プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 : ワイセンベルク/小澤

小澤ワイセンベルク

今日はちょっと久しぶりに朝から小雨模様。天気予報によればこの辺は終日小雨、東京都心は終日曇りのようである。今日もスーツで出勤なので気温が低めなのはありがたい。天気の良かった昨日は暑さが堪えた。

なんのきっかけか忘れてしまった(昨日のことだと言うのに。。)のだが、昨日、辻井伸行さんのビデオをYou Tubeで観た。コンクール優勝時にも演奏していたリストに引き続いて、13年のBBC放送でのラフマニノフ、佐渡裕さんと共演したプロコフィエフのビデオを観て感動。辻井さんのピアノも凄いのだが、映像付きで見るとオケと指揮者の熱演ぶりも伝わってきてなお一層感動が増す。お互いが刺激を受けての一体感が良い。

映像的にはプロコフィエフが一番面白かった。この曲、ピアノも大変そうだが、オケも相当大変そうである。特に木管群。その興奮を引きずりながら、今朝はこの曲のCDを聴くことにした。手元にはアルゲリッチやキーシンのCDもあるのだが、小澤/パリ管/ワイセンベルクと言う組合せの妙に惹かれてこちらを聴く。

録音時、小澤さん35歳、ワイセンベルク41歳と二人とも若い。ジャケット写真の表情がなんとも形容しがたい。ワイセンベルクは小澤さんを見ているが小澤さんは見ているふりして実はワイセンベルクを見ていないような気もする。勘ぐり過ぎか。

演奏はワイセンベルクのピアノが切れ味鋭く、小澤さんの指揮するパリ管はデリケートで繊細な表情。唯一の問題は辻井さんと佐渡さんの演奏とは正反対にお互いが相手に合わせるつもりがなさそうなところ(笑)。ワイセンベルクが唯我独尊的に弾いていると言えなくもないが、小澤さんも一定の線以上は譲歩しませんよ、と言う感じ。まさにジャケット写真の関係。だからこその緊張感はある。縦の線はしょっちゅう合わないとは言え。

二人の共演はこの一枚で終わりと言う事実が相性の悪さを仄めかすが、そこはレコード会社の都合もあるだろうし、本当のところはわからない。ちなみに組合せのラヴェルは普通に良い演奏である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。ご無沙汰してます。
ワイセンベルク、パリ管、EMIというとカラヤンとのチャイコを思い出します。調べ増すと、カラヤンとのチャイコが70年2月、この録音が同年の5月と10月ですから、とても近いですね。キャリアも実力もワイセンベルクの方が上でしょうね。
村上春樹との対談本では、協奏曲では確かソリストに合わせるようにしている、と言っていたように記憶しています。ワイセンベルクの方がワガママ云った、やったのかもしれませんね(笑)。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。体調は戻られましたか?コメントありがとうございました。

なんでカラヤン/パリ管コンビと続けてこの曲を録音しなかったんでしょうかね?やっぱり契約関係でしょうか?カラヤンはだいぶあとにキーシンとこの曲入れていますね。

「忙しくて、これ以上、協奏曲録音付き合えないから、セイジ、代わりにやっといて!」みたいな感じだったんでしょうか?で、ワイセンベルクが「えー、俺、こんな若造と組むのかよ。」てな感じで(笑)。二人ともカラヤンに言われて仕方なく録音したものだったりして。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク