ハイドン 交響曲第93番 : アーノンクール 

アーノンクールロンドンセット

先週木曜日に札幌に日帰り出張した後、金曜日から昨日まで沖縄に行ってきた。たまたま重なってしまったのだが、札幌往復の次の日に沖縄まで移動するとさすがに疲れる。沖縄は本島だけでなく那覇で乗り換えてその先の島まで行ったのでなおさらである。折悪くダブル台風が近海にいて、特に9号の方は沖縄県西部を直撃しそうな勢いだったので天気が非常に心配だったのだが、幸運なことに台風はさらに西に逸れてくれたので飛行機に影響はなかった。

関東も毎日暑いと感じていたが、南国の気温はやはり一枚上手で曇っていれば湿度がすごいし、雲間に太陽が覗けばそれはもう容赦ない日差しである。二日目の土曜日はレンタカーを借りて日中島内移動したのだが、それだけで心なしか日焼けした。ゴルフに行くわけではないので油断して日焼け対策を講じなかったのが失敗。まあ、仕事とはいえ沖縄では宿泊したホテルも立派で良い記念になったので良しとしよう。

土日が出勤になったので、今日は終日在宅勤務にさせてもらった。在宅勤務と言っても午後一つ電話会議があった以外、会話する必要がなかったので音楽を聴きながらメールをチェックしたり、資料を読んだりしていた。最初は仕事が7くらいの割合だったのだが、徐々に音楽の比重が増えて、気が付けばスピーカーを入れ替えたりしている(笑)。

ディナウディオ→D-TK10→AM105iと変遷するにつれ、どんどんニアフィールドリスニングになってきたが、なんとなく閃いて今日はそのセッティングのまま久しぶりにディナウディオを繋いでみた。スピーカー間1.5mのセッティングにブックシェルフの中では大ぶりなディナウディオを置くとバッフル面がかなり近く、大きく感じる。かぶりつきで聴いているような感じ。いかにも出てくる音がスピーカー自体の影響を受けそうだなと思ったのだが、案に反してまともに鳴る。と言うか、もっと左右を離し、自分の位置も下げて一回り大きな三角形で聴いていた時よりもはるかにまともに鳴っている。これにはちょっと驚いた。ずっと気になっていた低音の膨らみと定位の揺らぎもまったく気にならない。距離が近いことで直接音のウェイトが増えるとともに壁面から距離が増えたことで不要な反響が少ないのだろう。つまり、それくらい部屋の影響が大きいと言うことである。気に入ったのでしばらくこれで聴くことにした。

午前中、HMVでまとめ買いした中古CDが届いた。その中からアーノンクールのハイドンを聴いた。86年から92年にかけて録音されたロンドンセット。その一枚目の一曲目が93番である。ロンドンセットのうち愛称のない6曲は自分の中でどうしても影が薄いのだが、順番通り聴き始めた93番の、特に弦楽四重奏で始まる第2楽章が気に入った。アーノンクール/コンセルトヘボウと言うと強烈な演奏を想像するし、実際、メリハリの効いた男性的な演奏であるが、ハイドンの曲はそうしたアプローチも鷹揚に受け止めて傷つくことがない。疲れた時にはやっぱりハイドンである。
スポンサーサイト

マーラー交響曲第10番(クック版) : モリス

morrismahler10.jpg

休日出勤の振り替えで今日はお休み。あいにくの天気だが、小雨のおかげでさほど暑くもなく、のんびりするには良い感じ。明日からまた週末まで出張続きなので今日は一日何もせず完全休暇にしようと思っていたのだが。。

朝ご飯食べて、朝風呂入って、明日以降の準備を頭の中で一通り済ませる。明日の出張は普通の顧客訪問なので特に悩む必要ないのだが、明後日からの3日間は初めて行く場所、内容も普段と違うので着る物、持ち物のシミュレーションをしてみるといくつか足りないものがある。。数か月前から行くことがわかっているのに準備ができない自分に腹が立つ。子供の頃からいつもこうだ。

仕方ないので、午後、買い物に行くことにした。気分はブルーである。大袈裟に聞こえるだろうが、僕は買い物が嫌いだ。しょっちゅうオーディオ機器買っているじゃんかと思われるかもしれないが、対面での買い物は大嫌いなのである。出かけるまでに時間があればネットで買えたのに、である。そして時間は十二分にあったのだ。。反省。

平日だと言うのに近所のショッピングモールは混んでいた。どうやら学生達は夏休みらしい。とにもかくにも必要最小限の買い物を済ませて帰宅。ホッとして音楽を聴いた。ウィン・モリス指揮ニュー・フィルハーモニア管の演奏するマーラーの交響曲第10番。マーラーの10番はこれまでアダージョを除いてあまり聴かなかった。補筆版と言うのがなんとなくしっくり来なかったこともある。が、なぜか今日はこの音楽がとても心に沁みた。少々落ちた気分に曲が合ったのか、作曲者と同じような年齢になって音楽が理解できるようになったのか、どうしてかはわからないが、こんな良い曲だったか!と思った。

第1楽章は以前から好きだったが、じっくり聴けば二楽章以降も随所に素敵なメロディがあるし、補筆版とは言えオーケストレーションも充実していると思う。特に大太鼓で始まる終楽章はたいそう印象的である。これだけの大曲を書き始めたマーラーが9番の終楽章で自分の死を書いたとは思えなくなった。

ウィン・モリスと言う指揮者はこの演奏で名前を知るのみだが、英語版Wikipediaを読むと才能あふれる指揮者だったのに、回りと上手くやっていくことができず、酒癖も悪くて実力に見合う実績を残せなかったらしい。少なくともこの演奏は良いと思う。クック改訂版のどれかの世界初録音だからと言うだけではなく、良い演奏である。

ストラヴィンスキー「春の祭典」 : クルレンツィス

ハルサイ

無事に仕事を終えて先ほど帰宅。ああ、さよなら週末。ただ、帰りの電車の中で今週の予定を確認したところ、幸い、水曜日は代休が取れそうである。なんとしても休もう。

家に帰ってみるとHMVから荷物が届いていた。クーポン還元セールを狙って買った何枚かのCDと一緒にクルレンツィス/ムジカエテルナの「春の祭典」が届いた。CDとLPが選べたので割高だったが思い切ってLPを買った。正規レーベルの新譜LPは久しぶりの購入である。

クルレンツィスという指揮者のことは良く知らないのだが、ギリシャ出身でロシアで指揮法の教育を受け、以降ロシアで活躍していると言う。ここで演奏するムジカエテルナは彼が創設した古楽器団体である。古楽器のハルサイと言うのも最近では珍しくないが、ここに聴く演奏は楽器が古楽器というだけで、奏法はモダン楽器によるものと変わらない(ように聴こえる)と言う点がむしろ珍しい。古楽器演奏であるからと言って前衛的な演奏を期待しない方が良い。(このアルバムで一番前衛的なのはジャケットデザインだと思う。)

古楽器オーケストラの演奏と言うと編成の小ささもあって厚みが足りないことが多いが、この演奏はその点まったく問題なく、迫力満点である。第1部、第2部とも特に後半の追い込みが熱っぽく、面白い。大音量時にも打楽器が膨張しないおかげで各楽器のフレーズが良く聴きとれる。それを支える録音も優秀。オーディオ的にも聴いて楽しい演奏である。

プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 : ワイセンベルク/小澤

小澤ワイセンベルク

今日はちょっと久しぶりに朝から小雨模様。天気予報によればこの辺は終日小雨、東京都心は終日曇りのようである。今日もスーツで出勤なので気温が低めなのはありがたい。天気の良かった昨日は暑さが堪えた。

なんのきっかけか忘れてしまった(昨日のことだと言うのに。。)のだが、昨日、辻井伸行さんのビデオをYou Tubeで観た。コンクール優勝時にも演奏していたリストに引き続いて、13年のBBC放送でのラフマニノフ、佐渡裕さんと共演したプロコフィエフのビデオを観て感動。辻井さんのピアノも凄いのだが、映像付きで見るとオケと指揮者の熱演ぶりも伝わってきてなお一層感動が増す。お互いが刺激を受けての一体感が良い。

映像的にはプロコフィエフが一番面白かった。この曲、ピアノも大変そうだが、オケも相当大変そうである。特に木管群。その興奮を引きずりながら、今朝はこの曲のCDを聴くことにした。手元にはアルゲリッチやキーシンのCDもあるのだが、小澤/パリ管/ワイセンベルクと言う組合せの妙に惹かれてこちらを聴く。

録音時、小澤さん35歳、ワイセンベルク41歳と二人とも若い。ジャケット写真の表情がなんとも形容しがたい。ワイセンベルクは小澤さんを見ているが小澤さんは見ているふりして実はワイセンベルクを見ていないような気もする。勘ぐり過ぎか。

演奏はワイセンベルクのピアノが切れ味鋭く、小澤さんの指揮するパリ管はデリケートで繊細な表情。唯一の問題は辻井さんと佐渡さんの演奏とは正反対にお互いが相手に合わせるつもりがなさそうなところ(笑)。ワイセンベルクが唯我独尊的に弾いていると言えなくもないが、小澤さんも一定の線以上は譲歩しませんよ、と言う感じ。まさにジャケット写真の関係。だからこその緊張感はある。縦の線はしょっちゅう合わないとは言え。

二人の共演はこの一枚で終わりと言う事実が相性の悪さを仄めかすが、そこはレコード会社の都合もあるだろうし、本当のところはわからない。ちなみに組合せのラヴェルは普通に良い演奏である。

ドビュッシー/ラヴェル 弦楽四重奏曲 : ラサール弦楽四重奏団

ラサールドビュッシーラヴェル

今日明日とも用事があって午後出勤しなければならない。悲しい(>_<)。午後出かけなくてはならないと思うと午前中も気分的にのんびりできない。気持ちの切り替えが早い人、出かける支度が早い人、いずれも憧れの人である。そういう人達は同じ時間を僕よりずっと有効活用できるだろう。

とにかく出かける前にバタバタしないように着るもの持ち物の確認をしないと気が済まない。周りから見たらすぐに出かけるのかと思うようなありさまである。一段落するとおもむろに音楽を聴き始めるので、なんのための準備と思われるだろうが、そうしないと何も手に付かないのだ。これで実際に出かける時にはスマートにサッと出るなら良いのだが、いよいよという時には再度のろのろと準備しなくてはならない。う~む、我ながら無駄が多い。でも、仕方ない。これでずっとやってきたのだ。

さて、とにもかくにも一段落してから音楽を聴く。朝から今日も暑いので何かこうヒンヤリした音楽が良いなと思って取り出したのがラサール四重奏団の演奏するドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲。オリジナルは70年代のリリースだが、これは2010年にタワーレコード限定で復刻されたCD。

ドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲は組み合わせて収録されていることが多い。最初にこの二つの曲を聴いた時も確かそうだったと思う。あれはどこの演奏だったろうか?アルバン・ベルク四重奏団だったか?覚えていない。

アルバン・ベルク四重奏団はラサール四重奏団に教えを受けたらしい。アルバン・ベルク四重奏団と言うと僕の中ではそれまでのカルテットに比べてシャープでスマートな演奏という印象が強いが、そういう路線の元祖がラサール弦楽四重奏団と言うことになろうか。ところで、ラサールという名前からフランスとかスイスをイメージしていたが、名前の由来はマンハッタンにあるラサール通りから来ていると恥ずかしながら今日初めて知った。

ドビュッシーとラヴェルの音楽は大雑把に独墺系の作曲家と対比すれば同類の別体系に存在するが、それぞれの曲を聴くと似ているようで当たり前だがずいぶん違う。その中で弦楽四重奏曲は二人の作品の近似度が格別に高いように感じる。二つの曲とも19世紀末にまだ若い作曲家によって書かれたと言うこともあるだろうし、若き日のラヴェルがドビュッシーの作品に大いに影響を受けたのかもしれない。

どちらの弦楽四重奏曲も僕は第2楽章が好きだ。ラサール弦楽四重奏団の演奏は望み通りヒンヤリとした空気を部屋中に満たしてくれた。

最新版 名曲名盤500

名曲名盤500

2014年から2016年にかけて新しい「名曲名盤500」が掲載されていたが、最近はレコ芸をたまにしか買わないものだから、全部は集められなかった。買い損ねたのがちょっと悔しかったのだが、ふと気づいてみればいつの間にかムック本が発売されているではないか。早速、アマゾンで購入した。このムック本はレコ芸に掲載されていた採点を基本としつつもその後昨年末までにリリースされた演奏も含めて再度採点し直したらしい。まずます最新のラインナップが評価の対象になっていると考えていいだろう。

こうした「名曲名盤」の元祖はいつ始まったのだろうか。今回の前が2011年、その前が1999年の「名曲名盤300」らしいというところまではわかったが、僕がクラシックを聴き始めた80年代にもこういう類の本はあった。その頃読んだのは単独の評論家がまとめた本だったが、複数の選者が選定し始めたのはいつ頃だったろうか。

そもそもパッケージメディアを買って聴く人がどんどん減っていく中、今後、こういう企画は難しくなりそうだ。選考対象一つとっても昔は国内正規盤から選んでいたのが、いつの間にか輸入盤も選考の対象になっている。近いうちダウンロード音源も対象になるのだろうか?どうやって絞り込むんだろうか?

もしかしたら最後かもしれない「名曲名盤500」。慈しみながら眺めてみる。CDもオーディオと一緒で、自分で聴いてみなければ良し悪し(好き嫌い)はわからないから、どの演奏が一番評価されているかは実はどうでも良い。価値の多様化を重んずる時代が本格的に到来する前に、大の大人が10人も集まって真剣に一番「良い」演奏を選んでくれる古き良き時代があったと言う思い出として持っていたいのである。

撤収

昨日、まあまあ許容範囲かと思ったPV1Dだが、今日、帰宅してブルックナーを聴いてみるとやっぱり微妙な音の濁りが我慢できない(>_<)。第1楽章を聴き通すことができず、あえなく撤収。

そもそもPV1Dのデフォルトはスピーカーケーブルでの接続。それも普通のケーブルではなく専用のケーブルを使う必要がある。専用ケーブルは左右両チャンネルとも接続するのでローパスフィルター以下の信号は左右ミックスされてしまう。低域は中高音に比べると位置を感じづらいとは言うが。。加えてスピーカー設置位置の問題もあって、メインスピーカーと高さが違い過ぎる。併用すると明らかに音場が下に引っ張られる。1階席で聴いていたのが2階席から見下ろしているような感じになる。

そういうところを一つ一つ対策して最適位置を探し出すのがオーディオ使いこなしの醍醐味かもしれないが、とりあえず仕事で疲れた状態ではその元気なし。と言うことで、外してしまった。外してどうだったかと言うと、ない方がずっと良い(笑)。

R・シュトラウス 家庭交響曲 : マゼール

マゼールRシュトラウス

昨日、AM105iのセッティングを見直した話を書いた。昨日はお昼ご飯で中断してそのままにしていたのだが、今日、思ったよりも早く帰宅できたので、続きを再開した。昨日は視聴位置までの距離を微調整しようと考えていたのだが、今日は気分が変わってここ最近出番ゼロだったPV1Dを併用してみることにした。

スペンドールを使っていた時にいわゆる2.1ch再生を志して追加したPV1Dだが、その時はどうしても違和感が残って結局お蔵入りした。今回、併用するに当たってはとにかく存在に気がつかないくらい控えめにセットする。ここら辺がサブウーファーの微妙なところである。鳴っていると感じるようでは大きい。でもまったく気づかないなら使う意味がないわけで、今まで上手くつながった試しがない。とりあえず50Hz、83dBで設定。右スピーカーの奥、パワーアンプの隣にセッティング。

今日は帰ってから聴く音楽を決めていた。sankichi1689さんの「石狩国音楽記」にマゼール/ウィーン・フィルの「家庭交響曲」の記事が掲載されていて、読んでいるうちに僕もすごく聴きたくなったのである。残念ながらウィーン・フィルとの演奏は手元になかったので、95年に録音されたバイエルン放送響との演奏を聴く。

聴いたのはだいぶ昔になるが、ウィーン・フィルとの演奏はとても颯爽としてスマートなものだった記憶がある。それに比べるとバイエルン放送響との演奏はゆったりとしたテンポで全曲にほぼ50分くらいかかる。テンポはゆっくりだが、表現はこれもどちらかと言えば直截的。小細工なしに非常にストレートに歌い上げる。ハッピーな「家庭」交響曲である。オーケストラは実に上手で、響きはとてもきれい。そしてフィナーレの盛り上がりも心地良い。

しかし、マゼールは不思議な指揮者である。R・シュトラウスみたいにいくらでも変化球で遊べそうな作曲者の音楽に限って、ど真ん中のストレートしか投げない。大見得を切ったりとか、突然減速したりとか、誰も気にしないフレーズを強調したりとか、そういう変態的表現はない。まるで、R・シュトラウスについては誰よりも洗練された演奏をすると心に決めているようだ。

ここまでPV1D付きで聴いて、少なくともすぐに気づくような悪さは感じなかった。控えめな音量でも最低音域の下支えがあるとオケの厚みは確実に増す。しかし、ここまでは変更直後にいつも思うこと。いつまで聴き続けられるか、である。

ショスタコーヴィチ交響曲第4番 : 井上

井上ショスタコ

どうも最近、ショスタコーヴィチばっかり聴いている。聴いた音楽をすべてブログに書いているわけではないが、書かない時にも気が付けばショスタコーヴィチ三昧である。いくらなんでも偏り過ぎと思って、他の音楽もあえて聴いてみるが、どうやら今この瞬間、僕の脳みそが望んでいるのはショスタコーヴィチらしい。これはどういうメンタリティなのだろうか。叶うならフロイト先生に聞いてみたい。

趣味で聴いているのだから、聴きたくない音楽を聴いてバランスとっても仕方ない。と言うことで昨日に続いてショスタコーヴィチの4番を聴いた。今日は井上道義さんと東響の演奏。前回、15番を紹介した日比谷公会堂チクルスからの一枚である。

このアルバム、単売されていないせいか、感想記事をほとんど見かけないのだが、相当の爆演である。どの程度、編集されているのか知る由もないが、実演でよくオーケストラが対応できたものだ。特に第一楽章で弦の急速なパッセージからオーケストラが頂点に達するまでのスピードはもの凄い。低弦はついていくのが必死という感じだが、大きな瑕もなく強烈な演奏を繰り広げている。

この演奏について井上さんのブログにはこう書いてある。

【交響曲第4番 ハ短調 作品43】  2007.12.1.sat 17:00~
[正真正銘大傑作!]
 正真正銘大傑作。これを書いた後ショスタコーヴィチが粛清されても彼は永遠に名を残しただろう。しかし上手く生きてくれてよかった。 ここに彼の全てがあり、誰もなしえなかった交響曲の巨大な20世紀のモニュメントだ。男の音世界はこれだ。 誰だ! クラシックは、女子供のすることだと言ったり、私はクラシック音楽がわかりませんとか言う腰抜けは?
(井上道義さんのブログから引用)

「男の音世界」以降、何が言いたいか必ずしも良く分からないものの、興奮は伝わってくる。大フィル首席指揮者就任ライブにこの曲を選んだところからして、井上さんの思い入れが感じられる。

第一楽章の劇的展開からすると続く二つの楽章はじっくり抑え気味の展開に感じるが、最後のコラールは切れのいい打楽器に支えられて大迫力で迫ってくる。この辺りが「男の音世界」だろうか(笑)。録音も良く、面白く聴ける好演奏。大フィルとのライブも聴きたくなる。

AM105i (2)

今日は「海の日」。って言っても海のない我が埼玉県ではいったい何を祝って良いのやら、良く分からない。そもそも何の日と思ってウイキペディアを読んでも正直ピンと来ないのだが、同じような境遇の奈良県では条例でこの日を「奈良県山の日・川の日」と定めてると知ったのは収穫(?)だった。昨年から8月11日がこれまた趣旨がイマイチ不明な「山の日」となったが、奈良県には県の山の日、国の山の日と二つの山の日が存在しているのだろうか?

この二つの国民の祝日は暦上祝日のない7月、8月に祝日を制定するという建前に乗じて政治が悪乗りしているような気がしないでもないが、なんであれ、結果としてお休みが増えるのはありがたい。

今日は久しぶりに長時間寝たので、昨日、酷暑のゴルフで疲れ切った身体もずいぶん楽になった。朝、のんびりコーヒーを飲んだ後、オーディオルームで取り掛かったのがAM105iのセッティング見直し。

AM105iが来た日から、もともとD-TK10が載っていたスタンドに位置を変えずにポンとスピーカーを置いて聴いていたのだが、ハネムーン期間を過ぎて冷静に聴くといかんせん低音が軽すぎる。トゥイーターがないので高音域が物足りなく感じるかと思っていたのだが、実際には下が足りない。ネットワークで分割して比較的低いところのみを担当しているD-TK10のウーファーに比べると全体域を担当している分、下まで手が回らないのか?D-TK10のギターキャビネットが奏功しているのか?

理由はどうあれ、足りない部分をセッティングでカバーしようと言うのが今日の目標。で、最初はスタンドを壁に近づけてみた。反射音を使って低音を増強しようと思ったのだが、これは失敗。そもそもバスレフポートが前向きなので大して意味がない上、視聴位置までの距離が増えた分、全体の音量が下がってしまう。視覚的に壁の向こう側に音場が形成されづらいのも減点。良いことがなかった。

で、次に試したのがスピーカーを壁から離し、耳にぐっと近づけてみるセッティング。ウーファーまで後方の壁から1m20㎝くらい。側面からそれぞれ85㎝、スピーカー間が1m80㎝。耳までは2mくらい。これははるかに結果良好だった。スピーカーの位置が近いので音がスピーカーにへばりつきそうと懸念したのだが、それはまったくなく、スピーカーの奥に音場が大きく展開するし、近づいたおかげか部屋の形にあっているのか低音の量はかなり増えた。これならやせ我慢しなくてもオーケストラを楽しめる。音が良いだけでなく、隣の部屋から続く扉も完全に開けることができるようになった。どこまで近づけるのが最適か、さらに追い込もうと思ったのだが、お昼ご飯ということであっさり中断。今日はここまで。

ショスタコーヴィチ交響曲第4番 : ヤンソンス

ショスタコヤンソンス全集

今日は家から30分くらいの場所にゴルフに行ったのだが、前回暑いと書いたのを修正しなくてはいけないほどの蒸し暑さであった。なによりもまず、昨日の夜、日中クーラーに当たり過ぎて熱っぽかったので予防的に風邪薬を飲んだのが大失敗。朝起きた時から頭がぼーっとして身体中だるかったのだが、それに加えてうだるような蒸し暑さだったので特に前半は非常にしんどかった。汗を大量にかいたのが良かったのか、後半はだいぶマシになったものの、今年一番苦しいラウンドだった。

帰りがけ、もうすぐ家に到着というところで空が真っ暗になり、雷とともに土砂降りの雨に見舞われた。2年前の夏、突然、雹が降ってきた時のことを思い出して、不安になったが、今日は幸い、そこまでの嵐ではなかった。とはいえ、家に着いた時はまだ激しい雷雨が続いていて、車庫のシャッターを開ける一瞬の時間でずぶぬれになった。用心して車庫の中で5分くらいじっとしていた。大袈裟かもしれないが、最近の雨は怖い。

帰宅してホッと一息ついてから、ヤンソンス/バイエルン放送響の演奏でショスタコーヴィチの交響曲第4番を聴いた。う~む、今までどうにも捉えどころがないと思っていたヤンソンスだが、ショスタコーヴィチの演奏は素晴らしい。この曲、次から次へとパッチワークのようにいろいろなメロディが出てきて、下手すると場当たり的で全体感のない演奏になってしまうが、ヤンソンスとバイエルン放送響の演奏は構成力に富んでいる。この曲、気まぐれに見えて実はこういうきちんとしたシンフォニーなんですよ、と言われている感じ。

一昨日の小澤さんの録音は典型的なEMI録音だったが、このアルバムは同じEMIでも各楽器に焦点の当たった好録音である。明解明晰でオーディオ的にも楽しく聴ける。それでいて音色が明るすぎないのが良い。とても良い演奏。

R=コルサコフ 「シェエラザード」: 小澤(CSO)

小澤シェエラザードCSO

今日も朝から暑い。午前中、歯医者に向かう車の外気温計の表示は34度だった。今日も今日とて、長時間、外にいたら危険なレベルの暑さになりそうだ。ところで、この車の外気温計って、どこに設置されていて、どの部分の温度を測っているのだろうか。直射日光で熱くなった道路も車の鉄板も表面温度は気温そのものよりだいぶ高くなりそうだし、停車中と走行中では風の影響もかなり受けそうである。外にあれば雨に濡れそうだしなあ。。

と思って「外気温計 仕組み」で検索してみたら、ザクザクと情報が出てきた。便利な世の中だなあ。同じような疑問を持った人がネット上で質問していた。経験上、僕みたいな凡人が疑問に思うようなことは必ず別の方がはるかに前に疑問に思って質問している(笑)。それはともかくとして、なるほど、バンパーの裏か、ドアミラーか、フェンダーの内側か、だいたいそのあたりにセンサーが仕組まれているようだ。後で自分の車も確認してみよう。

さて、本題の小澤征爾さんがシカゴ響を指揮したR=コルサコフ「シェエラザード」の話。小澤さんの「シェエラザード」は以前、BSOを指揮したDG盤の感想を書いた。その時、「石狩国音楽記」のsankichi1689さんからコメントいただいたのがこちらのCSO盤。もう3年以上前の話だが、今回、小澤さんがワーナー(EMI、エラート、テルデック)に録音した演奏をまとめたボックスセットを手に入れて、ようやくこの演奏を聴くことができた。

69年の録音なのでCSOはマルティノンとショルティの交代のタイミング。EMIなので録音エンジニアも違うせいか、オケの音色がショルティで聴き慣れたCSOとはずいぶん違うように感じる。当時、小澤さんはまだ34歳。ジャケット写真も若い。きびきびとしたテンポに若さを感じる一方、すでに相当洗練された表現で驚く。洗練された表現と言うのも抽象的だが、そういう印象が残る。その気になればいくらでも絢爛豪華に演奏できそうな曲であるし、飛ぶ鳥を落とす勢いの頃だから「いっちょ驚かしてやろう」と思ってもおかしくないと思うのだが(実際、多少はそう思っていたかもしれないが)、どこまでもバランスの取れた、しなやかで美しい演奏である。個人的には、音楽が盛り上がっていく中でも基本のテンポを崩さず、直線的に畳みかけるところが好きだ。

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 : カピュソン/ネゼ=セガン

キャプソンベートーヴェン

明日の朝、北陸で面談があるので、今日はこれから移動しなくてはならない。荷物を準備して早めにご飯を済ませ、出かける前に何か一曲ということで、akifuyu102さんの紹介で知ったカピュソンの独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を聴く。

カピュソン、ネゼ=セガンともに30台前半のフレッシュな演奏だが、一つ一つのフレーズを慈しみながら演奏している感じで音色はフレッシュなのに音楽は熟成しているところが面白い。カピュソンは特定の伴奏者を決めずに曲に応じてパートナーを変える。いろいろな個性から影響を受けて、それを吸収していくんだそうな。なるほど。ダイバーシティである。

それにしてもカピュソンの音色は美しい。僕はとても好きである。音楽を聴きながら何気にカピュソンのインタビュー記事を読んだら、カピュソンが演奏するガルネリは過去50年間スターンが使っていたものらしい。なるほど~。僕はスターンの美音も大好きだったが、これはこのヴァイオリンの音だったのか!ま、ヴァイオリンの音色を聴き分けられるほどの耳を持っているわけないが、それを知ってなおさらこの演奏が好きになった。

プロコフィエフ交響曲第5番 : ロジェストヴェンスキー

DSC_9998.jpg

さすがに日曜の午後しか休みがないと疲れる。しかも今日の外の暑さと言ったら。。。まさに刺すような日差しであった。折悪く今日はとある案件で顧客に謝罪することになり、となると世の中クールビズとは言えども日本人はやはりスーツにネクタイ必須ということで、灼熱の中、サラリーマンの正装で千葉まで行ってきた。

木更津方面だったので東京駅から高速バスを使ったのだが、バスの冷房の効きが今一つ。ジャケットを脱いでもなお暑い。エアコンがない時代を思えばこのくらいの暑さと気持ちを奮い立たせてみたが、やっぱり暑いものは暑いよ。目的地に着く頃にはすでにへとへと。でも汗びっしょりで憔悴した顔が功を奏したか、先方が謝罪を受け入れてくれたのは良かった。

帰りは渋滞を考慮して電車を使った。途中駅まで各駅停車に乗って、そこから在来線の特急列車に乗り換える。何年振りだろうか、房総特急に乗るのは。前回乗った時はたしか海水浴に行ったけど、それってもう四半世紀前である。特急列車の姿形もまるきり違う。そもそも京葉線を通った記憶は全然ない。

そのまま直帰して風呂に入った後、レコードを聴くことにした。ショスタコーヴィチを大量に聴くようになってから、CDを聴く頻度が増えたのだが、今日はなんとなくCDではなくレコードを聴きたい気分。取り出したのはロジェストヴェンスキー/モスクワ放送響によるプロコフィエフの交響曲第5番。

レコードの帯には諸井誠氏の言葉が載っている。諸井さんはよほどロジェストヴェンスキーを高く評価していたらしい。「あえていえば、世界一、二を競うところまできていようとは」と書いてある。他では聞いたことのないような高評価である。本文ではどんな情熱的なことを書いているのかとライナーノーツを見ると驚くことにそこには別の方の解説しかない。帯だけ諸井さんと言うパターン。良い仕事をされている(笑)。

演奏はと言うと、世界一、二を競うかどうかはわからないが、同じコンビのチャイコフスキー全集同様、大変聴かせ上手な好演であることは間違いない。この時代の旧ソ連コンビの中では圧倒的にあか抜けた西側的演奏とでも言えば良いだろうか。勢いも馬力もあるが暴力的な要素は少ない。この点、まさに非凡な才能だと思うのだが、一方でイロモノ一歩手前の破壊力を期待すると肩透かしかも。こちらの方が正しいアプローチであろうが。録音は最後の最後、フィナーレの音が入りきらない点を除けば良好である。

AMMラボ AM105i

DSC_9982.jpg

今日は新しいスピーカーである。

えー?
ついこの間、D-TK10が良いって書いたばっかりなのに?
もう変えたの?
また変えたの?

と、非難されても仕方ないのだが、この間も書いたとおり、D-TK10の10㎝ウーファーで大オーケストラ物を聴いても特に音に不満を感じないとわかって以来、フルレンジスピーカーが欲しかったのである。

今までいろいろなスピーカーを使ったが、たしかにウーファーサイズが大きい方が低音の量感は有利だ。それにブックシェルフよりも容積が大きいトールボーイの方が余裕を感じる。が、その余裕があだとなって、失うものも多い。さして音響対策を施していない一辺3.5m程度の部屋では低音が出過ぎるとあっという間に音が飽和してしまう。今までの経験から言えば、この部屋では15㎝くらいがウーファーサイズの個人的限界。巷には4畳半や6畳の部屋で15インチウーファーを使っているような方もたくさんいるが、使いこなしには相当の経験とテクニックがいると思う。

まあ、とにかく、一度フルレンジスピーカーが欲しいと思って、今回、手に入れたのがAMMラボのAM105iというスピーカー。ユニットは10cm一発である。このユニットの開発者はその道では有名な方のようで、同じユニットを使ったフルレンジスピーカーが47研究所やAir Tightといった通好みのメーカーからも発売されている。AM-105iは設計者自らがキャビネットデザインしたもので、本家本元とも言えるが、だからこのスピーカーを選んだわけではない。たまたま中古で見つけたのがAM-105iだった。見てのとおりシンプルなデザインのブックシェルフスピーカーで、キャビネットは綺麗な艶ありの塗装が施されている。さほど重くないが、この塗装のおかげもあってキャビネットはあまり鳴かない。

早速、聴いてみたところ、これが正直、本当に良かった。

簡単なスイープチェックをしてみると70Hz以下はほぼ出ていないのだが、それでもオーケストラを聴くのになんの問題もない。地を這うような重低音は出ない代わりに各楽器の見通しはすこぶる良い。表面積が小さくてネットワークもないので定位は抜群。

なんだか拍子抜けである。この部屋で音楽を聴く限り、どうやらこれ以上のスペックのスピーカーは無用の長物であった。遠回りしたような感じもするが、スピーカーなんて実際に聴いてみないとわからないので仕方ない。それに、仮に4~5年前にこのスピーカーに出会って最初に導入していても、きっとダメだったと思う。なぜかといえば、昔の高能率ユニットとは違って、最近のこの手のスピーカーはかなりアンプを選ぶと思うからだ。たった一つのユニットで正確に音を再現するためにはコーンを激しく動かしながら、無駄な動作を制御する必要がある。小さなスピーカーだからと思って非力なアンプで鳴らしたらうまく行かないだろう。その頃、使っていたアンプではうまく鳴らなかったと思う。

さて、今回は先に新たなスピーカーを買ってしまったので、次は断捨離である。

DSC_9989.jpg DSC_9997.jpg
(七味とうがらしさんのリクエストにお答えして「夕日に映えるAM105i」と「グリル付きAM105i」追加しました(笑)。)

ショスタコーヴィチ交響曲第4番 : プレヴィン

ショスタコプレヴィン4番

木曜日から東北、関西出張で先ほど帰宅。大切な商談とはいえ土日台無し(>_<)。早朝の神戸は小雨だったのだが、羽田に着くとすでにかなり暑い。飛行機の冷房対策と荷物減らしを兼ねて薄手のジャケットを羽織って帰ってきたのだが、家に着く頃には汗びっしょりである。

IMG_0555.jpg

土曜日に神戸に入ったのだが、伊丹まで乗った飛行機が久しぶりにプロペラ機だった。プロペラ機と言っても離島を結ぶような小型機ではないので室内スペースも十分だし、ジェットと違って低いところを飛ぶので地上も良く見えて快適。(天気が悪いとそんなことも言ってられないだろうが。)ターミナルと飛行機を結ぶ通路をジェットウェイと言うだけあって、プロペラ機だと直結されない。飛行機まで地上を歩いていくのも久しぶりの体験だ。

一息ついたところで音楽を聴く。プレヴィン/シカゴ響のショスタコーヴィチ交響曲第4番。このCD、4年前にも簡単な感想を書いたのだが、久しぶりに聴いて再度感心した。まずプレヴィンの個人的に最大の長所と思っているリズム感覚が冴えている。この曲の冒頭のテンポは演奏によってずいぶん違うが、プレヴィンは比較的遅めのテンポで拍を刻む。おかげですぐ後に続く金管による主題の提示は実に堂々と聞こえる。その後も丁寧に表情豊かにメロディを紡いでいく。70年代後半のシカゴ響の演奏も力が漲っていて素晴らしい。録音がEMIなのでDECCAで聴くシカゴ響に比べてずいぶんウォームでウエットに聴こえるが、それも演奏とマッチしていて悪くない。とても良い演奏である。

HITnRUN Phase Two : プリンス

HitnRun_Phase_Two.jpg

台風が近づいて朝からいつ雨が降ってもおかしくない天気だったが、念のため会社を早く出たのが幸いして濡れずに帰ることができた。帰宅後、家の周りもかなりの雨。予報によれば夜中過ぎまで降り続くようだ。この辺りは大きな被害を招くような降り方ではないが、最近は雨にせよ風にせよ極端なことが多いので心配になる。

うちの会社は12月決算なので先週末で今年も上半期が終了。ついつい何度も書いてしまうのだが、月日が経つのがなんて速いことか。子供の頃は正月から夏休みまでは気が遠くなるほど長かったのに。。

月日が経つのはあっという間と感じる一方で、この1月から新しい職場に異動したのが信じられないくらい長い時間を過ごしたように感じるのも事実。毎日毎日チャレンジだらけで濃密な時間を過ごしている割に、実現したいことはまだ何もできてないからそんな風に感じるのだろうか?それにしても新しい職場には多少の期待と大きな不安を持って異動したのだが、一緒に仕事をする仲間がとても良い人ばかりだったのは本当に助かった。おかげで激務にも関わらずストレスレベルは低めで済んでいる。ありがたいことだ。

今日は久しぶりにプリンスを聴いた。2016年4月の突然の死の4か月前にリリースされ、殿下最後のアルバムとなった「HITnRUN Phase Two」。プリンス本人もこれが最後のアルバムとなるとはまったく思っていなかっただろうから、当たり前だが死の兆候やら現生へのメッセージと言ったものはない。それどころか、Phase One 以上にシンプルでポップな音楽が続くご機嫌なアルバムである。全部で12曲、どの曲も御幣を恐れず言えば特筆するようなところのないポップス。でも、退屈な曲は一つもない。このクオリティコントロールの高さが天才の天才たるところなのかな。10年前に聴いても10年後に聴いても違和感なさそうな、そんなアルバム。

ハイドン交響曲第96番「奇跡」 : ブリュッヘン

ハイドンブリュッヘン

ブリュッヘン/18世紀管弦楽団・OAEの演奏するハイドンの交響曲集。13枚組でジャケットには"Philips"とクレジットされている。"DECCA"以降、現在はホグウッドとブリュッヘンの組合せで35枚組のハイドンの交響曲全集となって発売されているようだ。ほぼ3倍の枚数で価格は全集の方が安いくらい。2,000年以降に限ってもCDの値崩れはすさまじい。

個人的には少々疲れ気味の時に聴くことが多いハイドン。今日は昨日の高温多湿ゴルフの後遺症か心身ともにやや不調。早めに仕事を切り上げて早速聴いたハイドンだったが、ブリュッヘンのハイドンは実に格式高く、切れ味鋭くハイテンション。こういう時に聴くにはヘビー級だった。優しく寄り添うと言うよりも厳しく叱咤激励されている感じ(笑)。立派な演奏とは思うのですが。

ところでこの曲、なんで「奇跡」って言うのかなと思ってウィキペディアを見ると「初演時にシャンデリアが落ちたが誰も怪我をしなかったからと言われている。が、のちの研究によるとそれは102番であるらしい。」とのことである。う~む。「奇跡」じゃないじゃん。そのうち102番にニックネームを奪われて96番は「元奇跡」とか言われるのだろうか。そう考えるとちょっと笑える。

ROMANTIC RUSSIA : ショルティ

115944742 (2)

今日はゴルフに行ったのだが、もの凄く蒸し暑かった。昨日は終日雨だったので日曜日に予約したのは運が良かったが、おかげで湿度が尋常じゃなく高く、湿った芝生から蒸発する水分も加わってまさにサウナの様相。プレーの方は厳しい条件にも関わらず、とても調子が良く、久しぶりに満足いくスコアが出た。うれしい。

帰宅するといくつか宅急便が届いていたのだが、その中で今日のヒットは蛍光灯の代わりに購入したLED。40型+32型の代わりが1本で済むだけでなく、蛍光灯2本より明るいって凄くない?しかもリモコンで照度調整ができて、消費電力が少なく寿命が長いって欠点ないじゃないの。照明の仕組みによっては簡単に取り替えられないらしいが、オーディオルームの照明は簡単に取り替え可能だった。今さらながら気づいたが、こりゃ、確かに大発明だ。万歳!

さて、気分の良いところで聴いたのが"Romantic Russia"と名付けられたショルティ/LSOのロシア音楽集。「ルスランとリュドミラ」で始まって、ムソルグスキーの2曲、それにボロディンの「イーゴリ公」に「ダッタン人の踊り」と名曲揃い。手持ちのCDはさらにスッペの序曲集もボーナスとして収載されているので満足度高し。

若き日(と言ってもロシア音楽集は50過ぎだが。)のショルティの音楽は70年代以降のシカゴ響との円熟時代とはまた違ったリズミカルなしなやかさを持っていて、ただの強引さとは違う音楽運びの上手さに惹かれる。66年のロシア音楽のみならず、59年録音のスッペも時代を感じさせない好録音だが、低音はやや軽い。まあ、うちのスピーカーの低音が軽いせいかもしれない(笑)。でもそんなこと関係なく音楽に集中できる良い演奏である。

Onkyo D-TK10 (3)

DTK10.jpg

清原選手のインタビューが載るというので「Number」を買った。表紙の写真を見ると少し太ったせいかずいぶん印象が違う。法律を犯したことは取り返しつかないが、できれば立ち直って社会復帰してほしい。清原と言えば僕の世代のヒーロー。ヒーローも人間だから間違いもある。セカンドチャンスが与えられることを強く願う。

さて、Onkyo D-TK10が我が家に来てからかれこれ2か月半。到着早々の一週間くらいメインスピーカーの位置を確保した後、すぐにもう少し大きめのブックシェルフにメインを譲ったのだが、最近になって復活。復活したのはホワイトキューオン投入の影響が大きい。

しばらくディナウディオをバック工芸社のスタンドに載せてそれはそれなりに満足していたのだが、ホワイトキューオンを壁に貼り付けると音がより鮮明になり、低音域のもやもやも晴れた。そうしてみるとそれまで低音がだぶついていたことがわかる。この状況でD-TK10を使ってみるとさらにすっきり。比較すると低音の軽さはどうにもならないが、それを上回る見通しの良さが得られる。

同時に購入したスタンドはディナウディオを載せ、D-TK10はスタンドの支柱が極力細いものを探してTiglonのTIS70にした。スピーカーがぽっかり空中に浮いている感覚で結果はとても良好である。2か月鳴らし続けているうちにスピーカーのエージングが進んだのか、耳が馴染んだのか今や低音にも不満がなくなってきた。低音が出るようになったわけではなく、高音のきつさが取れた結果かもしれない。

スピーカーもあれやこれや聴いたが、ルームコンディションを考えるとこれ以上のサイズのものは要らない感じである。このウーファーサイズで良いとなるとフルレンジでも良いかも。となれば次は自作かな(笑)。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク