マーラー交響曲第1番 : ノイマン

641.jpg

70年代後半から80年代前半にかけて収録されたノイマン/チェコ・フィルのマーラー交響曲全集から第1番「巨人」を聴いた。冒頭の弦楽器からとても美しい。

ノイマン/チェコ・フィルのマーラーは数ある演奏の中でも最も自然体で素直な演奏ではなかろうか。チェコ・フィルの妙技とやや軽いが鮮明な録音があいまってどの曲を聞いても不満なく楽しめる。

併録された10番のアダージョも非常にしなやかで美しい。とても良い演奏である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク