プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」 : マゼール

51TIbKKtQDL.jpg

プロコフィエフの曲の中で一番好きなのがこの「ロメオとジュリエット」。この曲を最初に聴いたのがこのマゼール/クリーブランド管の演奏で、それ以来、かなりの数の録音を聴いてきたが、結局、今でもこの演奏が一番のお気に入りだ。個人的には他にあまりないことである。

バレエ曲の場合、本来の目的に忠実に演奏するか、管弦楽曲として割り切って演奏するかでテンポや聴かせどころが変わってくると思う。マゼールの演奏は後者に属すると思うが、この演奏でバレエを踊るとどうなるのだろうか。一度舞台を見てみたいものだ。

抜粋ではなく全曲版なので演奏時間は4幕で2時間を優に超える。LP時代には確か3枚組だったと思う。長い曲だが全編にわたって本当に素敵な音楽の連続なので聴いてて時間が経つのを忘れてしまう。マゼールのすべての録音の中でも最良の演奏の一つだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味持ちました。

こんばんは。akifuyu102です。

演奏時間が2時間を超えるのに時間が経つのを忘れてしまうとは
すごい曲ですね。
私は、ソフトバンクのCMとのだめカンタービレで使われていた部分しか
知らないです。
機会があれば聴いて見たいですね。

おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。

とっても良い曲です。

とりあえず初めに聴くのは抜粋盤、あるいは組曲盤の方が良いかもしれません。気に入られたらぜひ全曲盤を聴いてください。

個人的には、静かな休日に、本を片手にコーヒー飲みながら聴くのがお薦めです。少し寒いくらいの日の方が音楽には合いそうです。(あくまで個人的な感想です。)
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク