チャイコフスキー交響曲第1番「冬の日の幻想」 : スメターチェク

757.jpg

86年に亡くなったヴァーツラフ・スメターチェクは「チェコのカラヤン」と呼ばれるほど早くから国際的に活躍していたそうだ。ノイマンと同じ名前でスメタナみたいな苗字なので名前は知っていたが、この人のアルバムも買ったのはこれが初めて。はるか昔に読んだ名曲名盤的な本ではボロディンの交響曲の名演として、たしか、この演奏を挙げていたと思う。そちらはまだ聴いていないのだが、先に聴いた「冬の日の幻想」の感想から書こうと思う。

先に結論を書いてしまうとこの「冬の日の幻想」はすごく良い演奏だった。55歳頃の録音だが、もっとずっと若い天才指揮者が指揮しているみたいだ。第一楽章冒頭から素晴らしく歯切れが良い快速な演奏に驚かされるが、さらに驚くのはオーケストラのコントロール。プラハ交響楽団というチェコ・フィルの陰に隠れたオーケストラが演奏しているが、ひんやりした空気と暖かい光が入り混じったようなこの曲独特の雰囲気を完璧に表現している。

とにかく最初から最後まで素晴らしい名演。あんまり良いので、そのままもう一度聴き直した。61年の録音でハッキリ言って録音は良くない。ダイナミックレンジが狭く、強奏時には音が飽和する。これがもし最新録音だったら。。。と思わなくもないが、同時に録音の良し悪しなど関係ないと思わせる演奏だ。名盤。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

何やら凄い名盤を入手されましたね。

ばけぺんさん、こんばんは。

いやぁ~、やっぱりチャイコフスキーの交響曲は良いですねぇ。
私の明日のメニューはこの1番で決まりです。
スヴェトラーノフ/ロシア国立響で聴こうと思います(^^)

おはようございます。

akifuyu102さん、おはようございます。コメントありがとうございました。

はい、この「冬の日の幻想」は本当に良かったです。一晩明けて読み返してみると興奮で文章が整っていませんね(笑)今日は台風の影響なのか、こちらはかなり涼しく、チャイコフスキーを聴くにはもってこいの気温です。

私は一日、家にいることにしたのでゆっくり音楽を聴こうと思っております。

スメターチェク

ばけぺんさん、こんにちは
スメターチェクという指揮者は実は私は聴いたことがありません。ご紹介いただきましたのでHMVさんのページで試聴してみましたが、確かに冒頭から歯切れのいい演奏ですね。レビューも上々のようです。ちょっとヴェールに包まれた指揮者という感じです。

sankichi1689さん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

私もスメターチェクの演奏を聴いたのは初めての経験でした。ライナーノーツによれば、チェコではたくさんの録音を残しているとのことですが、日本で入手できるものはごくわずかのようです。何度か来日もしているのになぜか日本ではほとんど知られていないですね。

「冬の日の幻想」も良いですし、今日はカップリングのボロディンも聴きましたが、こちらも説得力ある名演でした。1,000円そこそこのCDなのでCP非常に高いです。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク