ブルックナー交響曲第3番 : 朝比奈

537.jpg

神保町のディスクユニオンで朝比奈隆の1回目のブルックナー交響曲全集のCD(ジャン・ジャン原盤)を見つけて購入した。今でもタワーレコードで限定的に再販されているが17枚組みで4万円近くするので手が出せずにいたのだが、箱もまずまずきれいな中古が6,000円で買えた。

朝比奈隆のブルックナーは、神格化する人もいれば所詮日本人による二流の演奏と断罪する人もいて評価が分かれているが、私はこの人の演奏、特にブルックナーの演奏には特別なものを感じることが多い。

ジャン・ジャンによる全集は昭和50年代前半に録音されているので指揮者はもうすぐ70歳という頃の演奏だが、老いは微塵も感じられない。90歳過ぎて亡くなるまで生涯現役だったのだから当然と言えば当然か。この録音はブルックナーファンだった「ジャン・ジャン」のオーナーが朝比奈隆の演奏に惚れ込んで私財をはたいて実現したとして有名だが、そのおかげでこんな立派な全集が後世に残されたのだからありがたいことだ。後年再録音したものの方が完成度が高く録音も良い曲もあろうが、だからといって60歳代の演奏が残っているのと残っていないのでは大違いだ。

3番に関して朝比奈隆の演奏を聴くのはこれが初めて。5番の開始のイメージがあったので何となくゆっくり目の開始を想像していたが意外と快速に曲が始まる。いつもそうなのだが、この人の演奏のどこが素晴らしいのかを一つ一つ説明するのは難しい。オーケストラも万全とは到底言いがたい。特に管楽器はあちこちでふらふらする。が、第二楽章の深々とした味わいや最後の盛大な盛り上がりを聴いているうちに細かいことが気にならなくなる。良い演奏だ。

CD以上にLPを入手するのは難しいと思うが、いつかレコードでも聴いてみたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

朝比奈の第3は、ビクター盤、キャニオン盤を持っていましたが(今は中古屋さんへ旅立ちました)、ジャンジャン盤は聴いたことがありませんので、興味をそそられます。決して若くない頃の録音なんですね。

朝比奈さんの演奏は、全体を大きく捉えて聴くことが大事なんだろうなあと、最近つくづく思っています(反省)

朝比奈さん

sankichi1689さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

朝比奈隆さんの略歴をwikipediaで読むとその出生から大指揮者になるまでの道のりが普通の指揮者の方々のそれとずいぶん違うのにびっくりします。今の時代に生まれていたら型にはめられて指揮者自体になれなかったのではないかと思います。

朝比奈さんのライブ録音は演奏の細かい瑕を補って余りある音楽性を感じますが、とはいえ、もっと上手な演奏だったらどんなに良かったろうかとも正直思います。いまさら言っても仕方ないですが…。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク