シューマン交響曲第2番 : スウィトナー

434.jpg

1987年録音。スウィトナー指揮ベルリン・シュターツカペレによるシューマン交響曲全集の中の一枚。日本のデノンとドイツ・シャルプラッテンとの共同制作で録音はイエス・キリスト教会。

教会での録音なのでホールエコーが多く、個々の楽器の解像度が今一つ。それにステージが少し遠い。スウィトナーのシューマンはテンポが速く非常に快活な演奏だが、教会のかなり後ろのシートで聴いているような感覚。メリハリに富んだ生気溢れる演奏だけにこの収録の仕方は個人的には少し残念。もう少しボリュームを上げて聴いてみたいが、時間が時間なのでちょっと憚られる。日中にもう一回聴いてみよう。

いつものディスクユニオンで5枚よりどり2,000円コーナーで発見した。それほど枚数が多かったわけではないのだが、スウィトナーのシューマン交響曲全集が揃った。人気ないんだなあ。演奏はとても良いのに。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク