モーツァルト後期交響曲集 : ベーム

41-73pc-IXL__SL500_AA300_.jpg

ベームがベルリン・フィルと演奏したモーツァルトの後期交響曲集。最晩年のベームのようなテンポの緩みは皆無で6曲どの曲をとってもどの楽章をとっても沸き立つようなリズムとメロディが素晴らしい。ベルリン・フィルも完璧なアンサンブル。フル・オーケストラによる堂々とした演奏だが重苦しさはなく、実に良い演奏だ。

デッカ、EMI、グラモフォンとカラヤン、ベーム、BPO、VPO間の相互の契約関係でVPOではなくBPOとモーツァルトの交響曲集を録音することになったようだが、溌剌とした中にもがっちりとした構造美を感じるこの演奏を聴くと結果的にはBPOで良かったのではないかと思う。

6曲すべて名曲だと思うが、個人的にはやっぱり「ジュピター」が一番好き。で、「ジュピター」のベストはずっとこの演奏だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク