ホルスト 惑星 : Steinberg

惑星をホルストが作曲したのは1914年から1916年にかけてということだからだいたい100年前だ。勝手な想像だがずいぶんモダンな着想ではないか。曲も格好いい。

僕がこの曲を最初に聴いたのはオーケストラではなく冨田勲のシンセサイザーバージョン。ヘッドフォンで聞くと頭の中を音がくるくる回ってしばらくハマっていた。その後、オーケストラでの演奏を聴き、その管弦楽法の見事さにびっくり。それ以来、飽きることなくいろいろ聴き続けている。

スタインバーグの演奏は1971年の録音だからもう40年以上カタログにある。この人のこと、なぜか思い込みで長い間ジョン・ウイリアムスみたいなハリウッドの人かと思っていた…。

827.jpg

最近になって購入したがこの演奏、何と言っても超快速な火星がすごい。テンポが早いだけでなく5拍子の1拍目に強いアクセントを置くので前に進む勢いがさらに強調されてちょっと他の演奏では感じられない前のめり感なのである。癖になる。

火星の印象に隠れがちだが、木星、天王星を含め均整のとれた快演だ。手持ちのCDにはツァラトゥストラかく語りきが併録されており、こちらも一聴に値する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク