ラヴェル「ダフニスとクロエ」全曲 : マゼール

10641436_th.jpg

ロリン・マゼール/クリーブランド管弦楽団の演奏による「ダフニスとクロエ」全曲。マゼールはNYP/VPOと組曲を残しているが、全曲版はおそらくこれが唯一の録音だと思う。

マゼールのラヴェルと言うとフランス国立管弦楽団とのアルバム以外聞いたことがなく、中古ショップで発見するまでこの演奏の存在も知らなかった。

僕の中で「ダフニスとクロエ」のスタンダードはブーレーズ/NYPの演奏だが、それと比較してもこの演奏は極めて優れたものだと思う。ブーレーズ盤は終始、薄いヴェール一枚透かして情景を描写したような神秘的なムードが漂うが、このマゼール盤はヴェールを剥ぎ取ったような、鮮明で生々しい演奏である。

一見、オーソドックス、しかし、マゼールらしくそこここに細部のデフォルメや細かい表情付けがあって聴き手を飽きさせない。クリーブランド管の演奏は実に巧く、発音がはっきりと聴きとれる合唱も良い。これには各楽器、合唱の音を鮮明に捉えた録音も大きく貢献している。お薦めの演奏だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク