メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」 : 小澤

1057426.jpg

akifuyu102さんのブログ「音楽いろいろ鑑賞日記」で推薦されていた小澤征爾/ボストン響による「真夏の夜の夢」。もともと大好きな曲の上、このCD、ジャケット写真も素敵なので早速、HMVで購入した。珍しいナレーション付きの全曲版であり、国内盤は吉永小百合さん、私が購入した輸入盤はJudi Denchがナレーションを担当している。

序曲から繊細でリズミックな演奏に心を奪われる。ボストン響の音色も優しくホールトーンを十分含んだ録音も良い。何より小澤征爾さんの指揮がここでは素晴らしい。全体的にきびきびとして若々しく、オーケストラの隅から隅まで表情豊かに音楽を盛り上げる。94年の録音なのでもう20年以上現役盤だが、つい最近までこんな良い演奏があるとは知らなかった。

序曲の次のスケルツオの終わり頃、唐突に結構な音量を持ってナレーションが始まる。ナレーション入りのCDは初めて聴くので通常こういうスタイルなのかどうか良く分からないのだが、正直、ちょっと驚いた。Judi Denchの英語が英国訛りで早口、かつ、詩の朗読なので何を言っているかはほとんどわからない(笑)。ただ、ブックレットに英語の台本もついているので英語の勉強には良い。キャスリーン・バトルとフレデリカ・フォン・シュターデの独唱はすごく良い。加えて合唱も上出来である。

ナレーションと演奏の息もぴったり。なのだが、国内盤は吉永小百合さんのナレーションということは、演奏とナレーションは後で合成しているということなんだろう。そうであったとしても不自然なところは全くないので違和感なく演奏を聴いていられた。

優秀な録音も含め、この演奏には死角がない。買って良かった!と思える名演奏。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。(^^)

ばけぺんさん、こんばんは。

お気に召されたようで安心しました。
やはりナレーションの登場時はびっくりされたようですね(^^)

小澤さんとボストン響もなかなか良いですよね。この頃の録音を
もっと聴いて見たい心境です。

良い演奏を教えていただきました。

akifuyu102さん、こんにちは。

とっても良い演奏、良い録音でした。90年以降くらいからの小澤征爾さんの演奏にはなんとなく距離を置いてしまっていて積極的に聴かなかったので、akifuyu102さんの記事がなければ聴くこともなかったと思います。やはり、食わず嫌いはいけませんね。

本当に、こうした名演を聴くとこの頃の他の録音にも興味がわきます。また良いものがあれば教えてください。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク