SME Series III (2)

苦労して装着したSME Series IIIだが、大喜びでレコードを聴いていたのも束の間、また右チャンネルから音が出なくなった。。。

月曜日、珍しく早く帰れたのでヨドバシカメラの秋葉原店に寄ったところ、オーディオテクニカの50周年記念モデルであるAT-50anvがほとんど投げ売りされていて、思わず購入してしまった。家に帰って早速、SeriesIIIに付けてみたのだが、このカートリッジ、公称重量の10gより重いらしくゼロバランスがとれない。とりあえず針圧計で推奨針圧である1.8gにセットしたのだが、アームの高さも合わなかったので高さを調整した。さて音を出してみると右から音が出ない。キャリングアームの接触不良を疑って抜き差ししても復活せず。そうでないことを祈りながらアームを外してみると、やはり右のリード線が半田から外れてしまっている。

どうしてこうなるのかと思ってよく観察してみるともともと他の4本のリード線に比べて赤のリード線が妙に短い。さてはと思ってアームの高さを変えてみると案の定、アームを高く持ち上げると赤のリード線の長さが足りないのである。これでは、一定以上の高さにすると必ず断線する。ウエブサイトには「完動美品」と記載されていたのだが、ひどい話だ。

仕方ない。返送して修理してもらうしかない。そこそこ怒りに満ちたメールをショップに送ったところ、夜10時過ぎだったが、30分足らずで「送料着払いで送ってください。」と返信が来た。いつもと違って早くて丁寧だ。きっとこの欠陥に気づいていたに違いない。。。

カートリッジを取り外す際に、腹立ちのあまりつい力が入ってリード線を切ってしまった。これも合わせて残念ながら私のSeries IIIは修理に旅立って行った。

L1010888 (2)
取り外したSeries III。コップに入っているところも哀れだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひどいショップですね~

おはようございます。
リード線がアームの最大高で届かないなんて、欠陥ですよね。ばけぺんさんのこれまで費やした労力を考えると、そのショップを腹立たしく思います。時間を返せってね。
これはもう、そのお陰でアームの交換技術が向上でき、色々と経験出来たことを逆に感謝する方向に切り替えるしか気持ちの抑えようがありませんね。
すみません、ばけぺんさんのご苦労もわからずに偉そうなことを。Series IIIの無事のご帰還を祈っています。(^^)

励ましの言葉、ありがとうございます。

akifuyu102さん、おはようございます。コメントありがとうございました。

確かにひどいショップと思いますが、そこそこ有名なところなんですよねぇ。そもそもアームのエレベーターで大きく高さを調整するよりスペーサーを入れるのが常道だそうです。修理に合わせてスペーサー、ただでいただけることなりました。やっぱり、だんだんマニアックな領域に入ってくると、ある程度こちらにも知識と経験が必要ですね。

でも、確かにいい勉強させてもらってます。おかげさまでアームの構造もだんだんわかってきましたから。と、ポジティブに考えてます。

No title

せっかく苦労して断線箇所を見つけ出し、ご自分で修理までなさったのに、そういうことでしたか…。
ですが、ショップの対応ですべてうまく解決しそうで何よりです。私はほとんどショップを利用せず、ネット・オークションでの入手が中心ですので、多くはないですが、中には騙されて泣きを見たケースがあります。

ばけぺん様の Series III は、ですが、そんなに重大な故障でもなさそうですからすぐに戻ってくるでしょうし、AT50ANVのような高級品が安く手に入ったことですので、全体としてはオーディオ人生うまく行ってますよね。このカートリッジも Series III によく似合いそうなデザインですね。またキレイなお写真を楽しみしてます。

おはようございます。

のす爺ィさん、おはようございます。コメントありがとうございました。

そうなんです。
でも、おかげさまで昨日、修理完了して戻ってきました!特急対応でした。赤のリード線を継ぎ足してエレベーター対応したようです。おまけにスペーサーとなぜか6角レンチセットが付いてきました。昨日は遅かったので仮組して音出し確認だけですが治りました。結果的には自分で修理したのも良い体験になりました。ショップでもオークションでも古いものなのでこういうこともあるという考えで行こうと思います。

AT-50anvはのす爺ィさんのブログのV-15IVと同じように前半分を上から見せるデザインなので、見た目も性能もバッチリと思ったのですが、標準のウエイトではゼロバランスが取れず、しかも付属のネジでは長すぎて動物の角みたいに上に飛び出てしまいます。なかなか取り組み甲斐のあるカートリッジです(笑)。

160シリーズのお話、楽しく拝見しております。

No title

もう帰って来ましたか! やっぱりなじみのショップがあるってのはイイですね。

アームのゼロ・バランスの問題はともかくとして、カートリッジの取り付けネジの長過ぎるのは私もキライです。だから、どうしても合う長さのネジがない時には余分なところをチョン切ってでも合わせちゃいます。
なんか、ギリシア神話に、背の高い旅人が来ると小さなベッドに寝かせた上で、はみ出た部分を切って殺しては持ち物を奪ってたとかいう盗賊がいたのを思い出しました。確か、テーセウスに退治された悪党の一人でしたが…。

恐ろしい話ですね。。

のす爺ィさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

はい、今回ばかりは特別対応だったようです。とにもかくにもこれでしばらく落ち着いてレコード鑑賞に没頭できそうです。

オーディオテクニカのカートリッジの付属ネジはナットを使わず下からネジ止めする同社のシェルを想定しているみたいですね。私もそのうちニッパで切ってしまおうと思います。

それにしてもそのギリシア神話、初めて聞きましたが恐ろしい話ですねぇ。持ち物はあげるのではみ出た部分を切るのはやめてほしいです。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク