SHURE M44G

L1010976 (2)

TD321Mk2に装着した3009 Series IIIに装着するMMカートリッジとして長いことShureのV15シリーズを探しているのだが、これがなかなか見つからない。全然ないわけではないのだが、程度と価格との見合いでこれはと思うものがない。あるとあっという間に売れてしまう。どこにそんなにレコードを聴いている人がいるのかと思うのだが、人気のある製品の足はすごく速い。

それならと思って新品でも5,000円を切る価格で購入できるM44Gというカートリッジを買った。M44シリーズのオリジナルは63年まで遡れるらしいので、超ロングラン製品。今となっては商品のパッケージもDJ用途を全面に押し出しているが、ネットでのレビューではきちんと使えばハイファイ用途にも使えるとあったのでわくわくしながら装着した。

まずはジャズ、定番中の定番である「モーニン」を聴いたのだがいやはやびっくりした。めちゃくちゃ良い。良く言われているように音が太いが、これは出力が大きいことも影響していると思う。高音が伸びないという評価も見たのだが、まったくそんな風には感じなかった。金管とドラムは最高。ベースも分厚く、ノリノリで聴ける。

物は試しと思って昨日じっくり(実は3度も)聴いたスメタナの「わが生涯より」も聴いたのだが、ある意味、こっちにはもっとびっくりした。少し高音に艶が乗って最高音部では音がきつめではあるが、弦楽器の再生も悪くない。ShureのMMカートリッジはこのレコードが録音された68年の段階で、特にアメリカにおいてはカートリッジのゴールデンスタンダードだったと思う。このレコードを聴いていると、まるでこのカートリッジで再生されることを想定していたかのようだ。

結論。M44Gの価格対性能比はもの凄く高い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですよね、シュアー

…のカートリッジはだいたいベーシックなモデルになるほど高音がキツイんですよ。V15 シリーズの中では type III にこの傾向が若干感じられます。ジャズ・ファンの方々がとりわけ type III を珍重なさるのもそのせいなんじゃないかなァ…なんて思ってます。

こんばんは。

のす爺ィさん、こんばんは。コメントありがとうございました。

Shureのカートリッジ、高校生の頃に安いものを購入して聴いていたと思のですが、ほとんど記憶に残っていませんでした。今回エントリーレベルのM44Gを聴いて、価格に見合わない音の良さに感動しました。

高音のギラギラ感はレコード盤によってずいぶん違います。曲によってはシンバルの音があたかも目の前で誰かが実際に金物を叩いているように鮮明に聞こえます。鮮明過ぎて他の楽器が隠れてしまうくらいです。

針圧とかイコライザーで音が変わりそうなのでぼちぼち楽しんでみようと思ってます。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク