ブルックナー交響曲第5番

ブルックナーの交響曲をはじめて聞いたのは確か高校生の時だった。最初に聞いたのは何番だったか?やっぱりロマンティックだったかな。

当時はもちろんLPで音楽を聴いていた。音楽だけを真剣に聴くことは少なく、ほとんど勉強しているときのバックグラウンド。今も眦を決して音楽を聴いていることは少ない。本を読んでいたり、今みたいにPCをいじっていたり。そんな「ながら」聴きではあるが、それ以来、一貫して音楽鑑賞は大好きである。

当時、LPは新盤が2500円~2800円、旧盤でも1300円から1800円くらいした、中高生には大変な金額だった。中学生の僕にはお年玉か誕生日プレゼントくらいしかLPを買うチャンスはない。高校生の時だって入学時に祖父からお祝いでもらったマーラーとベートーベンの交響曲全集以外はお昼代としてもらったお金を切り詰めてようやく年に数枚買うくらいだった。

こう考えてみると最初のブルックナーであるロマンティックも一体どうやって買ったのだろうか。貴重な資金の使い道のプライオリティを考えれば、ブルックナーが購入対象になったのは大学入学後に中古CDを買うという選択肢が増えた後としか考えられない。もしかしたらエアチェックか。ただ、確実に記憶に残っているのはどこかのレコード屋でもらったソニーのベストクラシックのサンプル集に入っていたロマンティックを聴いたこと。サンプル集だから第一楽章冒頭のみだが。だとすればクーベリックの演奏が僕の最初のブルックナーということになる。

前置きがすごく長くなってしまった。こうしてロマンティックで始まった僕のブルックナー視聴歴だが、第5番に至ったのは実に最近のことだ。初体験から優に20年は経過している。

ロマンティックの後、すぐに7番、8番、9番が好きになった。最初に聴いたのは7番。確か朝比奈隆の有名な海外録音盤だ。二楽章と三楽章の間(だったと思う。)に偶然外の鐘が鳴り、その音が録音されている演奏だ。その後、初めて8番を聴いてからはしばらく8番ばかり聞いていたが、そのせいかちょっと飽きたので重点は9番に。リズムが壺に嵌る6番も大好きになったが、5番だけはエアポケットみたいに聞かないでいた。

高校生のころはLP一枚が貴重だったから、購入するのは一大事だった。間違いがないよう、名曲名盤を推薦する本を買って真剣に吟味していた。そのときに買った本に第5番は「晦渋」と書いてあった。おそらくこれが僕が20年間5番を聴かなかった理由だと思う。馬鹿な話だと思うが、たぶんそうに違いない。その時、その本が薦めていたのはケンペの演奏だったと思う。が、まだ聴いたことがない。

最近、CDは猛烈に安い。僕と同世代の人ならみんな同じ思いだろう。特に輸入盤のセット物はあまりにも安く、まさに大人買いしてしまう。その中にヴァントのブルックナー選集やヨッフムのブルックナー全集があった。いずれにも5番が含まれていて恐々聴いたのが数年前のことだ。

今、僕の中では第5番がブルックナーのファーストチョイスになっている。もちろん内容が素晴らしいからなのだが、もう一つ理由がある。それはこの曲には本当にたくさんの名演奏があることなのだ。

ロマンティック、7番に関して僕にはこれは!という演奏がない。8番はもっと悲惨で、全楽章を通じて聴きたいと思う演奏がほとんどない。9番は未完で短い上に厳しく美しい曲だし良い演奏もあるが5番ほどではないと思う。6番はヨッフムとショルティで十分。これらに比べると第5番の充実ぶりはうれしい限りだ。

20年間聴かないで良かった。おかげで今、この曲の名演奏発見が続けられている。せっかくだから、ケンペの演奏は20年後の楽しみに取っておこう。


スポンサーサイト

久しぶりに雨が降っている。

静かに降る雨は悪くない。雨の音が他の音を吸い取っているみたいだ。よく眠れる気がする。

桜がきれいだ。

会社のすぐ近くに川が流れている。ふだんはよどんだ水のあまり美しいとはいえない川だが、この季節だけは川沿いに植えられた桜のおかげで見違えるほどの景色になる。

なんというか、一面の桜ももちろんきれいだと思うが、川そのものがあまりきれいでないこととのコントラストが鮮やかで、より一層桜の美しさが際立っている。

写真が好きで昔は桜をよく撮った。でも桜ほど難しい被写体もない。上品なピンク色を写真に収めるのも難しいし、写真として切り取って固定された画面をじーっと眺めていると粗が目立つ。

人間の目で見る限り、頭が余計なものを見事にトリミングしてくれるので気付かないことが多いが、写真にすると枝の多さも非常に気になる。花弁が無傷な桜もなかなかないからアップにしてもやっぱり難しい。

だんだん横着になって、ここ数年は一枚も桜の写真を撮っていない。

PCオーディオ

PCオーディオを始めてしばらく経つ。といってもせいぜいCDをリッピングしたり、e-onkyoから音源をダウンロードしてそれをUSBケーブル経由でDACに入れて聞いているだけだ。

CDPがCDをリアルタイム再生するのに比べ、エラー補正しながらHDDに保管されたデジタルデータを再生するPCオーディオは、データの欠落の可能性が低い分、良質の音で再生可能だという話を聞くとなるほどと思うのだが、現実的にはなかなか理論どおりにいかない。

ある程度以上のレベルのコンベンショナルなシステムを組んでいる人が、それ以上の音でPCからの音源を再生するのはけっこう至難の業なんじゃないだろうか?

データをどこに保存するか、どう転送するか、USBからDACに直接流すか、USBDD経由か、はたまたfirewireやLAN経由にするか。リッピングソフトに再生用ソフト、だいたいOSやコンピューターそのものの選択等、変動係数が多すぎてけっこう悩む。

今、ごく普通のノートブックからPerfectwave DACIIにUSB接続して聴いているが、普通に良い音だ。SNも良いし、定位も良い。

ただ、これがCDPからアンプにアナログ接続した音を凌駕しているかと聞かれると…。どうかな。

オーディオメーカーも馬鹿じゃないだろう。人生をかけて音作りをしている人たちの仕事がそんなに簡単に素人に負けるわけないと思う。

個人的には負けてほしくないと思う。

DEQ2496

最近、DEQ2496という製品を購入した。

この世界が好きな人なら有名なデジタルイコライザーだ。これは本来、スタジオ用プロ機器だと思うが、オーディオが好きな人でこの製品をもっぱら室内音響の調整用に使っている人も多いと思う。

高級オーディオ製品としてはAccuphaseの製品が同じような用途の製品として君臨しているが、高い。ちょっと試してみようと思える価格ではないし、借りるのもなあ。なんか面倒。ということでこの製品にした。だって価格30分の1くらいだから。

ネットで見る限り評判も良い。価格は2万3000円くらいだったかな。バックオーダーだったらしく届くまでに約1ヶ月。先週、到着した。

外見はなんというかホームオーディオには程遠い。1Uサイズのラックマウント。ラックがないので仕方なくDACの上にJ1プロジェクトの青いインシュレーターを挟んでとりあえず設置。

電源ケーブルは付属してたけどせっかくなので余っていた別のケーブルをつなぐ。

さっそく測定用マイクを使って自動でイコライジング。ピンクノイズがぐんぐん澄んだ音になっていくのを目の当たりにして期待は膨らむ。

ある程度音が収斂したところでイコライジングを終了させ、CDプレーヤーからデジタル接続し、デジタルアウトをDACにつなぐ。で、早速音出し。とりあえずLee Morganを聴いてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こりゃ、かなりはっきりと音、劣化しますな。

まさに鮮度が失われている。うーん、おかしいな。音の劣化よりも良い方向の変化が上回るって感じの記事が多かったのに。ベールを二・三枚かぶったような音しか出ない。

ネットの記事を頼りにいろいろ設定を調整してみたものの、結果はあまり変わらず。部屋のアコースティクスがよっぽど厳しい状況にあるのでない限り、個人的にはお薦めできないな。






美容院

美容院に行ってきた。

昔から美容院が苦手だ。どうしますか?と聞かれるが、どう答えたらいいんだろう?

いつもみたいに、としか答えられないので行きつけのところで決まった担当に切ってもらうしかない。

で、なぜか担当者がよくいなくなってしまう。異動だったり、子供ができたり、転職したり、一度は行方不明になってしまった。

今の担当もやっぱり異動したが幸い通える範囲。腕が確かで笑顔がかわいい。長い付き合いになるといいな。

マスタークロックジェネレーター

マスタークロックジェネレーター。

スタジオ関係者等プロの音楽関係者以外でこの言葉を聞いて何のことか分かる人って世の中にどのくらいいるんだろう?

自分自身は少なくとも7~8年前までは知らなかったな。

で、こんなこと書いているくらいだから、今、めちゃくちゃ気になる。

欲しい。けど、情報錯綜しているな。

とにかく始めてみた。

いつの間に世の中こんなに独り言を公開する人が増えたんだろう?
と長い間思っていただけでしたが、ついに自分でも始めることにしました。

まずは気楽に長く続けられたらいいな。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク