シベリウス交響曲第1番 : バルビローリ

barbirollisibelius.jpg

カラヤンのシベリウスの感想を書いた時にバルビさんからお奨めのコメントを頂いたバルビローリ/ハレ管によるシベリウス交響曲全集を入手した。昔から定評ある名盤が5枚組のリマスタリングCDで2,000円もしないで入手できるのだからとてもお買い得である。しばらく在庫が切れていたようだが、先週商品が無事到着した。

1枚目のCDは交響詩集でこれも興味深いのだが、まずは番号順に交響曲第1番から聴くことにした。バルビローリ/ハレ管のシベリウスはたしか2番を昔聞いたことがあったと思うのだが、正直に言って内容は記憶にない。でも、バルビローリの演奏はマーラーの9番も若い頃聴いたときには印象に残らなかったが、最近聴いてとても感銘を受けた。なので、このシベリウスにも期待大である。

ついさっき聞き終えたのだが、期待に違わず、と言うか期待していた以上に素晴らしい演奏だった。僕はバルビローリの演奏と言うと「優しい」というイメージを持っていた。確かに全体として伸びやかでおおらかな演奏ではある。歌心に溢れているとも感じたが、構成力に優れていてルーズなところがない。第二楽章はかなりきびきびとしたテンポなのに、急ぎすぎと感じる演奏も多い第三楽章は逆にたっぷりとしたテンポでじっくり進む。こういう進め方もいいなあと思って聴いていると最後は強烈なアッチェレランドで終わったりして、表情豊かな演奏だ。終楽章は雄大な演奏。弦が雄弁でとてもドラマチックだ。リマスタリングのおかげか録音も良いし、なるほどこれは名盤である。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 今日は、とても興味のある記事、ありがとうございます。
 私は、バルビローリさんなら何でもいいんです。勿論、この演奏は素敵ですし、LPも全集で持っています。ベルリンフィルだのウィーンフィルだのといった、所謂洗練された音はしませんけれども、おっしゃる通りの表情豊かな演奏だと思います。
 記事を拝見して、本当に久しぶりに、この演奏を私も聴いてみました。とても懐かしい思いがしました。
 それで、評論家諸氏や色々な方が「弛緩した」だとか、「緩すぎ」だとか、何を言われようが、とにかくバルビローリさんの演奏なら、何でもいいんです。勿論、彼の演奏録音を全部聴くなんてことは、今後できるかどうかわかりませんけれど、そして、私が知らない彼の演奏録音は数限りなくあるでしょうけれど、可能収集な限り、バルビローリさんを聴きたいです。
 

バルビさん、こんばんは。

こんばんは。コメントありがとうございました。

バルビさんにコメントいただいたおかげでとても良いシベリウスの演奏に巡り合うことができました。マーラーの時もそうだったのですが、以前、聴いた時とはまったく別の印象を受けました。当時のオーディオ装置が貧弱すぎたのかもしれませんし、音楽の好みが変わったのかもしれません。いずれにしてもバルビローリの真価を理解することはできなかったようです。

今回、改めて演奏を聴いてみて僕の中に刷り込まれた「優しい」という印象は誤解だと感じました。よく聞きもしないで評論家の言葉を鵜呑みにしていたかもしれません。「緩い」という評価をする人も果たしてちゃんと聞いているのかなぁ。。

ブラームスの全集もさっき買っちゃいました。
プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク