シューベルト弦楽五重奏曲 : 東京カルテット

51F061lTacL.jpg

今年の6月に解散した東京カルテットのハルモニアムンディへの最後の録音となった3枚の中の一枚。

室内楽はあまり聴かないので曲も多くは知らないが、シューベルトの弦楽五重奏曲は若い頃からずっと好きな曲の一つだ。最初から最後までどこまでも美しい旋律だ。快活なメロディにもそこはかとない悲しみが纏綿としていて心を打つ。

東京カルテットの演奏はこの名曲の魅力をあますところなく伝えている。もっと激しく情熱的な演奏は他にもあるが、いかにも成熟して落ち着いた演奏だ。公式サイトにある解散までの道のりを踏まえるとこの曲を録音したのは日本人メンバーがカルテットから引退することを決めるよりも前になるが、惜別の演奏としシューベルトの遺作であるこの曲は最適だったと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク