Nikon Df

R0050089 (2)

オーディオ機材を入れ替えるときに何度か使っているオーディオショップには少なからずカメラも出品されている。今回、アンプを入れ替えるタイミングでNikonのDfというデジタルカメラを買った。ここ数年、デジタル一眼レフには完全に興味を失っていたのでこんな機種が発売されていることすら知らなかった。ぱっと見、FMシリーズに似ている。本当はブラックボディの方が好みだが、出ていたのはシルバーのみ。まあ、いつもながら中古商品で自分が探しているスペックぴったりのものが見つかることは少ない。

ミラー付きフルサイズ一眼レフがどのくらい売れているのか皆目承知しないが、数年興味を失っていたら型番を聞いてもピンとこないくらいの勢いで後継機種が発売されているのだから、そこそこ需要はあるのだろう。何より一昔前、主要メーカーのラインアップにDfのような趣味的な機種はなかったから、いまだにオートフォーカスレンズのすかすかなヘリコイドに馴染めないおじさん的にはとても嬉しい。

このカメラはAi化以前のものも含め、歴代ニコンのレンズのほとんどを受け止めることができる。。らしい(笑)。Ai化以前のレンズと言われるとさすがに古すぎて良く分からないのである。Aiレンズであればレンズ情報をマニュアル登録することで普通に絞り優先撮影ができる。僕にはそれだけで十分である。

フルサイズで1625万画素。買ってからネットで情報を集めてみると巷ではフルサイズにしては画素数が少ないと言われている。えーっ、1625万画素ですよ。最近は皆さん、どれだけ大きなプリントを目指しているのであろうか。僕はたぶん半分の800万画素でも足りる。個人的には画素数が大きすぎるとハンドリングが面倒くさいだけだと思うのだが。。まあ、でも今の標準から言うと物足りないのだろう。とにかく画素数は少なめだがそのおかげで高感度撮影には強い。室内での撮影が多いのでそれもメリットである。

今日、カメラが届いたのだが、ちょうど義弟のご両親が甥を見に遊びに来たので、取説を見てとりあえず3本レンズを登録し、早速使ってみた。最初からオートフォーカス、デジタルカメラ世代のユーザーはこういうダイヤルだらけのカメラが使いづらいらしいが、マニュアル世代には直観的に操作できる。

F3に比べてしまうとピントの山は見づらいが、中央に被写体を置けばフォーカスアシストが機能するのでピント合わせはさほど苦にならない。絞り優先と言っても、下限のシャッタースピードを指定するとその範囲で感度を自動調整してくれるので実質的にはプログラム的に撮影できる。筐体はフィルムカメラほどソリッドでないが、シャッターショックはよくコントロールされていて手振れはほぼ皆無であった。たくさん可愛い写真が撮れて向こうのおじいちゃんおばあちゃんも大満足。さっそくインクジェットプリンターでプリントしてお土産として持って帰ってもらった。

DSC_9231 (2) DSC_9317 (3) DSC_9319 (2)

3枚とも古いマイクロニッコール55mmで撮影したものだが、ピントの合ったところの切れ味に加えて大きなボケはやはりフルサイズの特権である。
スポンサーサイト

久しぶりのカメラ

1年ぶりくらいにアメリカから妹夫婦が遊びに来た。義弟は東京で仕事があるのであんまり一緒にいられないが、妹と甥は1か月くらい滞在するという。甥はまだ小さいので絶好の被写体である。これは写真を撮ってやらねば。

オーディオの前にしばらくカメラに嵌っていたのだが、デジタル時代の到来とともにすっかり熱が醒めてしまった。デジカメは便利この上ない。記録手段としては誠に正しい進化である。でも、どこか物足りない。結果がすぐに確認できるから間違いないが、現像を待つ間のわくわく感も、思った以上の一枚が撮れた時の喜びも大切な一枚が失敗だった時の悔しさもない。だんだん撮ることへの興味も情熱も薄れてしまった。

そこへ久しぶりの被写体の登場である。これはカメラを買わねば。もちろん今さらでもフィルムカメラだ。それもマニュアルフォーカスである。まだ小さいからそんなに動かない。若いからどれだけアップにしても破たんしない。だからマニュアルのカメラにマクロレンズと決めて探して買った。

L1050058 (2)

じゃ~ん。はい、2台も買ったのは買いすぎですね(笑)。
でも安いんだもん。言わずと知れたF2とF3、二台合わせて3万円也。F3現役時代に指をくわえてショーウィンドーを眺めていた自分からすると買うしかない。F2フォトミックは小学生の時に買ったカメラの本で世界最高のカメラとして紹介されていたのを今でも覚えている。

問題はフィルム。まだヨドバシで買えるものの、こっちはカメラとは反対に値段上がったなあ。レコードと違ってフィルムが復権するとは考えづらいから、今のうちが本当のラストチャンスかも。とにかくこの一か月は毎日撮影である。

デジカメが壊れる。

J0000003737.jpg

フジフィルムのXF-1を常用のデジカメにしてたぶん二年くらい経つと思う。常用と言っても最近ではすっかりiPhoneでの撮影が多くなってしまってしばらく出番がなかったのだが、オーストラリア出張で久しぶりに持ち出したところ、何の前触れもなくあっさり壊れてしまった。

最初の何枚かは普通に取れていたのだが、まずピントを合わせると液晶画面が異常に明るくなることから始まり、それから何枚もしないうちに今度はどう設定しても露出オーバーの写真しか撮れなくなった。

設定を変えたり、リセットしたりしてみたのだが一向に直らない。露出補正してもダメ。とりあえずその場はあきらめてiPhoneで代用し、ホテルに戻ってネット検索してみたところ、同様の不具合の情報がいくつかヒットした。どうやら絞りが作動していないらしい。修理に出すと新品を買うのとあまり変わらないくらい費用がかかるようだ。

フィルムカメラ時代なら即修理に出したけどなあ。。真っ白な写真を目の前にしてどうしようか悩むところである。

ライカ X1 (2)

カメラのことを考えるのも記事を書くのも実に久しぶり。LeicaのX1を買ったと昨年の4月19日に書いて以来、ちょうど一年ぶりの追記になる。

この時は直後にFujifilmのXF-1という良く出来たコンパクトカメラを買ったので、それ以来、海外出張やごくたまに外出時にカメラを持って行く時ももっぱらそちらを持ち出すことが多く、ほとんど使用していなかった。

最近では出張もブログに載せるジャケット写真を撮るときもiPhoneばかりでカメラ自体を使っていないのだが、Series IIIの写真を撮るに当たって久しぶりに引っ張り出したのがX1。液晶を見ながらイメージがあったモノクロにしたのだが、できた写真をPCで確認してみると予想以上にいい感じで写る。

諧調が多くてグラデーションがきれいに出る上、レンズとの組み合わせも良いようで像が柔らかい。ISOをオートにせず、800や1600といったフィルム時代の超高感度にセットするとちょうど銀塩フィルムのような粒子の粗さが出せる。

L1010911 (2)

L1010898 (3)

カラーでも普通に綺麗な絵が撮れるが、個人的にはモノクロ専用カメラとしてもっと使ってみようと思う。

L1010894 (2)



Fujifilm XF-1

Leica X-1を購入したと書いたばかりだが、実際、最近デジカメを使う時にはFujifilmのXF-1が定番である。Fujifilmのデジカメラインでは最高級シリーズがXシリーズだが、その一番下に位置づけられるXF-1は普通に便利なコンパクトカメラ。

しばらく前、中野のフジヤカメラをぶらっと訪ねたときに銀塩カメラまんまの姿をしたX-proやX100、X10が並んでおり、久しぶりにデジカメにグッと来たのだが、しかし実物を見ると結構大きい。

大きいと言ってもフィルム時代のレンジファインダーサイズなのだが、不思議なものでデジカメのような便利な機械にはその上を求めてしまう。ズームコンパクトのX20は一応、手にとってみたのだが、佇まいは美しいのにズーミングするとレンズが伸びて先細のレンズがむき出しになる。すごく欲しいとは思わなかった。

その中にまるで異母兄弟のようなXF-1が居心地悪そうに並んでいた。和洋折衷のような、なんというか不思議な装いのカメラだ。最初に見た時は論外のデザインだと思ったのだが、触ってしげしげと見てみるとなかなかどうして悪くない。もちろんズームリングを回転させる(そしてこれがスイッチである。)とX20の比ではなくレンズは突き出すのだが、このデザインだと仕方ないと思える。だって、これはデジカメであって芸術的工業製品である銀塩カメラとは違うのだ。まあ、いいかと思えるのだ。

pic_additional_01.jpg

機能は僕にとっては申し分ない。25mm-100mm換算の焦点距離は非常に使いやすい。合焦スピードも速くシャッターラグも少ない。一昔前のデジカメに比べると本当に進化している。明るいのは広角側だけで望遠側の開放絞りはぜんぜん大したことないが感度を高く設定できるデジカメの場合、それほどの問題はない。ぼけは期待できないが、そもそもこのセンサー面積ではぼけに期待するほうが間違いだ。

最近、忙しすぎてカメラを持ち出す機会がまったくなかったが、次の出張にはこっそりお供として持っていこう。

Leica X1

久しぶりにカメラを買った。いつものように中古だ。買ったのはLeica X1。Leicaのコンパクトデジカメである。銀塩時代に比べてカメラへの興味がすっかり減ってしまったのでなんとなくしか知らなかったのだが、コンパクトデジカメはずっとパナソニック製だと思っていたのがこれはどうやらLeicaオリジナルと言えるモデルっぽい。

とはいえ、センサーについて今さらLeicaに内製できるはずもなく、センサーはソニー製と聞いた。筐体はオリジナル。バルナック型を彷彿とさせるスタイルだ。

後継機であるX2も販売されていて性能はそちらのほうが良いのだろうが、スタイルはX1の方が良い。X2はアクセサリーシューが飛び出していて不細工だ。おそらく機能的な意味があるのだろうが、まあいい。

さっそく撮ってみようと思ったのだが、バッテリーが空だった。まずは充電しなくちゃ。

DSCF1071 (480x640)

箱が大きいなあ。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク