逆転サヨナラホームラン

開会式直後に殊勲の勝利を挙げた春日部共栄高校は二回戦で散ってしまったが、今日は以前短期間だけ住んでいたことのある新潟の代表校、日本文理高校の試合があった。

僕が住んでいた頃の新潟代表の力は率直に言って全国レベルとは言えない状況で、特に夏の甲子園で上位進出することはまずなかったのだが、最近はめっきり力をつけてきている。それを全国に印象付けたのが準優勝した2009年の日本文理高校だった。今や広島の4番になった堂林投手率いる中京大中京高に敗れはしたものの、6点差で迎えた9回にツーアウトランナーなしから5点取った試合は今でも鮮明に記憶に残っている。

弱かった頃の北信越勢はどうしても打力で見劣りしたのだが、あの年以来、日本文理高校はむしろ打のチームという印象に変わった。それに勝負強い。あきらめないというか、負けていてもひょっとしたら逆転するかも、という気持ちを持てる。2009年以降はなかなか勝てないでいたのだが、今年はプロも注目するエース投手を擁し、久々に期待できるチームになった。

今年は北信越5校がすべて初戦を突破するという快挙の中、今日はお隣富山県代表との3回戦である。仕事中でテレビ観戦はできなかったのだが、デスクにいても会議中もなんとなく気になる。前半はリードしていたのだが、しばらくしてPCを覗いてみると逆転されていた。相手の富山商のピッチャーも良い。これはもうダメかな、と気落ちしながら仕事に戻った。

またしばらくしてPCを覗くとヤフーのトピックスに「逆転サヨナラホームラン」とあるではないか!なんと、やっぱりやってくれた。会社には申し訳ないが、もう仕事どころではなくなって、ハイライト動画だのインタビュー記事だのをチェックして悦に入っていた。母校でもないのに、どうしてこんなにうれしく思えるのか自分でも不思議である。

日本文理高校のおかげで今日の僕はとてもハッピーな気分になれたのだが、実は一番感動したのは逆転ホームランよりも敗れた富山商業のエースのコメントだった。後で知ったのだが、富山商は逆転した回を勝負とみてエースに代打を送っていた。その結果、逆転が実現したのだが、その後は控え投手に頼らざるを得ない。そして9回裏にその投手がサヨナラホームランを被弾した。

ハイライト動画も見たが、その瞬間、マウンドにいた岩城投手は文字通り茫然としていた。その瞬間から彼の心にはどんなことが去来しただろうか。その彼に対するエースのコメントが素晴らしい。「岩城で打たれたのならば仕方ない。」

やっぱり高校野球って良いなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

記事を見てから、私もなんとなく追っていたのですが、日本文理高はまた勝ちましたね。終盤でもきっちり加点していくところ、なかなかです。たしかに仕事中でも気になりますね(笑)、気持ちわかります。

sankichi1689さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

そうなんです。次は準決勝です。2009年のリベンジをしてほしいのですが、実は準決勝の相手、三重高校の三重県にも私は住んでいたことがありまして。。これはどちらを応援するか難しくなりました。というか、どっちが勝っても決勝まで応援できるので幸せということかもしれません。いずれにしても月曜日は終日会議なのですが、「心ここにあらず」決定です。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク