ベートーヴェン交響曲第7番 : クライバー

539.jpg

クライバーの7番にはレコードデビュー当初のウィーンフィル盤もあるが、こちらは82年5月に行われたバイエルン国立管弦楽団とのライブ録音。ベーム追悼コンサートとして4番とともに演奏・収録されたが、チャリティ目的で早々にレコード化された4番と違って、この演奏は長らくリリースされなかった。4番同様にオルフェオレーベルから発売されており、マルチチャンネルありのハイブリッドSACDになっている。企画物を除くとクライバーのSACDはほとんどないのでその点でも貴重だと思う。

SACDステレオレイヤーで聴いてみた。ライブの雰囲気そのままに拍手から始まる。会場からのノイズも結構聞こえる。演奏が始まると4番と同じように抜群のテンポとリズム感で冒頭からぐいぐいと引き込まれる。フルサイズのオーケストラにしては全体に軽やかな響きだが、クライバーの指揮との相性はすごく良い。木管の響きが特に美しい。

第2楽章は実にスピーディでかつ緊張感に溢れた演奏である。一瞬の淀みもない。ここでもオーケストラはクライバーの指揮にきっちり付いていく。部分部分ライブならではの危なさもあるが、それすらこの演奏の魅力と言える。最後の弦のピチカートが鮮やかで印象的。

第3楽章もすごい迫力。中間部の強奏時は全力だ。弦楽器が細かいパッセージを受け渡していく時の畳みかけ感がすごい。すごいすごいと思っているとほとんどアタッカで最終楽章に入る。その後はもう興奮のるつぼだ。これでもかこれでもかという感じでどんどん音楽は盛り上がり、そしてフィナーレ。

最後の拍手、遅れてのブラボー、足踏み。聴衆も大興奮の超名演。

輸入盤だからなのか、もしかしたらすでに廃盤なのか、この演奏はレコ芸の名曲名盤500では1点も得点していない。対照的にウィーンフィル盤は1位に選ばれているが、興奮と感動から言うと個人的にはこちらが上だと思う。

CDレイヤーで聞くとオーケストラの広がりが薄れ、楽器の分離が悪くなる。良くも悪くも音が荒っぽい。その分、ライブ演奏の危うさみたいなものは増して聴こえる。どっちにしても演奏の素晴らしさを伝えるには不足なし。名盤。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク