LHH-P700(4)

LHH-P700が昨日、修理から返ってきた。土曜日には修理を実施した工房から販売店に戻っていたらしいのだが大雪のせいでデリバリーがままならかったようだ。それでも月曜日中に届いたのだから立派なものだ。都心の雪は融雪剤と交通量の多さでほぼ消えたが、田舎はまだまだ相当雪が残っている。この状況で配達に当たったヤマトの担当者もさぞかし苦労されたことと思う。

修理内容を見ると、「フォノ入力基板パターン修理・ハンダ補修、ライン入力基板ハンダ補修、プリアウト基板ハンダ補修、プリ増幅部ハンダ補修、各コネクター補修」とある。とにかくハンダを相当打ち直したようだ。腕に自信があればDIYでもできるのかもしれないが、自分には無理。保証が効いて何よりだった。

早速、繋いで音を確認する。LHH-P700が修理の間、V-LA1のフォノ入力で聴いていた時には別に不満を感じたことはないのだが、繋ぎ替えてみるとやっぱりかなり音が違う。P700の方がストレートで音の鮮度が高い。元気の良い音である。肝心のノイズレベルだが、修理前とは格段にノイズレベルが下がった。とはいえ、MCポジションでボリュームを上げるとそれなりにノイズがある。音楽が始まってしまえば気にならないのだが、結局、トランス経由でMMポジションに入れて聴く方が聴きやすい。何度か聞き比べた上でトランスを併用することにした。

販売店の担当者から途中経過としてこの製品がノイズに弱いと聞いたのでケーブルの引き回し方をいろいろ試してみた。最近、RCAケーブルにエフェメラケーブルを使用しはじめたのだが、このケーブル、シールドが透けて見えるほど薄く、見るからに外来ノイズに弱そうである。プラグを挿したまま(他の機材と接続したまま)ケーブルを手で持ち上げて動かしてみると明らかにノイズレベルが変わる。特に電源コードと交差したり接触するとノイズが大きくなる。P700の電源コードは直出しで付け替えられないので、できる限りケーブルとの干渉がないように注意が必要だ。プリアウトはラックの下段に向かうのでどうしても電源コードと干渉する。念のため、プリアウトはシールドのしっかりした別のケーブルを使うことにした。セッティングに注意すれば特に問題はない。

久しぶりに聴いてみるとこの小さなアンプの音の支配力の強さに改めて驚く。リモコンがないのが不便だが、それ以外は実に満足度の高いプリアンプである。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

P700、お帰りなさい

無事にメンテナンスを済ませてご帰還されましたか。良かったですね。

オーディオシステムにおける最小信号を扱うプリアンプがシステムの音をかなりの比重で支配するのですね。面白いですね。アナログは機器の入れ替えで顕著に音が変わるので苦労が報われますね。(^^)

こんばんは

ばけぺんさん、こんばんは
ご無事でご帰還できた?ようですね。道中は大変だったのでしょうか?ひとまず安心ですね。

akifuyu102さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。

はい、無事に戻ってきました。修理の間もいろいろ試してみたのですが、このプリアンプの音はとても良いです。プリアンプとパワーアンプでは圧倒的にプリアンプの音の差が大きいですね。とんでもない大音量派の方以外、パワーアンプの差はそれほど実感できないような気がします。

これでまたレコードが楽しく聴けそうです!

sankichi1689さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございます。

実家の積雪はすごかったです。新幹線以外の交通手段がほとんど麻痺状態で、コンビニから商品はなくなるし、そもそも駐車場が全滅状態で車での買い物ができませんでした。

ふだん雪が降らない地域は雪かきをしても雪を捨てる場所がないんです。側溝もないので道路の端に積み上げるしかなく、結果、車がすれ違えなかったり、大混乱でした。これ以上の雪はもう勘弁してほしいです。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク