PCオーディオ

PCオーディオを始めてしばらく経つ。といってもせいぜいCDをリッピングしたり、e-onkyoから音源をダウンロードしてそれをUSBケーブル経由でDACに入れて聞いているだけだ。

CDPがCDをリアルタイム再生するのに比べ、エラー補正しながらHDDに保管されたデジタルデータを再生するPCオーディオは、データの欠落の可能性が低い分、良質の音で再生可能だという話を聞くとなるほどと思うのだが、現実的にはなかなか理論どおりにいかない。

ある程度以上のレベルのコンベンショナルなシステムを組んでいる人が、それ以上の音でPCからの音源を再生するのはけっこう至難の業なんじゃないだろうか?

データをどこに保存するか、どう転送するか、USBからDACに直接流すか、USBDD経由か、はたまたfirewireやLAN経由にするか。リッピングソフトに再生用ソフト、だいたいOSやコンピューターそのものの選択等、変動係数が多すぎてけっこう悩む。

今、ごく普通のノートブックからPerfectwave DACIIにUSB接続して聴いているが、普通に良い音だ。SNも良いし、定位も良い。

ただ、これがCDPからアンプにアナログ接続した音を凌駕しているかと聞かれると…。どうかな。

オーディオメーカーも馬鹿じゃないだろう。人生をかけて音作りをしている人たちの仕事がそんなに簡単に素人に負けるわけないと思う。

個人的には負けてほしくないと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク