チャイコフスキー「くるみ割り人形」組曲 : ドラティ

1196060662.jpg

念願のプレーヤーが手に入ったので、今日、実家の物置を捜索してきた。実家はもともと祖父母の住んでいた場所に家を新築したのだが、件の物置は祖父の手作りで祖父母が生前から使用していたものだ。まあ、とにかく古い。木造、トタン屋根。いまだに風雨がしのげているのが不思議なくらいの代物だ。レコードがあったとしても聴ける状態なのか正直かなり不安。

使っていない食器やら古いアルバムやらが乱雑に収納された物置の一番奥にレコードを発見。しかし、ダンボールに入っているかと思ったのだが、意外なことに大き目の紙袋二個に入っている。どうやら社会人生活初期に東京で一人暮らしをしていた頃の荷物ではない。とにかく袋を持ち出して中身をチェックしたところ、出てきたのはレコード約50枚。150枚はくだらないと思っていたのでちょっと残念。

でも、袋から取り出してみると、ああ、なんと懐かしい。中学生から高校生にかけて小遣いを貯めては購入したレコードばかりが入っている。僕が大学に進学して東京に引っ越す際、実家に残したLPがそのまま残っていたのだ。

ぼろ物置でも風雨はしのげていると思ったが、どうやら風の方は100%しのげていないようだ。かなりの砂埃でLPの外袋が汚れている。外袋には当時、レコードを購入した店のクレジットが印刷してあってそれはそれで思い出深いのだが、ここまで劣化しているとあきらめるしかない。ただ、外袋のおかげでLPジャケットはあちこちシミがあるものの、虫に食われてしまった2枚を除いてなんとか無事だった。問題は中身。

すべてのLPを外袋から取り出し、ジャケットを固く絞ったタオルで拭きつつ、とにかくまず一枚聴いてみようと思って手にしたLPがドラティ/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団による「くるみ割り人形」組曲第1番と第2番。1975年の録音で、ジャケット裏で確認するとこのLPは1980年のプレスのようだ。オーディオチェック用に演奏のタイミングとオーディオ的チェックポイントが解説されている。

LPを取り出してみる。静電気で吸い寄せられた細かい埃で覆われているが、一見、盤面に大きな問題はなさそうに見える。早速、聞いてみたのだが、うーん、やっぱりスクラッチノイズが盛大に出る。まあ、おそらく25年以上放置されていたのだから仕方ないか。レコードクリーナーで拭いてみたがあまり効果がない。それならと思って、音溝に沿って固く絞ったタオルで拭いてみる。本来、精製水を使うべきだが手元にないので水道水で代用。経験上、レコード盤は見た目以上に強いことを知っているが、それに加えてダメもとでもあるので、割と大胆に磨いてみた。結果、まだノイズは残っているもののかなりの改善。何より幸いなことに目視ではカビが見当たらない。通常よりはるかに風通しの良い吹きさらしの環境が功を奏したか。この調子ならばエタノールと精製水の混合液で拭けば十分鑑賞できそうだ。

ドラティは若い頃からバレエ音楽のスペシャリストと呼ばれていたが、このくるみ割り人形組曲もバランスの良い端正な演奏だ。奇を衒ったところがなく、王道を行く解釈。高校一年生の冬に購入した僕にとって初めての「くるみ割り人形」のレコードだったが、この演奏のおかげですっかりこの曲が気に入り、その後、大学卒業までクリスマスの頃になると「くるみ割り人形」の同曲異演を買い続けた。ドラティは地味な指揮者だが、レベルの高い演奏をする人だと思う。この演奏も例外ではない。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしのレコード

子供の頃の懐かしい貴重なレコードとの再会ですね。
当時を思い出すと感慨深いものがあるのではないでしょうか。

私も子供の頃、小遣いを貯めてレコードを手にしていた一人です。
一枚買うのにどれほど迷ったものか。今思い出すと懐かしい思い出ですね。

私がクラシックに目覚めた子供の頃は、LPレコードを電気蓄音機(アンプと
スピーカが内蔵されたレコードプレーヤ)に乗せて聴いていました。今とは
全く比較にならない音質ですが、その頃の方がむしろ、今より音楽を心から
夢中になって楽しんでいた気がします。

ばけぺんさんの記事を読んで、これからクラシック音楽とどう向き合うのか
方向性が少し見えてきたような気がしました。

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

一枚のLPを買うのに迷いましたね~。僕の場合、2時間くらいレコード売り場にいることもしょっちゅうでした。一部でも残ってくれていて本当に感慨深いです。

どんなことを考えながら選んだかまで鮮明に覚えているLPもあれば、そんなに悩んで購入したはずのLPなのに所有していたことすらすっかり忘れていたLPもありました。今日は朝からずっと盤面の掃除です(笑)。

僕の場合、中学生の頃、親が当時ブームだったシステムコンポを突然買ったのがオーディオとの出会いだったのですが、その頃記憶している音と比較して、今、LPで聴く音楽があまりにも良い音なので本当にびっくりしています。

レコードを聴くために必要な手順も音楽に向き合うのに良い影響を与えるようです。ちょっと一曲飛ばそう、とかできない一方、長くても30分で盤面を裏返さなくてはなりませんし、不便極まりないのですが、こちらの方がなぜか一生懸命聴くようになります。どうも世の中の進み方とは完全に逆行しております。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク