業務用スタジオモニター

東京に出かけたついでにオーディオショップを覗いてみると見慣れた民生用のスピーカー達と並んでGENELEC社の業務用スタジオモニターの中古が売られていた。ヤマハやディナウディオのスピーカーのように民生用はパッシブ、プロ用はアクティブで別のラインナップをそろえているメーカーのアクティブスピーカーにはずっと興味があったのだが、これまで実際に聴く機会がなかった。

アンプを搭載していることを考えると、プロ用のアクティブスタジオモニターの値付けはだいぶ安い。素人的には、プロが仕事に使うくらいだからクオリティは十分高いだろうと思う。であれば、家庭でもこうしたスタジオモニターを導入してみたいと思うのだが、実際に導入している人はあまり多くなさそうである。何か問題があるのだろうかと漠然と思っていたのだが、目の前に実際の製品があったので、さっそく聴かせてもらうことにした。

スピーカーは純正のスタンドに載っていたので、その場にあったアキュフェーズのプリアンプからXLRケーブルで繋いでもらって何枚かCDを聴かせてもらった。モニタースピーカーなので乾いた素っ気ない音がするのかと思いきや、癖のない実に良い音がする。さすがはミキシングに使う機材だけあって定位も良い。ピアノの独奏、ボーカル、オーケストラと一通り聴いてみたが、得意不得意もなくいずれも淡々とこなしてくれる。なるほど特性がフラットなせいかどの音域にも強調感が少ない。このあたり好みが別れるかもしれないが、モニターという言葉からもっと分析的な音を予想していた僕にとっては良い意味で予想を裏切る音だった。

ニアフィールドモニターとしてはそこそこのサイズだったが、価格はスタンド付きで20万円強だった。もちろん中古だからこの価格なのだが、パワーアンプを別途買うことを考えれば安い。しかし、プロ用はアクティブなのに、いまだに民生用スピーカーは何故パッシブが主流なんだろうか?いや、考えてみれば最近流行りのパソコン用スピーカーなんてほとんどアクティブなのだから、民生用全般がパッシブということでもないか。もしかしたらプリメインアンプの使用が前提だからなのかな?

いずれにしても、万一、ESLが壊れてしまったら次はアクティブモニターの導入を検討してみようと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク