MITCHAKU SHELL

FidelixからMITCHAKU SHELLという名前のヘッドシェルが販売されている。アームとの接合部にあるピンに工夫が加えてトーンアームとヘッドシェルの間の隙間を無くすころにより、シェルのがたつきを抑えることができるという。

確かに、カートリッジを直接固定するトーンアームに比べるとユニバーサル型のトーンアームはどこかネジが弛んだような音がする。がたつきが気になるのでこれまではZYXのスタビライザーリングを使っていたのだが、このリングにはアームとの相性があってうまく装着できないことがある。シェルを替えても使えるところは魅力なのだが、この点で使い勝手がやや悪かった。

そこへMITCHAKU SHELLが登場したので早速一つ購入してみた。SHELTERのModel 7000を付けてイケダのアームに装着したのだが、2つのピンがシーソーのような形で取り付けられているので、アームへの装着は少々コツがいる感じ。押したり引いたり上下に少しずつ動かしたりしているとスッと嵌る位置があるので無理やりねじ込もうと思わないほうがいい。

クラシックやジャズを何枚か聴いてみたが、これは実際に効果がある。通常のシェルは嵌合部でやはり微妙に振動しているのだろうか。MITCHAKU SHELLを使うと背景が静かになるし、上から下まで全域で実に歯切れの良い音になる。低音が重さを失わないままタイトになるので結果的に中高音の曇りも取れるようだ。今まで使ったことのあるシェルの中では圧倒的な音質改善である。素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミッチャクシェルは暫く使っていると当りがでてスムーズに取付けが出来る様になります。使う方の慣れもでるのかもしれません。バケペンさんの音は直接は聴く事はできませんが確かな機器の評価のできる素晴らしいシステムをお持ちだと推測しています。

milonさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

なるほど、そういうことですか。最初は少し渋いんですね。購入して即、取り付けた感想で記事を書いてしまいました。でもとても調子が良いのでしばらく取り外せません(笑)。

> バケペンさんの音は直接は聴く事はできませんが確かな機器の評価のできる素晴らしいシステムをお持ちだと推測しています。

いえいえ、とんでもないです。オーディオは好きですが私のシステムなんて永年試行錯誤されている皆さんからみたらぜんぜんまだまだだと思います。ただ、いろいろなメーカーの中でもFidelixさんの追及している音が好みなんだと思います。プリアンプもフォノイコも一聴してすぐに気に入りましたので。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク