ノイズが取れた。

以前、何度か音楽を聞いていない時にスピーカーから聴こえるノイズの話を書いた。最初はハムノイズかと思ったのだが、とあるショップにそれは広帯域アンプに特有の共振現象である可能性を指摘され、そのショップの勧めに従ってアンプメーカー指定のケーブルを使ってみた。残念ながらノイズは取れず、結局、そのノイズはアンプ本来の残留ノイズなのだろうということで終わっていた。

スピーカーをQUADのESLに変えたところ、不思議なことにそれ以前に比べてノイズが気にならなくなったのだが、最近、別の興味からとあるメーカーの製品を借りてプリアンプとパワーアンプの間に挿入したところ、ノイズが劇的に減少し、耳を近づけなければまったく聞こえなくなった。そもそもこの製品の目的はノイズ抑制そのものではなく、複数の機器のグラウンドを切り離して音場の拡大を図るという変わったコンセプトなのだが、結果として長い間気にしていたノイズから解放された。

この製品を繋ぐ前後の機器は必ず電源を2Pプラグで取るよう指定されている。試聴機には3P-2Pの変換プラグが付属していたのでこれを使ってアースピンを浮かしている。3Pプラグを使用することによるアースループの問題はFidelixさんのサイトにある技術解説で読んだことがあり、実は以前にもプリとパワーの電源を2Pプラグで取ったことがあったのだが、その時にはノイズに変化がなかった。パワーアンプ単体でノイズが極小なのは確認ずみなので、問題はプリアンプにある。プリアンプにはソース機器が繋がれているのでそれらの機器のグラウンドに由来するノイズが流れ込んでいるのかもしれない。

そもそも日本のコンセントは一般的に2P用であるにもかかわらず、アフターマーケットの電源グッズはほとんどが3Pプラグを前提にしている。そのため、今までなんとなく3Pプラグの方が音が良くなると信じていたが、実際にはそうでもないようだ。現にFidelixさんのサイトでは可能な限り2Pプラグの使用を薦めていたと記憶する。では、なぜ巷にはこんなに3Pプラグが溢れかえっているのだろうか?

どうもオーディオ製品の科学については本当のところが分からないことが多い。今回借りた機器はアンプ間に挿入するので従来、プリアンプとパワーアンプを繋いでいたケーブルに加えてもう一本ケーブルが必要になった。手持ちのケーブルを何本か試したところ一番しっくりきたのがラダー型ケーブルだった。久しぶりにラダー型ケーブルのメーカーであるマルチョウ・エンジニアリングさんのサイトを読んでみると、良いケーブルの条件が記載されており、ノイズ耐性等々の条件はあるものの、基本的には軽薄短小が良いとされている。これは47研究所の主張とも合致する。となると、オーディオショップに並ぶあの超高価な極太ケーブルは一体何なのだろうか?そうしたケーブルをべた褒めするオーディオ雑誌のレビュー記事も不可解だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク