マーラー交響曲第4番 : ライナー

41X5EGMXBTL.jpg

ライナーによるマーラーはこの4番と「大地の歌」のみのようだ。1958年の録音。録音は他の例に漏れずすこぶる鮮明。最新デジタル録音のようなダイナミックレンジとSN感はないが、録音レベルが高く聴きやすい。

演奏は筋肉質という表現が一番合う。テンポはかなり速め。古典派の交響曲の延長線上の解釈・表現だ。リズムが良く、オーケストラの機能も素晴らしい。低弦の動きなど実に痛快。

マーラーの交響曲だからといって、特にテンポを揺らしたり強弱に大きなメリハリとつけたりといった小細工は一切ない。58年の段階でこんなにある意味モダンなマーラーの演奏が行われていたとは。

基本的にインテンポで男性的な演奏だが、ニュアンスや表現の幅に不足しているわけではない。第三楽章は十分に陰影に富んで美しい。実に良い演奏ではないか。

終楽章、デラ・カーサのソプラノもなかなか力強く、骨太なライナーの演奏に合っている。

4番は頻繁に聴くこともなく、これは良いと思った演奏もあまりないのだが、この演奏はなかなか楽しめた。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク