Fujifilm XF-1

Leica X-1を購入したと書いたばかりだが、実際、最近デジカメを使う時にはFujifilmのXF-1が定番である。Fujifilmのデジカメラインでは最高級シリーズがXシリーズだが、その一番下に位置づけられるXF-1は普通に便利なコンパクトカメラ。

しばらく前、中野のフジヤカメラをぶらっと訪ねたときに銀塩カメラまんまの姿をしたX-proやX100、X10が並んでおり、久しぶりにデジカメにグッと来たのだが、しかし実物を見ると結構大きい。

大きいと言ってもフィルム時代のレンジファインダーサイズなのだが、不思議なものでデジカメのような便利な機械にはその上を求めてしまう。ズームコンパクトのX20は一応、手にとってみたのだが、佇まいは美しいのにズーミングするとレンズが伸びて先細のレンズがむき出しになる。すごく欲しいとは思わなかった。

その中にまるで異母兄弟のようなXF-1が居心地悪そうに並んでいた。和洋折衷のような、なんというか不思議な装いのカメラだ。最初に見た時は論外のデザインだと思ったのだが、触ってしげしげと見てみるとなかなかどうして悪くない。もちろんズームリングを回転させる(そしてこれがスイッチである。)とX20の比ではなくレンズは突き出すのだが、このデザインだと仕方ないと思える。だって、これはデジカメであって芸術的工業製品である銀塩カメラとは違うのだ。まあ、いいかと思えるのだ。

pic_additional_01.jpg

機能は僕にとっては申し分ない。25mm-100mm換算の焦点距離は非常に使いやすい。合焦スピードも速くシャッターラグも少ない。一昔前のデジカメに比べると本当に進化している。明るいのは広角側だけで望遠側の開放絞りはぜんぜん大したことないが感度を高く設定できるデジカメの場合、それほどの問題はない。ぼけは期待できないが、そもそもこのセンサー面積ではぼけに期待するほうが間違いだ。

最近、忙しすぎてカメラを持ち出す機会がまったくなかったが、次の出張にはこっそりお供として持っていこう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク