いつの間に。

美容室に行った帰りに本屋に寄ってちらっとレコード芸術を見たら表紙に追悼アーノンクールとある。え、アーノンクールって死んでしまったのか。。

マゼール、ブーレーズ、アーノンクール。みんなクラシック音楽を聴き始めた頃からずーっと親しんできた大指揮者だが、最近、次々といなくなってしまうなあ。

アーノンクールは80年代にはまだ前衛指揮者という感じだったが、この人がバロック音楽からベートーヴェンを経てロマン派の曲を指揮するようになってから、その後の世界中の演奏に与えた影響はとても大きかったと思う。

個人的にはアーノンクールのブルックナーが結構好きだ。特にVPOを指揮した9番は名演奏だと思う。近々、ベートーヴェンの交響曲全集を新たに録音する予定だったと聞くと実に残念である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アーノンクール

ばけぺんさん、こんばんは
ベートーヴェンは4,5番が発売されているようですが、全集の完成は幻となりましたね。ちょっとだけ試聴してみましたが、面白そうな演奏です。奇才というか多才というか、生では接することのできなかった指揮者の一人で残念です。

おはようございます。

sankichi1689さん、おはようございます。コメントありがとうございました。

4番と5番は新しい録音が残ったんですね。最初の録音が性格の違う4番と5番の組合せと言うのも面白いですね。僕もさっそく聞いてみようと思います。

アーノンクールの指揮ぶりはビデオと写真で見たことがあるだけですが、特に写真はいつも目を見開いてちょっと怖いものが多い(笑)ので、ライブは緊張感が漲っていたのかなと思います。比類ない才能が逝ってしまって残念です。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク