AM105i (2)

今日は「海の日」。って言っても海のない我が埼玉県ではいったい何を祝って良いのやら、良く分からない。そもそも何の日と思ってウイキペディアを読んでも正直ピンと来ないのだが、同じような境遇の奈良県では条例でこの日を「奈良県山の日・川の日」と定めてると知ったのは収穫(?)だった。昨年から8月11日がこれまた趣旨がイマイチ不明な「山の日」となったが、奈良県には県の山の日、国の山の日と二つの山の日が存在しているのだろうか?

この二つの国民の祝日は暦上祝日のない7月、8月に祝日を制定するという建前に乗じて政治が悪乗りしているような気がしないでもないが、なんであれ、結果としてお休みが増えるのはありがたい。

今日は久しぶりに長時間寝たので、昨日、酷暑のゴルフで疲れ切った身体もずいぶん楽になった。朝、のんびりコーヒーを飲んだ後、オーディオルームで取り掛かったのがAM105iのセッティング見直し。

AM105iが来た日から、もともとD-TK10が載っていたスタンドに位置を変えずにポンとスピーカーを置いて聴いていたのだが、ハネムーン期間を過ぎて冷静に聴くといかんせん低音が軽すぎる。トゥイーターがないので高音域が物足りなく感じるかと思っていたのだが、実際には下が足りない。ネットワークで分割して比較的低いところのみを担当しているD-TK10のウーファーに比べると全体域を担当している分、下まで手が回らないのか?D-TK10のギターキャビネットが奏功しているのか?

理由はどうあれ、足りない部分をセッティングでカバーしようと言うのが今日の目標。で、最初はスタンドを壁に近づけてみた。反射音を使って低音を増強しようと思ったのだが、これは失敗。そもそもバスレフポートが前向きなので大して意味がない上、視聴位置までの距離が増えた分、全体の音量が下がってしまう。視覚的に壁の向こう側に音場が形成されづらいのも減点。良いことがなかった。

で、次に試したのがスピーカーを壁から離し、耳にぐっと近づけてみるセッティング。ウーファーまで後方の壁から1m20㎝くらい。側面からそれぞれ85㎝、スピーカー間が1m80㎝。耳までは2mくらい。これははるかに結果良好だった。スピーカーの位置が近いので音がスピーカーにへばりつきそうと懸念したのだが、それはまったくなく、スピーカーの奥に音場が大きく展開するし、近づいたおかげか部屋の形にあっているのか低音の量はかなり増えた。これならやせ我慢しなくてもオーケストラを楽しめる。音が良いだけでなく、隣の部屋から続く扉も完全に開けることができるようになった。どこまで近づけるのが最適か、さらに追い込もうと思ったのだが、お昼ご飯ということであっさり中断。今日はここまで。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

>スピーカーの奥に音場が大きく展開する
ますますいいですね・・
うちは部屋が狭すぎ、ほんの少ししか動かせないんですが、
スピーカーをちょっと移動しただけで景色ががらっと変わるあの感じは
楽しいし歯がゆいし・・

unagiさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

unagiさんのサイトで拝見する限り、もうすでに定位がびしっと決まってオーケストラの各楽器が見えるくらいのセッティングを実現されていると思います。それに比べて我が家はいい加減で笑ってしまうと思いますよ(笑)。

機材の能力もあると思いますが、視覚的な効果がバカにできないです。僕は壁から離さないと奥行をイメージできないんですよ。

と言いつつ、弄って楽しいが半分くらいはいつもあります。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク