チャイコフスキー管弦楽曲集 : ストコフスキー

4988005745880.jpg

今日は今上天皇の誕生日。傘寿を迎えてますますお元気なご様子で何よりだ。宮内庁が映像を提供したようで、朝、TVでは今まで見たことないような天皇陛下の日常の様子を見ることができた。20年落ちくらいのインテグラをご自分で運転されたりして庶民的な普段の陛下の姿だったり、新嘗祭での非日常的な姿だったり、感慨深かった。いつまでも長生きされることをお祈りします。

さて、年齢を感じさせないといえばこのストコフスキー。実に91歳と92歳の時に録音されたチャイコフスキー管弦楽曲集である。1枚目がロンドンフィルと録音したイタリア奇想曲、エフゲニー・オネーギン、くるみ割り人形。2枚目はロンドン響との録音でフランチェスカ・ダ・リミニと弦楽セレナーデが収録されている。

いかにストコフスキーといえどもこのくらいの年齢の録音となるとどうなんだろう?と思いつつ聴いたのだが、いや、恐れ入りました。データを知らずに聴いたら絶対、90歳台の指揮とは思わない。なんと溌剌とした音楽。

1枚目のCDは丸ごとすべて名演奏。イタリア奇想曲は曲中、キャラクターに応じて演奏も変幻自在。きびきびとしたテンポが聴いていて爽快だ。くるみ割り人形では一つ一つの曲に思い入れたっぷり。ゆっくりなところはとびきりゆっくり、早いところはびっくりするほど早く。茶目っ気たっぷりの好演である。2枚目のCDでは弦楽セレナーデがよかった。この曲、ストコフスキーのことだからどれだけ濃い演奏だろうかと思ったのだが、ストレートでカラッとした表現だ。品の良い上質な生地で作ったシャツみたいな心地良さ。気負いも力みもない素敵な演奏だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク