モーツァルト交響曲第41番「ジュピター」 : コレギウム・アウレウム合奏団

DSC_9500 (2)

先日買ったコレギウム・アウレウム合奏団のレコードはどれを聴いても素晴らしかった。3枚購入したアルバムのうち最後に聴いたのがこの「ジュピター」なのだが、古楽器の透き通るような音色で生き生きとした素晴らしい演奏が聴ける。このアンサンブルの演奏はハイドンやシューベルトでもそうだったが、音楽の愉悦に満ち溢れている。

響きが透明なので終楽章のフーガは各楽器の細かい動きまで鮮明に聞こえてくる。それぞれの楽器が織りなすメロディが一体となって迫ってくる様は印象的である。指揮者なしでこんなに有機的に演奏できるアンサンブルの技術に感動する。こんな良い演奏が今となっては話題にもならないのが不思議なくらいだ。名盤。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク