聴いたチェリビダッケのプロコフィエフみたいな遅さである。ただ遅いだけでなく、一番沈鬱な表情の演奏だ。

表情が暗いだけに終楽章で弦楽器が優しいメロディを奏でるあたり、いつもより余計にはかなく美しく感じる。例の「ボン・ボン・ボ・ボンボン」もこの上なく遅い。ライナーノーツによればザンデルリンクはこの曲を最後は集中治療室で点滴の音を聴く重病人に例えていたそうだから、「ボン・ボン・ボ・ボンボン」はさながら迫りくる死神の足音だろうか。静かにゆっくりしかし確実に迫ってくる。中間の大団円で鐘の音がはっきり鳴るのをこの演奏で初めて聴いた。そういう説明を読んだせいか、大団円以降はもう意識を失って夢の中にいるようである。時折意識を取り戻すと死神の足音が聞こえる。根暗な演奏である。ちなみに僕は根暗な演奏が大好きだ(笑)。

アナログ全盛期の録音でとても聴きやすい。マルチトラックで録音したと思われる打楽器群の音が全編通じて明確で演奏の意図が良く分かるし、何より聴いてて面白い。クリーブランド管との演奏を聴くのが楽しみである。
スポンサーサイト

R・シュトラウス アルプス交響曲 : 朝比奈

朝比奈アルプス

もう10年くらい前だろうか、朝比奈隆さんのシカゴ響コンサートのドキュメンタリーを観た時、朝比奈さんを招聘したシカゴ響のマネージャーが、彼のアルプス交響曲を聴いてシカゴ響への招聘を思い立ったと語っていた。さっそくCDを探したのだが、晩年の大阪フィルとの録音は廃盤になってしまったのか手に入らなかった。その後しばらくは話自体を忘れていたのだが、一昨年、1964年にベルリン放送響と録音した演奏のCDが発売された。このCDは昨年どこかのタイミングで購入したのだが、CDそのものをあんまり聴かなくなってしまったタイミングに当たって聴かないままだった。今日、ようやく開封。

正直、このCDはあんまり期待していなかった。録音が64年と古いし、朝比奈さんにとってこれが初めてのアルプス交響曲だと言う。その後、この曲を得意にするようになったとはいえ、大器晩成型の朝比奈さんだし、録音時56歳となると80年代以降のスケールとは違っても仕方ない。

なんて不遜な気持ちを抱きつつ聴き始めたのだが、まったくの見当違いだった。個人的にR・シュトラウスの曲はことさら良い音で聴きたいのだが、この録音は低音の伸びと重さが足りないものの演奏を楽しむには何の問題もないレベル。大阪フィルとの演奏を聴いたことがないので比較できないが、ドイツ放送響とのスタジオ録音なので技術的にもばっちり。初めて振ったとは思えない落ち着き払った演奏である。これみよがしなところなく誠実な演奏が展開されるが、なんとも聴き応えがあった。

64年の録音だからこの曲のステレオ録音としては最も早い時期に当たるのではなかろうか。ケンペを皮切りに80年録音のカラヤンまで70年代には世界的有名指揮者の録音が目白押しであるが、この演奏は内容的にそうした高名な演奏に一歩も劣らないと思う。こんな演奏が立派な録音で残ってなんとも幸いなことである。

プロコフィエフ交響曲第5番 : チェリビダッケ

チェリビダッケフランスロシア

部屋の片づけをしながら久しく聴いていないCDボックスセットを見ていたところ、チェリビダッケのボックスにプロコフィエフの録音があることに気付いた。このボックスセットを買った当時はプロコフィエフの交響曲に興味がなかったのですっかり見落としていた。輸入ボックスセットが格安で買えるようになって以来、そんなCDがたくさんある。もったいない。

チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルのライブ録音で1番と5番が録音されている。チェリビダッケはこの2曲が得意だったらしい。最初に1番が収録されているが、もう典型的なチェリビダッケ的演奏である。遅いテンポでニュアンス豊かにこの小曲を演奏している。「古典」交響曲と言われるだけにきびきびとした演奏を好まれる方も多いだろう。そういう人にとっては受け入れがたい演奏だと思う。が、僕はチェリビダッケのアプローチも好きである。

前菜と言うにはあまりに重い1番の後、いよいよ5番が始まるが、こちらもかなりのスローモーション。しかしながら、この説得力は凄い。チェリビダッケのスローモーションはただ鈍重なのではなくて、スローなペースの中でスコアを完全に解きほぐして、透明でありながら分厚い音楽を形成していく。楽器の扱い方はけっこう大胆で、金管の音の割り方やティンパニ、大太鼓の使い方は非常に効果的。これを実演で聴いたら圧倒されるだろう。幸い、CDの音も悪くない。日中なので普段の音量の3割増しくらいで聴いたが、うるさくない。これは良い演奏、良い録音である。

ショスタコーヴィチ交響曲第15番 : ハイティンク

ショスタコハイティンク

今週は実に久しぶりに土日がお休み。とてもうれしい。今日は夕方、にわか雨があったものの、天気もまずますだった。午前中、歯医者に行った。最近の歯医者と言うのは虫歯一つとっても治療に実に時間がかかる。以前、治療した奥歯にかぶせてあったものが取れてしまったことから通い始めたのだが、その過程で見つかった要治療の前歯をずーーっと治療中である。もう、なんと言うかライフワークという感じの長大な治療だ。人気がある歯医者さんで多くても月に2度しか行けないということもあるのだが、それにしてもかれこれ一年は通っているような。

午後は音楽を聴きながらオーディオ弄り。場所を変えたり元に戻したり非生産的な作業を繰り返した。自分でもあきれるが、先日、導入をお伝えしたばかりのD-TK10を古いセレッションSL6に入れ替えてみたり。ほら、言わんこっちゃない(笑)。しかし、この古い密閉型スピーカーも良く出来たスピーカーなのである。バスレフの解放感はないが、密閉型特有のみっちりと暗い音が好きだ。

今日は音楽を聴く時間があったのでいろいろ聴いたが、その中で良かったのがハイティンク/ロンドン・フィルの演奏するショスタコーヴィチの交響曲第15番。最近、すっかりこの曲にはまっていて、今日はこの他にロストロポーヴィチの演奏でも聴いた。

最初に聴いた時には「ウィリアム・テル」ばかり耳に残ったのだが、聴けば聴くほど実に素晴らしい曲である。どの楽章も良いが、特に最終楽章は凄い。ハイドンの「ロンドン」と似たフレーズ(ちなみになんであるか思い出せないのだが、時代劇のテーマにも似ている。)で中間の大団円を迎える手前くらいから低弦が「ボン、ボン、ボ、ボンボン」をいうリズムを刻みだすが、ここからの展開はもう天才としか言いようがない。いろいろな打楽器が鳴りながら静かに終わっていくのが大層印象的。ハイティンクはこの楽章に限らず緩やかなテンポで大きな音楽を作り上げている。打楽器の掛け合いがリズミカルに行かないところが玉に瑕ではあるものの、録音も良くて納得感の高い演奏である。

ラヴェル管弦楽曲集 : マルティノン

マルティノンラヴェル

ドビュッシー、ラヴェルの管弦楽曲集とも定評があるにも関わらずこれまでマルティノンの演奏を聴くことはほとんどなかった。ラヴェルと言うとなんといっても筆頭はクリュイタンス。新しい録音ならデュトワ、その間のステレオ録音では個人的にブーレーズが定番で、あえてマルティノンを聴こうと思わなかったのである。

このLP5枚セットはちょっと前に「レコード社」で買ったもの。管弦楽曲に加えチッコリーニと組んだ二曲のピアノ協奏曲が収録されている。最近、同社で買うLPの常なのだが、盤面は綺麗なのに針を落とすとかなりパチパチとうるさい。なので、一枚ずつ、聴く前にかなり入念に洗浄が必要である。そんな感じで一枚洗って聴き、また別の日に一枚洗って聴きの繰り返しで全部聴くのに相当時間がかかってしまった(笑)。

一枚目のボレロや二枚目のダフニスとクロエを聴きながら感じたのだが、先に名を挙げた三人の指揮者に比べてこの人の演奏がなんと言うか一番人間臭い。クリュイタンスとブーレーズ/デュトワの演奏はオケの質感の違いからウォームかクールかという印象こそ異なれども、いずれも非常に精緻でラヴェルの機械のような精密さを感じさせるが、マルティノン/パリ管の演奏はテンポも動くしここ一番という時にもっと熱を感じる。と言っても感情的で我を忘れたような熱さではないのだが。うまく表現できないが、ひんやりした見た目なのに触ったら意外と熱い感じ(意味不明)である。

そんな演奏だけにどの曲も終盤の盛り上がりはなかなか感動的。録音年代の割には強音時に音が濁りがちで特に内周部はちょっと厳しいが、まあ、演奏を楽しむのに問題はない。良い演奏だ。

SPU-GTE

DSC_9927.jpg DSC_9925.jpg

買おうか買うまいか悩んだ挙句に結局、SPU-GTEを購入した。写真でご覧のとおり外見はそれなり。でもお値段もそれなりだったので文句なし。さてさてどんな音がするのだろうとSPUの重量に対応できるRigid Floatにとりあえずセットして聴いてみるとなかなかだったので、数日後にはイケダのメンテナンスを頼んだのと同じショップにメンテナンスをお願いすることにした。イケダ同様、できる限り長く使い続けたいと思ったのだ。

イケダ同様、1か月強が経過した後、ふいにカートリッジが返ってきた。こちらはイケダより手がかかったようで、クリーニングに加えてダンパー調整とカートリッジ取り付け位置修正という項目が含まれていた。修理完了したカートリッジについては実測データが付属してくるが、これを見るとイケダと比較してSPU-GTEの周波数特性の方がよりフラットである。イケダの9Cは聴感上も若干のハイ上がりに感じるが、3kHz~10kHzくらいのところに小さな山がある。比べてSPU-GTEは見事にフラット。

修理完了を待つ間にグランツ純正の追加錘を購入しておいた。いかにもの組合せだが、SPUはTD-124に使おうと決めていた。鉄製プラッターなのでMCカートリッジは針圧に注意がいる。純正のアウタープラッターのみだとSPUで針圧のずれは最大1g程度。このくらいであればもともと針圧が重めのSPUの場合、さほどの問題はないはずだが、一応、マグネシウム製の薄いターンテーブルシートを敷くことにした。これだけで磁力の影響はほぼ受けなくなる。

購入したショップのオーナーは「これが本当のオルトフォンの音」とつぶやいていたが、初めて聴くGTEの音は勝手な予想よりずっとモニターライクなすっきりとしたものだった。周波数特性表どおり低音から高音まですっとつながっている。怒られそうだが音の出方がDL103に似ている。DL103がNHK-FMならSPUはデンマーク国営放送(なんてあるかな?)のFM放送で流れていそうな、標準的模範的な音がする。

音色にも妙なクセは感じなかった。寒暖で言えば暖かい音がする。エコー成分がほんの少し多くなったように感じるが、これは特徴的なシェルが影響しているせいかもしれない。スペック通り音圧が非常に高く、出てくる音には勢いがある。強い音と言っても良い。このあたりM44-7もそうだが、SN比の良くないプレーヤー、アンプの時代に設計されたカートリッジだけに多少のノイズは吹き飛ばすような音の力がある。逆に最新の緻密で静かなプレーヤーにはもっと繊細で切れ味鋭い音が合うと思う。デザインだけでなく、そういう意味でもTD124やガラードにちょうど良いのではなかろうか。

とにかくこれで、SPU-GTE、イケダ9c、シェルターModel7000、V15TypeIV、DS001と常用カートリッジが揃った。今のところ音楽のジャンルも年代も関係なく気分次第で使い分けている。

Onkyo D-TK10 (2)

昨年秋にKiso HB-1を試聴してその魅力を知ってから半年、ついに購入することにした。もちろんHB-1ではなくD-TK10を(笑)。HB-1の上位機が発表されたせいかHB-1の中古も何度か見かけたが、おそらく台数的には多く売れているであろうD-TK10の方は綺麗な中古がなかなか見つからず新品を買うかどうか逡巡していたところ、付属品すべて込みの程度の良い中古を発見したので迷わず購入した。実はしばらく前のことである。すぐ使わなかったのはスタンドを探していたため。昨年、自宅で試聴した際、このスピーカーにはバック工芸社のスタンドが合うと思ってそちらの出物を待っていたのだ。

このスピーカーのサイズから言って一回り小さいBasic05の濃い目の色のものが欲しかったが、バック工芸社のスタンドは製造販売中止になっているので中古で探すしかなく、贅沢言ってられない。最近になってようやくBasic1のメープルが見つかったので、めでたく使用開始した。

DSC_9929.jpg
ご覧のとおり、Basic1にD-TK10は本当にぎりぎりのサイズ。もう少しで真ん中の隙間に落ちそうだ。見つけたBasic1に付属していたのが新型のスペーサーだったら置けなかったかもしれない。筐体をを積極的に響かせるD-TK10にこれまた支柱を響かせるBasic1の組合せだともしかしたら音がボヤボヤになったりブーミーな音が出るかもと思ったが杞憂であった。

家でD-TK10を聴いた時、特にクラシックを聴く時にはやはり低音が少し物足りなかった。迫力を求めて音量を上げると高音がきつい。小編成ものだと意外なほど低音の量感が出るのだが、オーケストラには足りない。鳴らないスタンドの方が透明感は上回るかもしれないが、このスピーカーの良さを引き出すには良質な反響板のようなものが良いのではないかと思ったのがバック工芸社のスタンドを探した理由。再生中にスタンド支柱を触ると盛大に振動している。振動は木製のベース部まで伝わっているが、その下にあるコーリアンボードのおかげで床には届かない。良く出来たスタンドである。

D-TK10を入れて実感したのだが、やはり今の部屋に大きなスピーカーは無理があるようだ。38㎝とかいう大きなサイズではなく、20㎝はおろか16㎝でも部屋が音を捌けていないように感じる。以前、SCM7やFOSTEXを聴いた時にちょうど良いと感じたので、自分の好みでは、バスレフなら13㎝、密閉なら15㎝くらいが限界かなと思う。これだけスピーカーとスタンドが振動すれば定位に影響しそうだが、まったくそんなことない。歯切れ良く弾んで楽しい音楽が聴けている。こんなこと言いながらしばらくするともう少し大きいスピーカーならどんな音がするだろうか?と思うに違いないので、今までのスピーカーも温存することにした(笑)。

ショスタコーヴィチ交響曲第15番 : コンドラシン

ショスタココンドラシン

昨日、仕事の兼ね合いで誘われてバスケットボールの試合を観に行ってきた。僕はバスケットボールは昼休みに遊びでやったことがあるくらいで、ルールも良くは知らない。そういえばリーグが2つ存在していて問題になってたなと思ったのだが、昨年リーグが統一されてBリーグとしての最初のシーズンが始まったことも今回、初めて知った。試合は代々木で行われたが、誘ってくれた方は千葉のファンで、アウェーでの観戦となった。ぜんぜん興味がなかったにも関わらず、実際に試合を見るとさすがの迫力。何より昨日の試合は最後の最後で追いついて延長で千葉が大逆転勝ちを収めると言う最高の展開だったのでラッキーだった。その後、会食が予定されていたので、逆の展開では困るのである(笑)。

さて、M・ショスタコーヴィチの演奏を聴いてから、ショスタコーヴィチの交響曲第15番の演奏をぼちぼちと聴いている。バルシャイ、カエターニの全集を聴いてみたが、CDと言うこともあるのかダイナミックレンジが広くてノイズがないのは良い一方、ちょっと大人しい感じ。比較するまでもなくムラヴィンスキーの演奏は説得力抜群のものだった。

次に聴いたのがこのコンドラシン盤だが、これは非常に良い演奏だと思った。第一楽章のテンポはムラヴィンスキーと並んで非常に速い。確信に満ちた速さである。この演奏は録音も良く、最強音部でダイナミックレンジは圧縮されるものの演奏の大きさをスポイルすることはなく、十分に良好。高音部もギラギラと聴きづらかったりしない。

厳しい表現でこの曲の魅力を存分に描き出す。オケも充実している。多彩な打楽器の取扱いも文句なし。名盤。

アイヴズ交響曲第4番 : 小澤

小澤アイヴズ

さっき札幌出張から帰宅したのだが、いやはやこの季節にまさか横殴りの吹雪に遭遇するとは思わなかった。しかも今日は昨日の天気がうそのような暖かな陽気。東京を出る時と同様、コートをスーツケースに仕舞い込んで帰ってきた。こちらでは長い間頑張っていた桜もさすがに散っているが、札幌では5月頃とのこと。日本も広いなぁ。

帰ってきたのは夕飯時だったが、一昨日昨日と北海道の美味しい海産物を食べ過ぎて胃もたれ気味である。ほんの軽めに食事をした後、ゆっくり風呂に浸かった。国内だからホテルでも湯船はあるが、やっぱり家の風呂とは違う。気持ち良かった。

このところ集中して聴いているアイヴズの交響曲だが、今日は小澤/ボストン響の演奏する4番を聴いた。もともとはこのLPが気になって買ったアイヴズだが、たまたま同時に1番と2番を買って、さらにはそっちを最初に聴いたのは幸運であったと思う。この曲をいきなり聴いたら「なんじゃ、こりゃ。」となってしばらくはお蔵入りしたことだろう。

1番~3番までの歌謡曲的親しみやすさはこの曲ではかなり後退している。と言って十二音音楽みたいな難解なものではなく、ただ、特に偶数楽章でいろいろごちゃごちゃと同時進行するメロディとリズムが初期の交響曲に比べて複雑怪奇なのだ。それに比べると奇数楽章はシンプルで、特に第三楽章なんて神々しくも美しい音楽である。この同時進行的多面性がアイヴズの本質だとすれば、この曲はそれまでの交響曲に比べて圧倒的にアイヴズ的であり、「ついに本性を現したな、この化け物め。」という感じである(笑)。聴いたことのない人にはなんのこっちゃであろう。ぜひ聴いてほしい。

小澤さんのアイヴズはほかにあるのかどうか知らないが、この演奏はずいぶん昔からこの曲の録音において、それなりの地位を築いているものではなかろうか。通常、複数の指揮者が必要な第二楽章も一人で振っているらしいが、いったいどうやって同時進行する複数のリズムを振り分けているのだろうか?神業である。

プロコフィエフ交響曲第5番 : カラヤン

DSC_9918.jpg

昨日の午後、雨が降り出してからまた気温が下がってきたようで今日は肌寒い一日だった。今日の夜は会食があったのだが、明日寒くなるという天気予報に油断してコートを持たなかったおかげですっかり冷えてしまった。そもそも昨日の雨で風邪気味なのかもしれない。今週は明日から北海道なので気をつけなくては。

カラヤン/BPOのプロコフィエフ交響曲第5番は68年の録音。カラヤンのプロコフィエフはとても録音が少なくて、この曲も再録音はないようである。実演したことがない曲すらニーズがあれば録音するカラヤンのことだから、これ以上の録音は不要と判断したのだろう。たしかに良い演奏であり、多少マルチくさいものの好録音である。

こういう演奏を聴くとやはりカラヤンは60年代後半から70年代が一番バランスが取れていたと感じる。シャープで緩みがないし、それでいて柔らかい表現も抜群に上手い。デジタル録音時代以降、特にウィーンフィルと組んだ演奏は時々鈍重な感じがしてしまうが、ここにはそんな気配すらない。最初から最後まで過不足のない演奏で、そこが不満だと不合理な批判をする気持ちが理解できる(笑)。一つのスタンダードと言う演奏だと思った。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク