シェルリード線を交換してみた。

プレーヤー、フォノイコライザー、トーンアーム、カートリッジ、スタビライザー、ターンテーブルシート、カートリッジシェルと一通りあれやこれや試してみるとそのうちシェルリード線を替えたくなる。

というのは、オーディオ好きがアナログを始めるとみな共通して体験するのではないだろうか?順番と密度と速度は人それぞれだとしてもだ。

だいたい、このケーブルというのは質(たち)が悪い。まず、入口のハードルが比較的低いので、「このくらいなら良いか」という感じで始めるのだが、気を付けないとたちまち泥沼に落ちる。しかし、CDとアンプの間やアンプ間、それにスピーカーケーブルの場合、高級品は価格があっという間に天文学的数字になるので本当に泥沼に落ちる人の数は知れていると思う。何十万とするケーブルを中古で結構目撃するが、ああいうケーブルは特定少数の人達が何度も買い換えているに違いない、と思っている。

それに比べるとシェルリード線はある意味もっと質が悪い。たかだか数センチメートルのケーブルなので4本必要と言っても普通のオーディオケーブルよりもはるかに安いのだ。ボリュームゾーンは数百円から数千円。たまにたかだかリード線なのに数万円するものもあるが、これは詐欺に違いないと最初から決めてかかることにした。それだけの投資をするならカートリッジを追加する方が楽しい。

前置きが長くなってしまったが、最近、リード線をオークションで購入してみた。オークションでは自作のリード線がたくさん売られている。その中でもかなりの長期間、継続的に販売している方のものを選んで買った。価格はちょっとしたランチ代くらいだ。文章から音をイメージするのは難しいが、なるべく素直な音がしそうなものを選んだ。

興味がない方にはわからないかもしれないが、このリード線を付け替えたり、カートリッジをシェルに付けたりという作業自体がとても楽しいのである。最初はピンセット一本ですべての作業をしていたので難行苦行だったのだが、ラジオペンチと千枚通しを揃えてからは作業が圧倒的に楽になった。こうなるとこの細かい作業が楽しくて仕方がない。

購入したリード線は古い単線をベースにしたもので、カートリッジやシェルに付属してくる撚り線に比べるとかなり硬い。イメージ的には芯のある硬い音が出そうだが、実際に出てくる音はとてもしなやかで抜けが良い。特定の音域を強調するような癖もなくて聞いてて心地良い。カートリッジから取り出される最も繊細な電気信号が最初に通るケーブルだからか、たとえばCDプレーヤーからアンプをつなぐケーブルを取り換えた時と比べて交換前後の差は結構大きい。実感できる違いがある。では、いつもこれくらい違いが出るかと言うとそうとも言い切れない。中古で購入したカートリッジに付いていたリード線と別のシェルに付属のリード線を交換したりもしたのだが、正直、違いがわからなかった。線材や撚り方によって差があったりなかったりするのかもしれない。

目下一番の関心はSeries IVのリード線。ユニバーサルシェルと違って、何度も交換するのはしんどい。長い間飽きが来ないリード線を探そうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク