ESL63ProとEvanui μ

導入初期に故障続きだったESL63は最近、大きな問題もなく順調に稼働している。厳密に言うと電源投入後一時間くらい、二台のうち左側スピーカーに使用してる個体が不定期にノイズを発することがあるのだが、その後はまったく静かになる。このノイズは前にも書いた「薄い紙を破いた時のような音」なのだが、原因不明、正体不明である。最初は振動膜が破れているに違いないと思っていたのだが、ノイズが一日中まったく出ない時もあり、もしかしたらこれも電源由来の問題か?とも思う。いずれにしても実用上は問題ないのだから良しとしよう。

しばらくの間、ESLを押しのけて主役に座っていたEvanui μだが、今はベンチを温めている状態。キレの良い中高音は素晴らしいのだが、やはり曲によって低音不足が否めない。フォステクスのサブウーファー併用で聴いていたのだが、スピードの問題よりも音色が合わないのがだんだん気になってきてしまった。

高音から低音まで揃ったESLのスピードとμの中高音の切れ味、それに無指向性ならではの空間表現を併せ持つようなスピーカーがあったら理想だなあ、と思っているうちにふと気づいた。ESLにμを追加したらいいんじゃない?

IMG_0659 (2)
ということでやってみました「ESL μ」。ESLが三角形の帽子を被っているみたいだ。

並列に繋いだだけなのでスペック上、かなりの音域が重なることになる。これでμが普通のスピーカーだったら二つのスピーカーが干渉しあって話にならないだろうが、μは放射状に音を出すので何とかなるかもしれない。と思って、とにかく音を出してみた。

このところまったく使っていなかったので最初μは非常に奥ゆかしく鳴っていたのだが、だんだん調子が出てきた。それに連れて中高音がどんどん鮮やかになってくる。正直、思った以上に悪くない。背が高くなった上に天井に向けて音が出ている効果か全体的に音像がかなり上に移動する。

しかし、というか、当たり前というか、しばらく聞いているとだんだん粗も気になってきた。まず、特に一部の音域で定位がぼける。それに、例えばピアノの高音部でタッチが不鮮明になる。上下左右のステージ感は増したが、奥行がなくなってしまった。音としては面白いもののステレオイメージの点では問題ありだ。

帽子の位置をあれこれ移動させてみたのだが、本質的な解決にはならず結局元に戻した。複数のスピーカーを同時に鳴らして全体をまとめるのは大変だという勉強になった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ばけぺんさん こんばんは。

こういう試み好きだなぁ(笑) 頭で考えるより瞬間のひらめきで即 行動に移す事は 意外と出来そうで出来ないものです。

それにしてもEvanui μの もうワンランク上の物が出れば良いですね。
確かこの上だと200万と400万だったかな? 量産は難しいから作ってくれないかな!

ありがとうございます。

キタサン、こんばんは。

好意的なご意見ありがとうございます(笑)!良いアイディアだと思ったんですけど、やっぱりそう簡単ではないですねえ。思ったよりも良い音でしたが、失うものも多かったです。

しかし、同時に鳴らしてみてμの切れ味の凄さが改めて実感できました。もしかしたら音のスピードはμの方が速いかもしれません。小さな振動板の効果でしょうか。本当にキタサンのおっしゃるとおりで僕もμとフラッグシップの中間のスピーカーが欲しいです。

最近、ソニーからも磁性流体を応用したスピーカーが出ましたし、ほかにも同様のアイディアのスピーカーを販売しているショップがありますが、Viv Labとの関係が気になります。特許料でももらっていればμの続編の開発費用ができそうですが、ずっと改良版の販売が延期になっているのがやや心配です。

アレ?

ばけぺんさん こんばんは。

本当にソニーから磁性流体のスピーカー出ていますね!

知りませんでした。 この技術って特許とっているのですかね?

あたかもソニーが自分が先に考えて出したような宣伝をしている記事内容でしたが…

特許は厳しいですかねえ。

キタサン、そうなんですよ。私はたまたまソニーの商品の記事を見つけたのですが、いかにもソニーが世界で初めて開発したみたいな記事なんです。

磁性流体スピーカーで検索するとほとんどソニーの記事しか引っかかりません。どうやら磁性流体そのものをスピーカーに応用することは昔から普通に行われているようなので、Viv Labの専売特許というわけでもなさそうです。

もともとたくさん売れるスピーカーではないでしょうが、ソニーみたいな大企業が大量生産して単価が下がれば下がるほど商売としては厳しいでしょうね。Viv Labから無事に続編が出てくると良いのですが。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク