AMMラボ AM105i

DSC_9982.jpg

今日は新しいスピーカーである。

えー?
ついこの間、D-TK10が良いって書いたばっかりなのに?
もう変えたの?
また変えたの?

と、非難されても仕方ないのだが、この間も書いたとおり、D-TK10の10㎝ウーファーで大オーケストラ物を聴いても特に音に不満を感じないとわかって以来、フルレンジスピーカーが欲しかったのである。

今までいろいろなスピーカーを使ったが、たしかにウーファーサイズが大きい方が低音の量感は有利だ。それにブックシェルフよりも容積が大きいトールボーイの方が余裕を感じる。が、その余裕があだとなって、失うものも多い。さして音響対策を施していない一辺3.5m程度の部屋では低音が出過ぎるとあっという間に音が飽和してしまう。今までの経験から言えば、この部屋では15㎝くらいがウーファーサイズの個人的限界。巷には4畳半や6畳の部屋で15インチウーファーを使っているような方もたくさんいるが、使いこなしには相当の経験とテクニックがいると思う。

まあ、とにかく、一度フルレンジスピーカーが欲しいと思って、今回、手に入れたのがAMMラボのAM105iというスピーカー。ユニットは10cm一発である。このユニットの開発者はその道では有名な方のようで、同じユニットを使ったフルレンジスピーカーが47研究所やAir Tightといった通好みのメーカーからも発売されている。AM-105iは設計者自らがキャビネットデザインしたもので、本家本元とも言えるが、だからこのスピーカーを選んだわけではない。たまたま中古で見つけたのがAM-105iだった。見てのとおりシンプルなデザインのブックシェルフスピーカーで、キャビネットは綺麗な艶ありの塗装が施されている。さほど重くないが、この塗装のおかげもあってキャビネットはあまり鳴かない。

早速、聴いてみたところ、これが正直、本当に良かった。

簡単なスイープチェックをしてみると70Hz以下はほぼ出ていないのだが、それでもオーケストラを聴くのになんの問題もない。地を這うような重低音は出ない代わりに各楽器の見通しはすこぶる良い。表面積が小さくてネットワークもないので定位は抜群。

なんだか拍子抜けである。この部屋で音楽を聴く限り、どうやらこれ以上のスペックのスピーカーは無用の長物であった。遠回りしたような感じもするが、スピーカーなんて実際に聴いてみないとわからないので仕方ない。それに、仮に4~5年前にこのスピーカーに出会って最初に導入していても、きっとダメだったと思う。なぜかといえば、昔の高能率ユニットとは違って、最近のこの手のスピーカーはかなりアンプを選ぶと思うからだ。たった一つのユニットで正確に音を再現するためにはコーンを激しく動かしながら、無駄な動作を制御する必要がある。小さなスピーカーだからと思って非力なアンプで鳴らしたらうまく行かないだろう。その頃、使っていたアンプではうまく鳴らなかったと思う。

さて、今回は先に新たなスピーカーを買ってしまったので、次は断捨離である。

DSC_9989.jpg DSC_9997.jpg
(七味とうがらしさんのリクエストにお答えして「夕日に映えるAM105i」と「グリル付きAM105i」追加しました(笑)。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
暑いですねー。
日光を浴びるような生活をしなければ将来、認知症になりやすいらしいですが認知症になる前に熱中症になってしまいそう。
段々とシンプルかつコンパクトになっていきますね。羨ましい。
ハイレゾとは全く縁がありませんが、最近のオーディオは人間の認知機能に対してオーバースペックのような気がします。
AMMラボのこのスピーカー、美しい気がしますが、今度は是非とも別角度からの画像もお願いします。

七味とうがらしさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

いやー、本当に暑いです。北海道でも猛暑と聞きますし、東北も暑かったです。
最近の暑さは、自分が子どもの頃の暑さとは絶対違いますね。屋外で運動するのは危険なレベルだと思います。

> 段々とシンプルかつコンパクトになっていきますね。羨ましい。
スピーカーはコンパクトになってきたのですが、前段機器が問題ですねぇ。一つに絞れません。

> ハイレゾとは全く縁がありませんが、最近のオーディオは人間の認知機能に対してオーバースペックのような気がします。
たぶん、びっくりするような大音量とか極限的な状況で比較すれば差があるんだと思いますが、普通の使い方だったらあんまり変わらないような気がします。音的には、自分はこれで十分です。

> AMMラボのこのスピーカー、美しい気がしますが、今度は是非とも別角度からの画像もお願いします。
とりあえず二枚追加してみました!

No title

早速の画像のアップ、ありがとうございます。
綺麗な仕上げですね。
東北の主要都市は盆地にありますから夏は暑いですよね。
七味は福島の郡山に3年ほどいましたが夏の暑さと冬の寒さには参りました。
住んでいたマンションは三菱ダイヤトーンの工場のすぐそばでした。

郡山

そう言えば以前、郡山にいらっしゃったと仰ってましたね。今回も秋田の前に郡山行きました。暑かったです。
昔、地理で習った頃は山形が日本の最高気温の記録を持っていたと記憶します。
郡山工場、作っているのはダイヤトーンじゃなくても、今でもあるみたいですね。

No title

こんばんは。
このスピーカーはエアータイトのAL-05BONSAIと同じユニットなのでしょうか?
アナログオーディオフェアで聴いてマジ購入を考えました。
AL-05はあの会場で鳴っていた どのスピーカーより好い音だと思いました。
もう一度聴いて確かめてみようと思っています。

milonさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

ネットでAL‐05見てみましたが、新しいアルニコユニットですね。
AMMで言えばAM-105M、47研で言えば4737と同じだと思います。

僕が購入したAM-105iはそれより古いバージョンです。これはフェライトマグネットだと思います。
これもとっても良い音です。

No title

こんばんは
機材はしばらく買わない。
そのために興味を持たないようにする・・と決めていますが、

>各楽器の見通しはすこぶる良い。
>定位は抜群。

この言葉、ものすごくひかれます。
そういうところが大好きなので。

unagiさん、おはようございます。

おはようございます。コメントありがとうございました。

> 機材はしばらく買わない。
> そのために興味を持たないようにする・・と決めていますが、
わかります、その気持ち。僕もしばらく買わない予定です。いつもそういう予定なんですが…

> >各楽器の見通しはすこぶる良い。
> >定位は抜群。
unagiさんのブログを拝見すると、ステレオ再生の目指し方が似ているのかなあと思います。
高低両端の再生能力は?ですが、シンプルだけに基本的なところはしっかり再生してくれるスピーカーだと思います。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク