チャイコフスキー交響曲第1番「冬の日の幻想」 : ロジェストヴェンスキー

最近、仕事がとみに忙しくなってなかなかのんびり音楽を聴くことができない。ちょっと田舎住まいで通勤に時間がかかることもあり、朝早く家を出て夜遅く家に帰る日が続いている。

昨日も今日も朝からミーティング続きだったのだが、昨日の昼、ちょっとした空き時間に神保町まで行ってその道では割と有名な中古レコードショップで購入したのがロジェストヴェンスキー/モスクワ放送響の演奏による「冬の日の幻想」。72年の録音なので41歳の時の録音になる。

スヴェトラーノフやフェドセーノフに比べてロジェストヴェンスキーの演奏はなぜかあまり聞く機会がなく、個人的には印象も薄い。唯一記憶に残っているのはショスタコーヴィチの交響曲だが、演奏は良いのに録音が悪すぎて残念な印象しかない。

お店にはこれとカラヤンの「冬の日の幻想」のLPがあったのだが、ちょっと興味を惹かれてこちらを購入した。聴いてみるとなかなか良い演奏だった。テンポは決して遅くないが全体にたっぷりとした余裕を感じさせる演奏で管楽器と弦楽器のバランスも良い。ロジェストヴェンスキーはキャリア初期ボリショイ劇場でバレエ指揮者として活躍したそうだが、なるほど第三楽章なんてちょっとバレエ音楽を聴いているようだ。リズム感に優れ細部の描写が見事。特に木管の響きに魅せられる。チャイコフスキーは全集になっているので他の交響曲の演奏も聴いてみたくなった。

80年代に録音されたショスタコーヴィチと違い、最強音で少しダイナミックレンジが厳しい感じはするものの観賞するのに問題はまったくない。ムラヴィンスキーの録音でも感じたがソ連ものも70年代までは十分に聴ける。共産主義体制の腐敗とともに録音技術も廃れていったのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ロジェストヴェンスキーさんの指揮

ばけぺんさん、こんにちは。

とてもお忙しそうで大変ですね。

ロジェストヴェンスキーさんが読響でチャイコの4番を振っているのを日テレのオンデマンドで観ました。
読響も中々やりますね。名演だと思います。動的で熱狂的な指揮とは真逆の終始冷静さを保った静的な指揮でした。
なのに演奏はとても感動的。指揮とはこうあるべきかなと。その姿がとても印象的でした。

http://vod.ntv.co.jp/f/view/?contentsId=3863#__utma=1.1383426399.1409205129.1414191503.1414706391.15
&__utmb=1.2.9.1414706463302&__utmc=1&__utmx=-&__utmz=1.1413882261.13.10.utmcsr=akifuyu102.blog.fc2.com
|utmccn=(referral)|utmcmd=referral|utmcct=/&__utmv=-&__utmk=162160572

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。コメントありがとうございました。

以前、教えていただいた日テレオンディマンドにロジェストヴェンスキーの指揮もありましたか!早速、観てみます。

ショスタコーヴィチも今回のチャイコフスキーもなかなか雄弁な演奏でしたが、静かな指揮振りとなると、きっと練習の段階できっちり解釈を伝えているんでしょうね。なんだか一気にこの指揮者に興味が出てきました。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク