V-LA1(2)

先日購入したV-LA1、最初はジャズ中心に使用してクラシック、ロックはSM-SX10と使い分けていたのだが、例によってアンプの使い分けは難しい。というか、単純にスピーカーの切り替えが面倒くさく、今やV-LA1がすっかりメインシステムに昇格してしまった。

V-LA1にはPS AudioのPWT、PWDを組み合わせて聴いているが、楽器の音が生々しいジャズだけでなく、大編成のクラシックをかけても結構いける。ほぼ100%3極管接続で聴いているのでせいぜい10数ワットの出力だが僕の聞き方ではこれ以上の出力は要らない。

ステージの広さや高さ、奥行に加え、レンジについても単純比較するとSM-SX10の方がより高性能だと思うのだが、V-LA1の音は聴いててなんともホッとするような暖かさが心地よい。真空管アンプということでハムノイズやその他の残留ノイズはどんなものかと思っていたのだが、ボリューム10時の位置で聞いている限りほとんど気にならないレベル。スピーカーのまん前に行って耳を澄ませばノイズは確実にあるが、実用上の問題はゼロだ。

発熱はもちろんある。付属のボンネットカバーを使っていないのでなおさらかもしれないが、ずっと聴いていると8畳間をじんわりと暖めてくれる。

このアンプを購入しての最大の問題は、ずっと気にしつつ忘れようとしていたアナログプレーヤーがものすごく欲しくなってきたことだ(笑)。できれば自分がオーディオに興味を持ち始めた頃の古いプレーヤーに同じくらい古いスピーカーを合わせて聴いてみたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

古い物も大切にしたいですね。

ばけぺんさん、こんばんは。

そうですか。Lyric V-LA1がメインシステムに昇格しましたか。(^^)

仕様(性能)的にはSM-SX10の方が高性能なのに、やっぱり真空管って良いですね。不思議ですねぇ。魅了的ですね。これからの季節、部屋も温まって一石二鳥だ。(^^)

Re: おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。

 そうなんです。specとは別のところで良いんですね。

 音の好みは個人的な違いが大きいと思いますが、私の場合、V-LA1が合ってたようです。今朝はだいぶ気温も下がったので、これからの季節は暖房としても重宝しそうです。

 団塊の世代の皆さんが若いころ買えなかったギターを買っているので、今、ギター業界は景気が良いようですが、同じような気持ちで古いオーディオ、欲しいです。電気製品なのでメンテは少し心配ですが、良い出物があったら、なんて思ってます。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク