ホルスト「惑星」 : メータ

053.jpg

メータ/LAPOの「惑星」は4、5年前にオーディオショップでスピーカーを試聴した際に聞いたことがある。確かそのCDはXRCDか何か特別な仕様だったと思う。結局、その時は試聴したスピーカーを購入したのだが、「天王星」を聴いた時にそれまで他の演奏では聞いたことのない金管の響きにちょっと驚いた記憶がある。それ以来この演奏には縁がなくCDを買ったこともなかったのだが、最近、ただでさえ安いEU盤が中古で販売されているのを発見して興味本位で買ってみた。

演奏は実に歯切れが良く表情豊か。フルオーケストラが咆哮する部分に関心を奪われがちだが、「金星」や「土星」といった静かな音楽の処理も見事。この頃のメータが飛ぶ鳥を落とす勢いだったことも納得である。総じて「惑星」の魅力が満喫できる素晴らしい演奏だと思う。

通常CDでもオーディオ的快感に浸れる優秀録音。特に中低域が充実している。比較すると高域の抜けや透明度はもう一つだが、聞いて楽しめることは間違いない。名盤。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

思い出の曲

ばけぺんさん、こんばんは。

私がメータの名前を知ったのはこの演奏のLPでした。発売当時、レコード・アカデミー賞受賞の帯に惹かれて買ったことを覚えています。
メータ全盛期を代表する名盤ですね。特に「天王星」の金管のド迫力にはこんな音楽があったのかと圧倒されたものです (^^)

こんばんは。

akifuyu102さん、こんばんは。

そうでしたか。この演奏でメータを初めてお聞きになったのですね。この演奏、レコード・アカデミー賞受賞しているんですね!私も「天王星」には圧倒されました。私がメータを知ったのはNYPとの「ツァラトゥストラ」でしたが、いずれにしてもこのころのメータは輝いてましたね。

NYP以降日本では人気が薄れましたが、ニューイヤーコンサートといい老いてなお大活躍しているのは凄いことだと思います。長生きしてほしい指揮者の一人です。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク