残念だったけど。

コロンビアが決勝進出を決めギリシアに引き分けた段階で、もしかしたらこれは奇跡的に決勝に出れるかも、と思ったのだが、やはり世界は甘くなかった。今日、羽田に到着してすぐにインターネットを見た時には同点だったのだが、帰宅してみれば1-4の完敗。ここまでの完敗だとまさにぐうの音も出ない。

出張と重なってしまったので、結局、コートジボワール戦の逆転負けしか観れなかった。残念無念。4年間死に物狂いで練習してきた選手の無念さはいかほどだろうか。

しかし、下手に引き分けたり、僅差で敗れたりせずに惨敗したのは将来の日本代表チームにとって良かったかもしれない。考えてみれば僕が子供の頃、本気でサッカーを頑張っているクラスメートなんてほとんどいなかった。初めてのW杯に出てからまだ16年、いつの間にかJリーグがプロ野球と肩を並べるような存在になって、ついにはセリエAの10番を背負う日本人選手が出たとはいえ、日本がサッカー後進国であることに変わりはない。はるか昔から全国民を挙げてサッカーに取り組んできた国々にやすやすと勝てると考える方が間違いだ。

今日の悔しさを糧に若い選手がどんどん出てきて本当に強いチームになるまで息長く応援することが大切だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク