Cool Struttin' : Sonny Clark

41EFE43Z6NL.jpg

昨日、近所のHard Offを物色していたら片隅のLPコーナーに「Cool Struttin'」があった。ジャケットを見る限りそれほど古びてないし、500円だったので検盤もせず購入。家に帰ってチェックしたところ幸い傷らしい傷もなかった。中に入っていたライナーを見ると東芝EMIがBLP1500シリーズとして販売したものらしい。80年代前半、LP終焉時期のプレスと思われる。

「Cool Struttin'」はヴァン・ゲルダーによるリマスタリングが施されたCDを持っているが、このシリーズに共通する、どことなくやりすぎな感じの音がする。それに比べるとこのLPの音はずっと素直で自然。名手揃いのバンドメンの中で「出ず引っ込まず」のピアノが良い感じである。

「Cool Struttin'」は日本でばかり人気があるそうだが、不思議な話だ。このLPには4曲収録されているが、どの曲も実に親しみやすいし秀逸な演奏だと思うのだが。Sonny Clarkがもう少し長生きしていたらまた違う話になっていただろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名盤ですねぇ~

ばけぺんさん こんばんは。

いやぁ~まずジャケットが良い!。
アルトのジャッキー・マクリーンが良い。アート・ファーマーも良い。
ポール・チェンバースもフィリーも良い(笑) あれソニー・クラークは?

おそらくこんな聴き方をアメリカ人も している?から本国ではそれほど人気が無いのかもしれませんね。 おっしゃる通り控えめなピアノが このアルバムの底を支えているはず。それが分かる ばけぺんさんは通ですよ。

私が持っているアルバムは国内盤 RVG24ビットリマスター。
うーん オリジナルが欲しい…しかし手が出ず、高いなぁ(笑)

こんばんは。

キタサン、こんばんは。コメントありがとうございました。

このジャケット写真、素人的にはすべてのジャズアルバムを代表する写真ではないかと思います。なんとも格好良いですねえ。

仰るとおり、サイドメン(の位置づけの人々)は錚々たるメンバーだし、演奏も良いんですからいくらソニー・クラークが目立たなくてもアルバム自体はもっと評価されていいと思うのですが。キャノンボール・アダレイの「枯葉」だって本来のメインはあんまり目立ってませんし。

このアルバム、本国で不人気だからオリジナル盤を手に入れるのはいよいよ難しいんでしょうね。良いアルバムだから持っている人もなかなか手放さなそうです。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク