SM-SX10(8)

シンガポール出張している間に海外暮らししている弟夫婦が久しぶりに帰国した。留守の間にオーディオルームは見たが音を出していないというので、夜、三人で一緒に音楽を聴いた。

二人は音楽好きだがオーディオには興味はあっても知識はなし。通常はiPadやmp3プレーヤーにダウンロードしたポップスを聴いているという。まずは持ってきたiPad miniのステレオジャックからピンジャック→RCA変換ケーブルでSM-SX10のアナログ接続に繋いでいつも聴いている音楽を聴いてもらう。

うーん、ひどい音だ。と思ったが、弟は大喜び。音の分離がすごい!とか言ってはしゃいでいる。これは聞かせ甲斐がある。

iPadもiPodもそのまま接続できるDACがないので、持っているCDや自分のPCに入っている音源で二人が聞いたことのありそうなものを一緒に聴く。CDで聞くワルツ・フォー・デヴィやPCに入っていたMichael JacksonのThis is it等、共感できそうなものを次々にかけたが、どれを聴いても非圧縮音源をきちんとしたオーディオで聴く音の良さに感動してくれたようだ。

しばらく聴いて慣れてもらったところで、ちょうどいい機会だと思い、同じ音源をSM-SX10とDussun R30iで聞き比べてもらうことにした。もちろん自分で聞き比べてもいいのだが、なまじ周辺知識(特に真贋の怪しい知識)が豊富な僕の場合、どうしてもバイアスがかかる。この二人はずぶの素人に近いし、二人の感想の方が信憑性が高そうだ。

聞き比べはまずPC→USBケーブル→Perfectwave DAC→RCAケーブル→SM-SX10で聴いてもらい、その次に同じ音源をPC→USBケーブル→Perfectwave DAC→XLRケーブル→Dussun R30iで聴いてもらう。最後にもう一度SM-SX10に戻す。という形で行った。

聴いたのはマイケルジャクソン、RUN DMC、マドンナ、ジャネットジャクソンというオールポップス。元音源はすべてCDである。リッピングしたデータをNASに貯え、そこから無線LANで接続している。PC上のプレイヤーはfoobar2000。

厳密に言うと二経路のケーブルが違う。RCAとXLR、さらにスピーカーケーブルも違うが、これらのケーブル類は以前、ケーブル類同士で聞き比べしたとき違いがわからなかった。おそらく影響は非常に小さいと思う。

結論は、もう圧倒的にDussunが二人の好みだった。最初のマイケル、その最初に聴いたBillie Jeanのドラム一発で結論が出ていたが、念のためいろいろ聴き続けた。が、結論は変わらず。

中低音の量感、迫力でDussunが大きく上回ったのが理由らしい。マイケルジャクソンの歌声は大げさに言うと半音くらいDussunで聴く方が低く聞こえる。そのくらい中低音成分が多い。

これは面白いと思って次々聞き比べたかったのだが、残念ながら、すでに就寝モードに入っていた両親から音の大きさにクレームが入って終了…。

またタイミングを見て違う比較をしてみたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク