ブルックナー交響曲第3番 : ドホナーニ

4988005787101.jpg

昨年、紹介したドホナーニ/クリーブランド管のブルックナー交響曲選集から、今日は3番を聴いてみた。この選集の5番を紹介したのが昨年の11月9日。コメントを読むとその日の気温は12度とある。今週末も寒そうだ。なんだかんだ言っても季節はきちんと巡っている。

実は昨年の今頃まで僕はブルックナーの3番をほとんど聞いたことがなかった。セル/クリーブランド管の3番と8番のCDを買ってからすっかり3番がお気に入りになった。曲の長さがちょうど良いし、なんというか内容に過不足がない。初稿から始まって複数のバージョンがあり、それぞれの違いが大きいところもいろいろな演奏が楽しめて良い。

このドホナーニ/クリーブランド管はエーザー版を使用している。そのせいで曲のあちこちで馴染み深い第三稿とは違う展開が聴ける。演奏は大変立派なものだと思う。全体として正攻法でオーケストラを開放的に響かせている。フレーズは決して溜めず、特にフィナーレは一気呵成に進む。この演奏で特筆すべきは内声部の動きが手に取るようにわかること。特に第二楽章でそれが顕著。クリーブランド管の透明な響きもそれに一役買っている。名演。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

11月にしては珍しく大型の台風が北上しています。 
太平洋側の海上を通過するようですが、それにしてもほんとに台風が大型化して来ましたねぇ。

ブルックナーの3番は私も今年に入ってから知った曲ですが、けっこう好きになりました。仰るように曲の長さがちょうど良く、全編イケてますよね(^^)私が聴いているのはクーベリック / バイエルン放送響(エーザー版 第2稿)と飯森範親/山形交響楽団(初稿)ですが、どちらも演奏、録音ともに気に入っています。

こんばんは

ばけぺんさんと、ほぼ同じような感想を持ちました。いい演奏だと思います。この選集の中でも一押しですね。

フィナーレは第三稿は何か物足りなく、エーザー版の方を好む点からも好きな演奏です。

akifuyu102さん、おはようございます。

おはようございます、コメントありがとうございました。

連休明けからシンガポールに来ております。返信が遅れてしまい失礼しました。

また、台風が来ているのですね。明日、金曜日には帰国するのですが、あまり天気が悪くないと良いなあ。

ブルックナーの3番、曲が面白いせいか5番と同様、どの演奏を聴いてもそれぞれの良さがあって楽しめますね。次は私も飯森/山形の演奏を聞いてみたいと思ってます。

sankichi1689さん、おはようございます。

おはようございます、コメントありがとうございました。

sankichi1689さんのおっしゃる通り、あえて言えば、この曲はフィナーレの盛り上がり方がもう一つですね。その点、全体としては盛りだくさんの初稿が一番あっさりしている感じです。ドホナーニの演奏は最後の部分、フレーズはためないながらもテンポも適切で堂々としていると思います。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク