fc2ブログ

R=シュトラウス「ドン・キホーテ」 : 小澤/マ

ドン・キホーテ小澤マ

23日、30日と二週続けて日曜日にゴルフに行ったので、今月のゴルフは7ラウンドになった。過去、長めの夏休みを取った8月にそのくらいラウンドしたことはあると思うが、冬の間にこれだけゴルフに行ったのは記憶にない。この冬はそれなりに寒いのでなおさらである。

両日とも日頃良く行くゴルフ場ではなかったのだが、体験レッスンでとにかく最後まで振り切れと指導されて以来、なるべくそうしようと努めている成果が出ているのか、内容的には満足のいくゴルフができた。「内容的には」と言っている段階でばれているかもしれないが、スコア的にはそれほど良いわけではない(笑)。今のところ自己満足度の高いゴルフに留まっているが、もうすぐやってくる新しいクラブとともにスコアも改善することを夢見ている今日この頃である。

一月最終日の今日は久しぶりに深夜のビデオ会議が予定されている。自分でプレゼンしたりする必要はないので気楽だが、それでも出席しなければならないのが面倒くさいとも思う。そうは言っても仕事だからきちんとこなすしかないが。というわけで、ミーティングが始まる前にと思って聴いたのが小澤征爾さんの指揮、ボストン響の演奏にヨーヨー・マの独奏で「ドン・キホーテ」。欧米で大活躍する東洋人同士の初共演アルバム(らしい。)。

84年だから小澤さんもマもまだずいぶん若いのにオーケストラもチェロ独奏も実に繊細で抑制の効いた演奏だなあ、というのが最初の感想。とても上品でスマートな演奏である。とても良い演奏。
スポンサーサイト



ブルックナー交響曲第2番 : パーヴォ・ヤルヴィ/BPO

BPOブルックナー全集

22日の土曜日はゴルフクラブのフィッティングのために千葉のゴルフ場に出かけた。ゴルフ以外の目的でゴルフ場に行くのは日本では初めて、クラブのフィッティングも初体験である。今のクラブに特段不満があるわけではなく、クラブを替えたところでスコアが良くなるとも思っていないのだが、使える場所の限られた商品券の有効期限が迫っていて、せっかくだからそれを使ってクラブを入れ替えることにした。

当日は天気が良く、まさにゴルフ日和だったのでゴルフ場もかなり混んでいた。先方からはできれば午後にという要望を受けていたので1時過ぎくらいに到着。ほどなくしてアイアンを試打し始めてから、ウエッジ、フェアウェイウッド、ドライバーと一通り打ち終わるまでに一時間くらいかかっただろうか。それなりに一生懸命振り続けたので少々ふらふらしながら分析してもらったところ、どうやら今使っているクラブは軽すぎたらしく、そこそこ重めのシャフトを刺すことになった。今、使っているフェアウェイウッドは担当の方が思わず声を上げるほど古いモデルだし、フルセットまとめて新しくするのは20年振りである。少なくとも結果を見るまでは楽しみだ(笑)。

パーヴォ・ヤルヴィのブルックナーというと11年がかりで完成させたフランクフルト放送響との全集がSACDでリリースされているが、こちらは今のところ聴いたことがない。BPOの全集に組み込まれたヤルヴィとの2番は2019年だからかなり最近の録音である。いかにもパーヴォ・ヤルヴィらしく、軽快なテンポでさらさらと始まるが、だんだん音楽は熱を帯びてくる。往年のブルックナーのイメージとは遠いが、これはこれでなかなか面白い演奏だと思った。

SOMEDAY MY PRINCE WILL COME : マイルス・デイヴィス

somedaymyprincewillcome.jpg

20日の夜、赤坂の小さなライブハウスにジャズを聴きに行った。21日から東京都でも施行された新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置の直前、そのライブハウスでも翌日からは9時までの営業になったが、その日は8時から休憩を挟んで10時半くらいまで熱のこもった演奏を聴くことができた。トランペット奏者がリーダーで達者な演奏だったが、それ以上にピアノとドラムスの妙技に感銘を受けた。

生演奏を聴いていると自分も楽器を演奏したいという気持ちがふつふつと湧いてきて、最近、ついにその一歩を踏み出すことにした。50の手習いである。はたしてうまくいくだろうか、というか、まずは続くだろうか。不安だが、まあ、できなかったところで路頭に迷うわけではないし、気楽にやってみようと思う。

マイルス・デイヴィスの「Someday My Prince Will Come」は以前、たしかレコードの紹介をしたと思う。これまた最近、マイルスを題材とした映像を見る機会があって、そこでこのジャケット写真に写る女性がマイルス・デイヴィスの元妻であることを初めて知った。ダンサーの女性だそうで、本人の回想録を聞いているとそれはもう実に自信に溢れた人である。とても面白かった。アルバムの方は何度聴いても素晴らしい不朽の名作。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 : ヴォロドス/小澤

小澤レヴァインヴォロドス

16日の日曜日は初めてのメンバーとゴルフに行った。千葉のだいぶ端の方でスタート時間もそこそこ早かったので家を出たのが5時過ぎ。外はまだ真っ暗である。そして寒い。

僕は人見知りなので初対面の人と接するのは得意でないのだが、ゴルフだけは特別。そもそもプレー中にそれほどの会話は必要ないし、今回は一人を除いて初対面とはいえ、知り合いの知り合いである。なんとか普通に溶け込むことができたのではないか、と思う(笑)。スコアは今回も後半崩れて決して良くなかったが。

小澤さんの伴奏続きで聴いたのはアルカディ・ヴォロドスの独奏、小澤さんの指揮BPOの演奏でチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。2002年の録音なのでもう20年前になるが、初めて聴いた。このアルバムだけでなく、ヴォロドスを聴くのが初めてかもしれない。序奏からピアノが華麗に鳴り始めるところでがっちり引き込まれたまま、最後まであっという間である。ピアニストも良いが、小澤さんとBPOの伴奏が実に立派。名盤。

ラロ スペイン交響曲 : ムター/小澤

小澤ムタースペイン交響曲

15日の土曜日は東京シティ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを聴いてきた。実演に触れるのはいつぶりだろうか?コロナ流行後はもちろんのこと、それ以前に遡っても前回が思い出せないくらい久しぶりである。

曲目は「ピーター・グライムスから4つの海の間奏曲」「スペイン交響曲」「スコットランド」というラインアップ。有名曲だが実演を聴く機会はあまりなさそうな感じ。個人的にはどの曲も実演は初めてだった。

特に「スペイン交響曲」は昔から好きで一度聴いてみたかった曲である。ソリストはコンサートマスターのお嬢さんということで親子共演だった。現代的演奏を予想したが、レコードで聞きなれたテンポよりかなりスローで味付け濃いめの演奏がサプライズである。「スコットランド」も力演でとても感銘を受けた。なんにしても久しぶりにオケの音を直接聴いてしまうとオーディオをああだこうだ言っているのが無意味に思えてくる。もちろん機材の違いは大いにあるにせよ、コンサートホールで聴いた音とは(我が家の音は)まったく比較にならない(笑)。

コンサートを思い出しながらムターの独奏、小澤征爾さんとフランス国立管弦楽団が伴奏を務める演奏を聴いた。記憶に間違いがなければ小澤さんはどこかでこの曲に関して「スペイン交響曲とかいう曲」という感じでコメントしていた。要するに「ほぼ知らない」としか受け取れないのだが、それでいてこの完璧な演奏の録音を聴くといかにプロの仕事が凄いかがわかる。とても良い演奏である。

フランク交響曲ニ短調 : ムーティ

フランク交響曲ムーティ

10日の月曜日、成人の日は大学時代の友人とゴルフに行った。この日は予定どおり千葉のゴルフ場に行ったのだが、なるほど積雪があってからすでに3日経過しているにもかかわらず、コース内外にそれなりの雪が残ったままである。気温が低いので、日当たりの良くない場所だといつまでも雪が解けないのだろう。

大学時代、同じサークルだった仲間だが、その当時から運動神経抜群だった友達は30年以上経過した今でもやはり運動神経抜群でゴルフも段違いに上手かった。特にパターが圧倒的である。プレーも速いしマナーも良い。見習うべきところ多し。初めてのコースで80ぴったりで回れるなんて憧れでしかない(笑)。自分も序盤は悪くなかったのだが、彼のプレーにすっかり中てられてしまって後半自滅してしまった。。反省である。

ムーティ/フィラデルフィア管の演奏するフランクの交響曲ニ短調は81年の録音。ムーティがオーマンディの後を継いですぐの頃である。40年以上前の録音だが今、聴いても青年ムーティの音楽は明快かつ推進力に溢れていて爽快である。良い演奏。

チャイコフスキー交響曲第4番 : ムーティ

ムーティチャイコフスキー

休み明けの週末がいきなり三連休というのは休みぼけした頭と身体を慣らしていくには非常に良い。まあ、5日の仕事始めから3日間働いてすぐに3日間お休みというリズムに慣れてしまうとその後が大変なのだが。

6日、木曜日の雪の影響で、都内の交通機関は大いに乱れ、その後もしばらく日陰に雪が残っていたが、さすがに日曜日にはほとんど消えた。が、東京近郊の状況は場所によってかなりの違いがあったらしく、本来、日曜日に行くはずだった千葉のゴルフ場はクローズになったので、急遽、埼玉にある系列の別のゴルフ場に行くことになった。千葉が雪でだめなら感覚的には埼玉はもっとだめと思われるかもしれないが、秩父の山にでも行かない限り、雪が降ることは少ない。特にゴルフ場のある埼玉北部は冬は乾燥地帯である。雪はほとんど降らなかったらしい。

行ってみてすぐわかったのだが、同じような状況で予約を急遽変更した人が多数いたらしく、今までそのゴルフ場では経験したことがないような混雑であった。最初のホールでスタートするまでに30分近く遅れたうえ、少しでも早くスタートするために、アウトスタートがインスタートになった。どうやら自分たちが最後の組だったようだ。まあ、さもなければゴルフ場クローズでゴルフ自体できなかったのだから、文句を言うことでもない。スコアはいまいちだったが(笑)。

閑話休題。前に何度か感想を書いたムーティ/フィルハーモニア管の演奏でチャイコフスキーの4番を聴いた。このコンビのチャイコフスキーはどれを取っても実に良い演奏で言うことなしである。この間行ったイタリアンレストランで聞いた話ではムーティはその店に来ると茹でただけのスパゲティだけを持ってこさせて、自分で塩・胡椒を振って味付けして食べていたそうだ。変わり者というか難しい人なのかな?常人とは違うことは間違いなさそうである。

ブルックナー交響曲第4番 : ティーレマン/VPO

ティーレマンVPOブルックナー4

気が付けばすでに1月も終わりだが、今月はまだ2本しか記事をアップしていなかった。ということで月間10本の自己ノルマ目指して今日明日で8本アップしよう(笑)。

直近の記事を振り返るとすでに8日のことが書かれているので時間が前後することになるが、7日の金曜日は赤坂にある豊川稲荷東京別院に初詣に行った。ここに行くのは2020年から3年連続である。

個人的な初詣はここのところしばらく初日の出を見た後、鹿島神宮というのが定番になっている。一方、会社関係の初詣はその時々で行き先が変わってきたが、2019年に転職してからはずっとここだ。「稲荷」と言うのでてっきり狐を祀っていると思ったのだが、間違いのようである。が、商売繁盛をお祈りするのに相応しいところであることは間違いなさそうだし、実際、2020年から業績は悪くない。今年もお願いします。

閑話休題。ティーレマンはブルックナーの全集をたしかシュターツカペレ・ドレスデンと入れていたがあれは映像シリーズということだったのだろうか。今日、聴いたのは現在進行中のウィーン・フィルとの「ロマンティック」である。このコンビのブルックナーは前に3番を聴いたが、その次の録音がこの4番のようだ。ザルツブルク音楽祭でのライブ録音ということだが、ウィーン・フィルの演奏は最上級だし、ティーレマンにしては速めのテンポで流れも良い。「ロマンティック」を聴くのも久しぶりだったがとても良い演奏である。

マーラー交響曲第2番「復活」 : ショルティ/LSO

ショルティ復活旧録

木曜日は早くから雪になるかもしれないという天気予報だったが、個人的にはそうは言っても大したことないだろうと、当日の朝ですら思っていた。降り出したのは11時くらいだっただろうか。最初は細かな雪だったが午後一時過ぎくらいから牡丹雪に変わってぐんぐん積もり始めた。

午前中、仕事で出かけたのだが、ノーマルタイヤの車だった。しばらく会社に滞在した後、夕方にかけてもう一つ外出を予定していたのだが、雪の状態を見て諦めた。会社から家までそれほどの距離はなく、基本的に大きな通りしか使わないが、気温が下がって凍り始めたら手も足も出ない。

会社の駐車場を出たのが三時前。都内西部を南北に結ぶ道路は(おそらく)ノーマルタイヤの車が軒並み徐行して混雑していた。予定を変更して帰ろうとしているのか、県外ナンバーの車が多い。途中、首都高の渋滞表示板を見たがすでに相当の渋滞が発生していた。気温がまだそこまで低くなかったので雪でスリップすることもなく無事に家まで帰れたが、大通りを一歩外れた路地は今にもアイスバーンになりそうだった。そもそもこの状況でノーマルタイヤの車を運転すべきではなかった、と反省である。

二日経った今日も近所の裏路地にはまだかなりの雪というか氷が残っている。除雪設備のない都内では日差しで雪が解けるか、住民が家の周りを除雪するかしない限りいつまでも雪が残ってしまう。明日明後日はゴルフの予定だが、ゴルフ場は昨日今日とクローズしたらしい。さて、明日はどうなるだろうか。

閑話休題。ショルティの「復活」はLSO盤とCSO盤があって、再録であるCSO盤については以前ブログに記事を書いた。今日は久しぶりにLSO盤を聴いてみたのだが、今になって聴き直してみるとLSO盤も相当面白い。オケの実力的にはCSOの方が上だと思うし、ショルティの指揮も円熟味を増しているが、活力と迫力に富む旧録音には新録音とはまた違った良さがある。古いがデッカの録音は十二分に鮮明なのもとても良い。

あけましておめでとうございます。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

例年同様、2022年も早起きして初日の出を見に行ってきました。昨年よりも出発時間が遅かったせいか、高速道路を降りて下道を走る車の数は昨年に比べてかなり多く、駐車場はほぼ満車状態でした。

今年も昨年同様、水平線上の雲以外はほぼ晴れ渡っていました。昨年に比べると風がなかったのか体感温度はかなり高め。到着が遅かった=待ち時間が少なかったこともあって、寒い思いをせずに初日の出を楽しむことができました。

IMG_5676 (2)

もう何年も連続して同じ場所で初日の出を見ていますが、今年は海の中で初日の出を迎えるサーファーの数が過去最大。一方、去年、何人か見かけた釣り人は姿を消しました。それぞれどんな事情があってのことかはわかりませんが、毎年、少しずつ顔ぶれが変わっていくのも面白いです。

日の出を拝んだ後は、いつものように鹿島神宮をお参りしました。一昨年並みとは言いませんが、閑散としていた昨年に比べると初詣客の数は圧倒的に増えたように感じます。あいかわらず露店の人たちは黙々と営業していたので全体的にはとても静かでしたが、参拝するにもお守りを買うにもそれなりの列に並びました。

2022年が皆さまにとって素晴らしい一年になりますように。今年も当ブログを引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク