ESL63 proのセッティング

ESLを購入して3か月。まだ3か月しか経っていないと考えるとちょっと驚き。毎日のように向き合っているのでもうずいぶん長い付き合いのような気がする。前にも書いたが、僕の部屋にこのスピーカーはかなり大きい。先日、久しぶりに遊びに来た妹夫婦は「衝立」と呼んでいたが、確かにそんな感じだ。隣の部屋に続く扉側にスピーカーを置いているので出入りにも少々邪魔である。おまけに左右のスピーカーの間には、右側のスピーカーに寄せてCW250Aが置いてあり、都合三本の電源ケーブルが6口の電源タップから延びているのでまさに足の踏み場がない。ESLで検索すると素敵な応接間に余裕をもってセッティングされた写真が並んでいる。うらやましい限りである。

僕の部屋はごくごく普通の長方形で天井も標準の2.4mしかないので壁に平行にセッティングすると盛大に定在波が発生してしまう。だいたいスピーカーから試聴位置までが1m強しかないので、そもそも平行セッティングは無理がある。ということで、導入当初から多少の内振りにしていた。

ESLの前に所有していた通常のダイナミック型のスピーカーとは鳴り方が全然違うので、まずはこのスピーカーに馴れるため、導入後、しばらくはセッティングを変更せずにじっと聴いていたが、だいたいどんな曲がどんな風に鳴るか感覚が掴めてからはソファの位置を前に出したり後ろに下げたり、スピーカーと壁の距離を開けたり詰めたり、左右のスピーカーの間隔を変えてみたりといろいろ試してみた。

ムラタのツィーターとサブウーファーも併用しているので、これも外したりまた付けたり。ツィーターを置く位置を内寄りにしたり外寄りにしたり、細かく前後位置を変えたりと神経質に実験してみた。スーパーツィーターが再生するような高音域は波長が短いのでそれこそミリ単位で調整が必要という記事をけっこう目にするのだが、僕の駄耳には残念ながらミリ単位では違いがわからないようだ。ただツィーターの位置を中央からオフセットしたり、ESL本体と違う向きにした時にはステレオイメージの点で違和感を感じたのでESLと同じ向きで中央にセットしている。

サブウーファーの方はいまだに迷いがあって電源を入れたり落としたり、時には完全に外したりしている。オーケストラ物を聴く時にはやっぱりある方がバランスが良いのだが、多少低音が足りなくてもサブウーファーなしの方がすっきりと透明感があって良いと思う時もある。曲によってかなり印象が違うので、本当は録音ソースによってこまめに調整しなおす方が良いのだろう。真剣にやるならソースごとに設定を記録すべきだろうが、そこまでいくと面倒くさい。音楽を聴くことが二の次になってしまいそうなのでそこまではしないことに決めた。

最後まで悩んだのがESLの内振りの角度なのだが、最終的にはかなり内振りにした。ソファに座っている時の膝の位置よりも少し前で交差するくらいの内振りなので、頭の位置では完全にクロスしているが、この振り方の時が一番スピーカーの存在を気にせずに済む。左右のスピーカーの真ん中にきちんと奥行を持って空間が広がる。こんなにクロスにしてなぜきちんとステレオイメージができるのか理屈がわからないのだが、結果は明らかに良い。こうすることでスピーカーの背面は部屋のコーナーを向くが、結果的には最も距離を稼げるのでそれも悪くないようだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

12月

ばけぺんさん こんにちは。

色々四苦八苦されているようですね。

私も始終 スピーカーの配置等変えていた事があったのですがそれと同時にケーブルを変えたり他の事も同時並行で試みていたため音が変わった原因が何やら分からなくなり(笑) もう余りイジラナクなりました。

最低でも数か月同じ状態で聴き続けないと私の耳では違いが分からないようです。

最近は何となく この音、曲、雰囲気が良いなぁと感じたアルバムがあれば そればかり聴いている怠惰な私がいます。(^_^;)

話は変わりますが ばけぺんさんプロフィールの誕生月12月なんですね。
私も12月生まれです(笑)。

こんにちは。

キタサン、こんにちは。コメントありがとうございました。

私も一緒です。機材をいじり始めるとあれもこれもどんどんいじってしまうので、何が良かったのか悪かったのか、しまいには元の音がどんなだったかもわからなくなってしまうことがたびたびです(笑)。

そうなると音楽を聴く方に身が入らないのですが、どっちも趣味の一部なので楽しく悩んでます。

キタサンも今月、お誕生日ですか。おめでとうございます。私は誕生日に自分のプレゼントとしてテクノクラフトオーディオデザインのフォノイコを購入いたしました。キタサンもぜひ何かおひとつ(笑)。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク