スクリャービン「プロメテウス」 : アシュケナージ

IMG_0362 (2)

だいぶ前にこのアルバムに併録されたスクリャービンのピアノ協奏曲について記事にした。(スクリャービン ピアノ協奏曲) そこにも記したのだが、高校時代からの愛聴盤であるこのアルバムのB 面に収録された「プロメテウス」は一度もまともに聴いたことがなかった。今日は時間もあることだし、いよいよ聴いてみることにした。針を落とすのは30年ぶりのはず(笑)。

この曲は前奏・提示部・展開部・再現部・コーダという構成で全曲が連続して演奏される。スクリャービンは音楽の調性と色彩に関連を見出していたらしく、ステージに向けて光を照射する「色光ピアノ」という楽器(?)がスコアには明記されているらしいが、肝心の楽器が実在しないらしい。ということでこの録音でも省かれている。もっともどちらにせよレコードでは意味がない。

ホルンが8本、トランペットが5本、木管は4管編成で最後の部分には合唱も必要という大編成の曲である。全曲を通じていくつかの主題が繰り返し登場する。聴いてみるとそれほど難解ではない。調性ははっきりしないが、例えば12音技法の音楽に比べればずっと古典的である。神秘的な前奏から濃霧の中を手探りで進むような音楽が纏綿と流れて最後は合唱とともに盛大に終わる。

30年目の初対面はなかなか面白かったが、もう一度聴きたいかと言うと微妙(笑)。それよりも発見はライナーノーツに記された演奏時間が全くの間違いであったこと。聴けばすぐにわかるほどの誤植だが、オリジナルテープの記載も間違っていたのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク