R・シュトラウス「英雄の生涯」: ブロムシュテット

394.jpg

ジャケットがとても印象的なブロムシュテット/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団のR・シュトラウス「英雄の生涯」。録音後、30年以上経ってようやくLPが入手できた。

ブロムシュテットの指揮でSKDの演奏である。想像どおり派手な音響効果は皆無ながら、盛り上がるべきところはきちんと盛り上がるし、弱音部の美しさは比類がない。

LPでは多くの録音が英雄の戦いの序盤、打楽器がマーチのリズムを刻む手前で片面終了するが、この演奏は英雄の業績の途中までA面に収録されている。音楽が一気に盛り上がるところで勢いを止めないための配慮だろうか。確かにこの部分で席を立って盤を裏返さずに済むが、その分、A面の収録時間が30分近い。録音そのものはとても良いと思うが、再生する上で特に内周は少し厳しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク