Inventions & Dimensions : ハービー・ハンコック

img_160919_34042666_0.jpg

家に帰っていつものように音楽を聴き始めたが、今日はなぜか久しぶりにジャズが聴きたくなって取り出したのがこのCD。

ハービー・ハンコックの3枚目のアルバム。マイルス・デイヴィスと演奏するようになった頃、1963年の録音。手持ちのCDはRuby Van Gelderが2005年にリマスターしたもの。

ピアノトリオ+パーカッションという異例の編成。一曲目のSUCCOTASHから最高に格好良い音楽だ。リマスターも功を奏してパーカッションの音が生々しく、オーディオ的にも非常に楽しめる。

とにかくハービー・ハンコックの天才が全編に渡って感じられるCDだ。

余談だが4曲目のMIMOSAを聴くといつもマイアミサウンドマシーンを思い出す。(ハービーファンの方、マイアミサウンドマシーンファンの方双方に怒られそうだが…。)どちらも大好きな音楽だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク