47研究所 4708

先日、カートリッジのシェルリード線を交換したことを記事にしたが、このリード線に替えて音のピントが合ったというか、音が引き締まって軽快になった上、必要なだけ高音も低音も出ることがわかった。このリード線は線径の細い単線だったのだが、同じような太さの撚り線だけでなく、ちょっと高級なシェルに付属していたもっと太い撚り線のリード線よりもずっと自分好みの音だった。

ずっと前にケーブルについて記事を書いたことがあるが、僕はなるべく色付けをしないケーブルの方が好きだ。世の中にあるどんなケーブルも完全に無色透明とは行かないだろうが、できる限り固有の音はない方が良い。ケーブルの癖が強くてプレーヤーやカートリッジを変えても同じように聞こえる支配力の強いケーブルはできれば避けたいと思っている。

細い径の単線には、それはそれで固有の音の傾向があるのかもしれないが、リード線で好感触だったので、スピーカーケーブルも細い単線に変えてみることにした。その気になって探すと細い単線と言ってもいろいろな種類のケーブルが手に入る。その中で僕が選んだのは47研究所の0.4mm単線。「4708」というのは単線と専用プラグがセットになった自作用のキットだが、キットの内容物それぞれがオヤイデ電機のHPでばら売りされている。今回は単線と専用バナナプラグを購入した。(スピーカーがバナナプラグ非対応なのでアンプ側のみ。)単線が約300円/m。ただし、プラスマイナスで2本必要だ。バナナプラグが1個500円程度なので、全部で5,000円くらいの投資である。

47lab_04mmtansen_001_800_1.jpg
この宣材写真では実物のイメージがイマイチわかないのだが、0.4mmというのはかなり細い。スピーカーを正面から見るとツィーターのボイスコイルから配線が少し見えるのだがほとんど同じかそれよりも少し細いくらい。単線を薄いブルーのポリエチレンで包んだ構造。ものすごく軽い。

芯線が細いので絶縁体を剥くにはケーブルストリッパーがあった方がいい。手持ちのストリッパーは最小径が0.5mmだがそれでも芯線を傷つけることなく上手く剥けた。ただし、あまり力を入れて一気に握ると芯線もろとも折れてしまう。

専用バナナプラグは単純な構造だが良く考えられていて、簡単かつ確実にケーブルを接続することができる。バナナプラグを使えないスピーカー側はとりあえず裸のまま接続した。ターミナルのネジに比べて芯線があまりに頼りなくてちょっと不安だが導通に問題はないだろう。

考えてみるとスピーカーケーブルを交換するのは久しぶりだ。ちなみに今まで使っていたケーブルは今回の買物に比べれば数倍高価なケーブルである。早速、聴いてみる。違いを見極めるために集中するまでもない。新しいケーブルの方がはるかに軽やかで切れの良い音がする。高音域の解像感と音圧が上がったせいか、全体に少し高音よりにシフトしたが、今までのケーブルもそれほど太いものではなかったせいか、比較して低音域が物足りないようなこともない。とにかくストレスのないサラッとした音で非常に好印象。僕にはこれで十分だ。

こうなると他のケーブルも根こそぎこのケーブルに置き換えたらどうなるか気になるのだが。。。まあ、しばらくは自制しよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ケーブルの表皮効果

ばけぺんさん、こんにちは。

スピーカーケーブルも単線に変更して音質が改善されたようで良かったですね。
電気信号は周波数が高くなるほどケーブルの表面に近い場所を流れるそうで、ご存知かと思いますがこれを表皮効果と呼ぶそうです。audioquestによると「従来の撚り線導体では、表皮効果によって電流が撚り線から撚り線へとジャンプするのを助長するので音にざらつきが生じます」とありました。まさにこの材質の差を体感されたのですね。また「単線であっても太ければ良いと言うものではない。」四十七研究所で謳われていたこの線径の話については他のWebでも同様の解説がありました。単線説は有力ですね。http://dm-importaudio.jp/audioquest/about/cable/index.html
今度のご出張は北米ですか。体調管理には十分にご留意ください。どうぞ、お気を付けて。

おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。日本時間ではこんばんはですね。

返信が遅れて申し訳ありません。コメントありがとうございました。

ケーブルに関しては色々な説があって何が正しいのか皆目わからないのですが、今回のケーブル交換は実感として正解だったと思います。47研究所には単線の課題を克服するために薄くて幅広なきしめん形のケーブルもあって、そちらはずっと高価なのでこだわる方にはそっちの方がさらにいいのかもしれません。

いつものことながら日中は時差ぼけで朦朧としています。体調崩さないように気をつけます。

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク