Nikon Df

R0050089 (2)

オーディオ機材を入れ替えるときに何度か使っているオーディオショップには少なからずカメラも出品されている。今回、アンプを入れ替えるタイミングでNikonのDfというデジタルカメラを買った。ここ数年、デジタル一眼レフには完全に興味を失っていたのでこんな機種が発売されていることすら知らなかった。ぱっと見、FMシリーズに似ている。本当はブラックボディの方が好みだが、出ていたのはシルバーのみ。まあ、いつもながら中古商品で自分が探しているスペックぴったりのものが見つかることは少ない。

ミラー付きフルサイズ一眼レフがどのくらい売れているのか皆目承知しないが、数年興味を失っていたら型番を聞いてもピンとこないくらいの勢いで後継機種が発売されているのだから、そこそこ需要はあるのだろう。何より一昔前、主要メーカーのラインアップにDfのような趣味的な機種はなかったから、いまだにオートフォーカスレンズのすかすかなヘリコイドに馴染めないおじさん的にはとても嬉しい。

このカメラはAi化以前のものも含め、歴代ニコンのレンズのほとんどを受け止めることができる。。らしい(笑)。Ai化以前のレンズと言われるとさすがに古すぎて良く分からないのである。Aiレンズであればレンズ情報をマニュアル登録することで普通に絞り優先撮影ができる。僕にはそれだけで十分である。

フルサイズで1625万画素。買ってからネットで情報を集めてみると巷ではフルサイズにしては画素数が少ないと言われている。えーっ、1625万画素ですよ。最近は皆さん、どれだけ大きなプリントを目指しているのであろうか。僕はたぶん半分の800万画素でも足りる。個人的には画素数が大きすぎるとハンドリングが面倒くさいだけだと思うのだが。。まあ、でも今の標準から言うと物足りないのだろう。とにかく画素数は少なめだがそのおかげで高感度撮影には強い。室内での撮影が多いのでそれもメリットである。

今日、カメラが届いたのだが、ちょうど義弟のご両親が甥を見に遊びに来たので、取説を見てとりあえず3本レンズを登録し、早速使ってみた。最初からオートフォーカス、デジタルカメラ世代のユーザーはこういうダイヤルだらけのカメラが使いづらいらしいが、マニュアル世代には直観的に操作できる。

F3に比べてしまうとピントの山は見づらいが、中央に被写体を置けばフォーカスアシストが機能するのでピント合わせはさほど苦にならない。絞り優先と言っても、下限のシャッタースピードを指定するとその範囲で感度を自動調整してくれるので実質的にはプログラム的に撮影できる。筐体はフィルムカメラほどソリッドでないが、シャッターショックはよくコントロールされていて手振れはほぼ皆無であった。たくさん可愛い写真が撮れて向こうのおじいちゃんおばあちゃんも大満足。さっそくインクジェットプリンターでプリントしてお土産として持って帰ってもらった。

DSC_9231 (2) DSC_9317 (3) DSC_9319 (2)

3枚とも古いマイクロニッコール55mmで撮影したものだが、ピントの合ったところの切れ味に加えて大きなボケはやはりフルサイズの特権である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自然光ですか…

…キレイに撮れてますね。 マイクロ・ニッコールの 55mm 私も持ってます。非 AI は、そうか、露出計に連動させられないから完全マニュアルになるんでしょうね。記憶が定かじゃないですが、85mm F1.8 とかいうのを持ってたはずです。おっしゃるようにフルサイズのボケ味はあの小さい画面サイズではマネできないですよね。85mm はもちろんボケ味を求めて購入したものでしたが、実際にはその後、建築物ばっかり撮るようになって、あんまり使わずじまいでしたんで、この Df で捲土重来を期します・・・〔笑〕。

のす爺ィさん、こんばんは。

ここの写真はすべて自然光です。フィルム時代には考えられないほど感度が高いので蛍光灯下でもフラッシュなし、三脚なしでマクロ撮影が可能ですが、蛍光灯下はやはり色転びしやすいです。ブログに載せるくらいのサイズならカメラ任せであとでPCで補正すれば十分ですが。

マイクロ・ニッコールは良いレンズですね。非AIでも露出計は動作するので実使用にはそれほど困らないと思います。僕は85mmはF2を持ってます。F2を1段絞ってもなお十分にボケるのでコンデジとは違う写真が撮れます。

>Df で捲土重来を期します・・・〔笑〕。
素晴らしい写真を撮ってブログに載せてください。楽しみにしております。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク