スピーカーグリル

今日は同僚と栃木にゴルフに行ったのだが、出かける時には晴れていたのに現地はあいにくの雨。天気予報を見ると小一時間で止みそうだったのでスタート時間を一時間繰り下げてもらった。30分経っても雨脚が変わらなくて不安がよぎったが幸いなことにスタートする時間にはほとんど止んだ。10時くらいには完全に止んだが気温はさほど上がらず、結果的にはとても快適なゴルフができた。残念なことにスコアは良くなかったが。。このところ、あと一歩というところまで掴みかけている予感があるのだが、なかなか結果につながらない。う~む。

さて、標題である。D-TK10のようにスピーカーの前面にグリル(サランネット)が付いていないスピーカーであれば迷う必要もないが、グリル付きのスピーカーの場合、皆さん、リスニング時にグリルはどうしているだろうか?付けたままの人、几帳面に聴く時だけ外す人、完全に外してしまう人、それぞれどのくらいの割合なのだろう。(中には聴く時だけ付けるという人もいるのだろうか?)

僕は今まで、着脱可能なグリルは常に外して聴いていた。ずいぶん前に「グリルは外した方が音が良い」とどこかで読んだ記事を鵜呑みにしていたし、実際、例えばディナウディオのマニュアルには「グリルの音響特性は最適化しているもののグリルなしが最も音が良い」と明記されているので、素直に従っていたのである。

唯一の例外として、甥が遊びに来た時はグリルを付けて聴いていた。ディナウディオのトゥイーターはぷっくりと飛び出ている。それを「えい!」とか言ってチョップされた日には目も当てられない。スピーカーを壊されるのも嫌だが、それでカッとなって2歳の子を叱るのはもっと嫌である。というわけで、しばらくグリル付きで聴いていたのだが、これが意外と悪くない、と思ったのだ。しかし、そう思ったものの余計な知識が感性の邪魔をして甥が帰るとともにグリルなしに戻してしまったのである。

前回、吸音材を壁に立てかけたら音が良くなったと書いた。その時はただ壁に立てかけていたのだが、家にちょうどいい長さの虫ピンがあったので、中心が1mくらいの高さになるように持ち上げて壁に貼ったらなお良くなった。これに気を良くして次に試したのがグリルの装着。実はこれが一番のビンゴであった。

何が変わるかと言うと中高音域がわかりやすく変わるのだが、低音域とのバランスが良くなって音像が引き締まる。同時にステージが全体的に後方に下がって奥行きが感じやすくなる。気のせいかと思って何回も付けたり外したりしてみたが、今回の変化は間違いなさそうである。マイクで測定をすれば中高音域は痩せているかもしれないが、聴感上は特に寂しいこともない。こんな簡単なことなんでもっと早く試さなかったか、である。
スポンサーサイト

吸音材

昨日までゲストが来ていて忙しかったのだが、バタバタも終わった今日は早く帰ってこれた。週の真ん中水曜日に早く帰ってこれると楽である。明日明後日頑張れば週末もやってくる。よし頑張ろう!ということで元気が出たので、先週末から玄関に放置していたやたら大きな箱を開けることにした。

完全な新品であればそんなことはないのだが、なんらかの事情で外箱開封済みのものを買ったところ、サイズがちょうど良かったのだろう、4Kテレビの箱に包まれてそれは到着していた。荷物を受け取った家人は「4Kテレビが我が家に!」と舞い上がったようだが、残念、中身は「ホワイトキューオン」という吸音材である。開梱して中身が明らかになったところで失笑。

これまで吸音材と言うのは音を殺してしまいそうな気がして手を出さなかったのだが、90㎝四方2枚組のものが未開封新品で格安だったのでモノは試しに導入。向かって右側のスピーカーの後ろはCDラック、一次反射面は出窓でカーテンと音を吸いそうなものがある一方、左側には何もないので、そちら側の壁に二枚とも立てかけた。部屋の隅からレコードラックまで約2mなので、その大半が下から90㎝、吸音材で覆われることになる。

これ、我が家ではヤマハの調音パネルを一枚置く以上に効果があった。ホワイトキューオンが吸音するのはほぼ1kHz以上の中高音部分なので上がさみしくなるかと思いきや、そんなことはなく、今まで時たま高音がキンキンとすると感じたソフトも聴きやすくなった。一番の違いはオーケストラを聴いている時のヴァイオリンの定位で、第一ヴァイオリンが正しく左側に定位する。今まで右側に比べて左側のステレオ感が不足して、ヴァイオリンが中央に寄りがちだったのが、修正された。壁からの反射音と相殺される分量が減ったのだろうか?

今のところ副作用は感じないので、しばらくこのまま行こうと思う。

Onkyo D-TK10 (2)

昨年秋にKiso HB-1を試聴してその魅力を知ってから半年、ついに購入することにした。もちろんHB-1ではなくD-TK10を(笑)。HB-1の上位機が発表されたせいかHB-1の中古も何度か見かけたが、おそらく台数的には多く売れているであろうD-TK10の方は綺麗な中古がなかなか見つからず新品を買うかどうか逡巡していたところ、付属品すべて込みの程度の良い中古を発見したので迷わず購入した。実はしばらく前のことである。すぐ使わなかったのはスタンドを探していたため。昨年、自宅で試聴した際、このスピーカーにはバック工芸社のスタンドが合うと思ってそちらの出物を待っていたのだ。

このスピーカーのサイズから言って一回り小さいBasic05の濃い目の色のものが欲しかったが、バック工芸社のスタンドは製造販売中止になっているので中古で探すしかなく、贅沢言ってられない。最近になってようやくBasic1のメープルが見つかったので、めでたく使用開始した。

DSC_9929.jpg
ご覧のとおり、Basic1にD-TK10は本当にぎりぎりのサイズ。もう少しで真ん中の隙間に落ちそうだ。見つけたBasic1に付属していたのが新型のスペーサーだったら置けなかったかもしれない。筐体をを積極的に響かせるD-TK10にこれまた支柱を響かせるBasic1の組合せだともしかしたら音がボヤボヤになったりブーミーな音が出るかもと思ったが杞憂であった。

家でD-TK10を聴いた時、特にクラシックを聴く時にはやはり低音が少し物足りなかった。迫力を求めて音量を上げると高音がきつい。小編成ものだと意外なほど低音の量感が出るのだが、オーケストラには足りない。鳴らないスタンドの方が透明感は上回るかもしれないが、このスピーカーの良さを引き出すには良質な反響板のようなものが良いのではないかと思ったのがバック工芸社のスタンドを探した理由。再生中にスタンド支柱を触ると盛大に振動している。振動は木製のベース部まで伝わっているが、その下にあるコーリアンボードのおかげで床には届かない。良く出来たスタンドである。

D-TK10を入れて実感したのだが、やはり今の部屋に大きなスピーカーは無理があるようだ。38㎝とかいう大きなサイズではなく、20㎝はおろか16㎝でも部屋が音を捌けていないように感じる。以前、SCM7やFOSTEXを聴いた時にちょうど良いと感じたので、自分の好みでは、バスレフなら13㎝、密閉なら15㎝くらいが限界かなと思う。これだけスピーカーとスタンドが振動すれば定位に影響しそうだが、まったくそんなことない。歯切れ良く弾んで楽しい音楽が聴けている。こんなこと言いながらしばらくするともう少し大きいスピーカーならどんな音がするだろうか?と思うに違いないので、今までのスピーカーも温存することにした(笑)。

トランスの唸り

以前、屋外携帯用バッテリーでプリアンプに給電したところなぜかトランスの唸りがなくなったと書いたが、同じメーカー製のパワーアンプもこのバッテリーで駆動したところ、同様にトランスの唸りは無くなった。

クリーン電源を自宅貸出で試用して電圧不足によるトランス唸りでないことは確認している。直流成分流入による唸りを疑ってフィルターも試したがトランス唸りには効果がなかった。

とすると我が家のアンプのトランスの唸りは周波数がビンゴかなと思う。米国は原則60Hz地域。正規代理店を通した日本向け製品なので50Hz/60Hz両対応のはずだが、基本は60Hz設計であったか。

ちなみに本来、50Hz地域である英独伊等欧州製の機器のトランスは唸らないかと言うと唸るものはうんうん唸るので、唸りの理由は機器ごとにいろいろである。あくまで我が家のアンプのトランス唸りは電源周波数を変えたら収まったという話。

オーディオショップ

昨日、秋葉原の某オーディオショップに行った。僕は営業が仕事であるにもかかわらず人見知りなので量販店以外の買い物はすべて苦手なのだが、特にオーディオショップに入るのは相当勇気がいる。したがって買い物はほとんどネットショッピング。自宅に引き取りに来てもらうことはあっても自分でショップを訪れることはめったにない。以前、中古でスピーカーを買い、先日はKisoのスピーカーを試聴した店だけが今までほぼ唯一の例外だった。

この店のことは雑誌で知った。一応、店のウェブサイトもあるのだが、まったく更新されていない。扱う品物に興味はあるが、自分で足を運ばないといけないので今まで縁がなかった。ところが日曜日に店の間近の貸会議室で仕事があったので、帰りがけにちょっと寄ってみた。雑誌で見たことのある店主は一心不乱に何かを修理していて、その傍らに持ち主と思しき人が立っている。店に入ると顔を上げずに店主は「こんにちは」と言った。僕も「こんにちは」と返して、修理中を良いことに店中の品を物色して何も言わずに店を出た。

いつもならこれで終わりである。が、昨日も秋葉原で所用があった。こんなこと滅多にない。しかも次の予定まで時間がある。と言うことでまたそのお店に行った。前日、気になった品がいくつかあったのである。

到着するとショップにはお客が一人もいなかった。店に入ると昨日同様「こんにちは」と言う声。僕はやおらガラスケースの中のカートリッジの一つを指さして「これってどうですか?」と後から考えれば間抜けで要を得ない質問をした。

店主は特に戸惑うこともなく「ああ、それがほんとのオルトフォンの音。」と答えた。続けて「特定のトランスと組み合わせてオルトフォンの音だって言う人が多いけど、それはトランスの音だから。」このお店にも最近、このカートリッジはなかなか入荷しないらしい。確かにそれほど頻繁には見かけない。見かけたとしても結構高いのだが、このお店のものはずいぶん安い。輸入年代でピンキリのようだが、キリよりさらに安い値付けである。「ずいぶん安いけど、何か問題でもありますか?」と聞くと首を横に振りながら「もちろん問題ないよ。」と言う。

欲しいが、即決ともいかない。そもそもどんな音なのかもよくわからないし。。そういう様子が伝わったのか店主は「明日定休日だけど明後日までに念のためメンテナンスしておくから。買うなら教えて。」と言ってカートリッジをケースから取り出して店の奥に仕舞った。

客が僕しかいなかったせいか、店主は実に気さくで人懐こく、いろんな話をしてくれた。真空管アンプのこと、トランスのこと、スピーカーのこと、アナログのこと。結局、店じまいまでの1時間、話に付き合った。途中でフルレンジ一発のスピーカーを真空管アンプで鳴らしてくれたが、見事な空気感だった。こうして聴いてみると真空管アンプは録音会場の空気まで再現するような気がする。対してトランジスタアンプは比較的正確に音を再現するが、余韻や空気感は部屋任せである。真空管の音はソースにはない、おまけの音が付随していると思うが、それを良しとするか悪しとするかは結局それぞれの好みでしかないと思う。この店の音は良い音だった。我が家の音とは違う種類の音だ。

そして今、この記事を書きながら引き続き悩んでいる。あのSPU-GTE、どうしようかなぁ。

バッテリー電源

ちょっと前にオーディオ関連のコミュニティサイトで大型の携帯用バッテリーをオーディオの電源として使うという記事を目にした。当該製品のスペックを見ると5Vや12VのDC電源だけでなくAC電源も取れる。バッテリー容量から想像するより筐体も小さい。なるほど、最近はバッテリー電池が高性能なので、このくらいのサイズでもかなりのパワーが取り出せるようだ。

オーディオ製品をバッテリー駆動するというのはいかにも音が良さそうである。本筋から言えば電源を改良してDC化するのが正しいのだろうが、とてもそこまで試す度胸はない。と言うことで、車のバッテリーが上がった時の準備も兼ねて(笑)、本来、アウトドア用である携帯バッテリーを買ってみた。

suaoki.jpg
Suaoki PS5Bという代物。記事で紹介されているものを見てたらそれより安いこっちに目が留まったのである。スペックを見るとAC出力は110V‐60Hz/300W(Pure Sine)とある。おお、110Vで60Hzである。東日本在住で電圧が不安定な家に住む者にとってなんと魅力的なスペックであろうか。

まあ、この価格である。AC出力生成方法については大して期待できない。少なくとも一流オーディオメーカーが販売するクリーン電源とは次元が異なるだろう。とは言え、周波数を変換する点については期待大。

頼んだ次の日に届いた実物は大きすぎず小さすぎずの良いサイズ。そもそもアウトドアに持ち出すことが前提なので、ポータブルである。充電はACアダプター、ソーラーパネル、カーシガレットと3通り選べるが、僕に必要なのはACアダプターのみ。到着した段階で半分くらいは充電されていたので早速接続してみる。

最大出力は300Wとされているが、充電が60~70Wなので充電しながらでも使えることを前提にすると最大50Wくらいで使いたい。となるとプリアンプとフォノイコライザー、それにターンテーブルくらいが用途だろうか。とりあえずプリアンプとターンテーブルを繋いでみる。両方、電源を入れると50Wから60Wくらいの消費量。プリアンプだけなら30W そこそこである。

結果が良ければめっけもんと思って導入したのだが、プリアンプに繋ぐと音を聴く前から思わぬ効果があった。それほど大きな音ではないが常時「ブウーン」とトランスが唸っていたのがもの凄く静かになった。米国製のプリアンプであるが正規品なので100V仕様。そうは言っても115V設計のアンプも多いので、以前、昇圧トランスを入れたこともあったのだが、トランスの唸りに変化はなかった。自称正弦波が良いのか60Hz変換が良いのかわからない。そもそもトランスと周波数に何か関係あるのだろうか?しかし事実は事実である。

そんなことで聴き始めたので正確な判断ができているかどうかあんまり自信ないのだが、我が家のコンセントから電気を引くより音は静かである。百歩譲っても悪くはなっていない。最弱音時に気になるトランスが静かになっただけでも僕にはめっけもんであった。

DSC_9772 (2)
プリアンプとターンテーブルを繋いだ時の画像。入力66W、出力47Wなので使いながら充電していることになる。なお、充電しながら使う場合と放電のみの場合で僕には違いがわからなかった。ただ、バッテリーの劣化が恐いので在宅中は充電せずに使っている。

ヤマハ 調音パネル

このブログに遊びにきてくれる七味とうがらしさんの体験談に触発されて、昨年末、ヤマハの調音パネルを借りた。

これである↓
343FE837A62E4F089B4EB9138897761A_12073.jpg
(ヤマハさんのサイトから写真借りました。)

このパネル、高額商品の多い調音/整音パネルの中では比較的求めやすい価格だし、大きさも手ごろ。普通の部屋に入れるにはちょうどいい感じである。ネットや雑誌記事を見るとすこぶる評判も良い。果たして自分の部屋でも効くのか試してみた。

現物が到着してからヤマハのサイトで設置例を見てみてはたと気付いたのだが、我が家のレイアウトでは残念ながらメーカーが推奨する①左右スピーカーの後方、②スピーカー両側の一次反射面、③リスナー後方のいずれもが推奨の形では設置できない。①はCD棚、レコード棚に邪魔されて設置できず、②は右スピーカーの一次反射面に機材ラックがあるため設置できない。③は後方の壁一面に高さ1mくらいの作り付け収納が設えてあるため、それが邪魔して設置できないのである。

仕方ないので、今回は①両スピーカーの中間後方に一枚設置する、②試聴位置後方の収納の天面に横向きで設置する、③両スピーカーと試聴位置を結ぶ三角形の中間付近の床に横長に寝かせる、という3通りを試してみた。

あくまで我が家のケースだが、それぞれある程度の時間をかけて聴いてみた結果、変化のある順に並べれば①→③→②の順であった。

①は誰が聴いても即座に違いが実感できるくらい変化があって、中央に音が集まり定位が明確になるのだが、どうも効果が過剰に感じられて最後までしっくりこなかった。
②は物理的に耳の位置に最も近い位置にパネルを置くので効果が大きいと予想したが案に反して明確に効果が実感できなかった。加えて収納上部の窓を塞ぐので部屋が暗くなるのも気に入らなかった。
③はヤマハのサイトでは推奨されていないが、あれこれ物の置かれたこの部屋の最大の並行面がフローリングの床であることから思い付きで置いてみた。結果は①のような劇的なものではないが、全体的に無駄な音を整理してすっきりさせるような変化を感じた。その結果音の見通しが良くなり奥行きも増した感がある。一方で低音の量感は減る。

結局、今回、購入するのは見送ったのだが、今まで気にもしなかった床と天井の音の処理に俄然興味が出てきた。

FedEX到着

Royal Mailのおかげでまさかの展開になってしまったわけだが、一昨日からの出張から今日帰宅すると予定通りFedEXが到着していた。空路とは言え、スタンステッド(ヒースローではなかった。)→フランクフルト→シャルル・ド・ゴール→広州→成田とFedEXも思いのほか経由地が多いのだが、それでもスタンステッドから自宅まで通関作業込み2日で到着するのだから大したロジスティクスである。

さて、今回、購入したのはターンテーブル用のゴムベルト、スピンドルオイル、レコードクリーニングマシンの消耗品とスピーカーケーブルである。ショップに連絡すると予想通り、申し訳ないが二回目の荷物を送り返してくれないかという返事があった。当然、送料、通関料、消費税は向こう持ちである。

イギリスから日本に送るのとその逆のパターンではおおむね日本からイギリスに送る方が送料が高い。加えて通関料、消費税を上乗せするとそこそこの金額になる。こちらにとってはこの荷物を国際便で発送するのが手間だし、向こうに取ってみれば往復の送料+αを負担する上在庫を抱えるわけでろくな話ではない。儲かるのは運送業者だけである。

しばらく考えた末に消耗品は追加で購入し、ケーブルをおまけしてもらうことにした。2本目のケーブルを新品のままこっちの中古ショップで買取してもらえば僕にとっては実質的に消耗品の値引きになるし、返送せず追加購入することで向こうに取っては1回分の送料が浮くし在庫も増えない。さっそくメールで提案すると向こうもそれで良いと言うのでさっさと支払いを済ませた。これにて一件落着である。

まだ続くRoyal Mail

先週末、行方不明になった荷物の代わりにショップが再度商品を発送した。さすがに懲りたらしく、今回はFedEX。手続き開始早々、通知が送られてきたし、それ以降、順調にステータスがアップデートされている。土曜日に起票されて日曜日に集荷、月曜日にヒースローに到着して昨日、早々と英国を立った。当たり前だがさすがである。どこかで迷走したり、ましてや元の場所に引き返したりは一切ない。この調子だと木曜日には通関、上手くいけば金曜日には家に届きそうだ。発注してから2か月近く経過してしまったが、ようやく現物を手に入れられそうである。

などと思いつつ、今日、出張を終えてついさっき帰宅したところ、一見して海外から送られたと思しき荷物がテーブルの上に置かれている。おやおや。これは何だろう?大き目の茶色いパッケージの表面には何枚もの送り状が貼られている。これはもしや!

というか、それ以外、心当たりがないし。手に取ってみれば案の定、中央に誇らしげに「Royal Mail」のシールが貼られている。そう、先月末ヒースローに戻ったという情報を最後に行方がつかめなくなった荷物が突然、届いたのである。待ち続けた荷物が届いたうれしさもなく、正直、今となってはいい迷惑である。

12月2日を最後に確認していなかったトラッキングサイトを見ると荷物は4日に忽然と日本に現れたようだ。正しく川崎に到着している。国際郵便の荷受け場所が川崎とは知らなかったが、羽田に着いたということだろうか。とにかくそこで我が国の誇る日本郵便に引き渡されてからはもちろんなんの問題もなく、今日我が家に到達したらしい。

さてさて、どうするか。このままいけば手元に同じ商品が二つ届くことになる。ショップに連絡すれば、きっと二つ目の荷物は返送してほしいと言うだろう。。けっこう面倒くさいなあ。だからと言って黙っているのは信義に反するし。。困ったものだ。

Royal Mail その後

ショップが連絡を取ると言ってからほぼ一週間が経過した。その後、今日まで連絡がなかったので、ショップに状況確認のメールを送るとほどなく返事が来た。

This has obviously gone missing, so would you like a replacemet order shipped or a refund?

うーん。あっさり「無くなっちゃったよ」って言われると逆になんとも言えないなぁ。どのくらいの頻度かはわからないが、何度か似たようなことがあったのだろう。

こっちもなんだか怒る気にもならず、必要なものなので再送してくれと依頼した。またすぐに返事が来て、「送る前にもう一度住所を確認してくれないか」というので目を皿のようにして確認したが、もちろん間違いない。そりゃそうだ。今まで毎回きちんと届いているんだから。

欧米の一流国にして、日本人から見たら実に貧弱な社会システムである。そういうところにコストをかけないから日本に比べてモノが安いのかもしれないが。。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク