ストラヴィンスキー「春の祭典」 : 小澤

小澤春祭

今日、「レコード社」でもう一枚買ったのが小澤征爾/ボストン響による「春の祭典」。79年録音で高校生の頃の僕にとってけっこう憧れの一枚であった。小澤さんの「春の祭典」はさかのぼること10年以上前にシカゴ響と録音したものがあり、この録音の後にはバイエルン放送響との映像作品もある。村上春樹さんとの対談でもこの曲のことを語っているし、得意曲でありお気に入りなんだと思う。

小澤さんはどんな曲でもスコアのすみずみまですべて暗譜しているらしい。加えて抜群のリズム感とバトンテクニックを持っているのだから、自らの手兵であるボストン響相手であればいくらでも大胆でスリリングな演奏ができるだろうと思うのだが、ここで聴ける春の祭典は危ういところが微塵もない非常に安定した音楽である。正直言って、安全運転すぎるような気もする。弦楽器のリズムはもっと先鋭でいいと思うし、金管や打楽器ももっと目立っても良い。要するにパンチに乏しいのだ。

目の覚めるような強烈な印象がない代わり、この演奏にはどんな複雑な部分でもきちんと計算された楽器のバランスと精妙な音のブレンドが存在する。中低音よりのピラミッド型バランスで音色は暗め。アメリカのオーケストラなのに小澤さん好みのドイツ的な厚みのある音がする。こういう高め安定の音楽を作り出すことができたからこそ、あれだけ長期間にわたって世界的オーケストラに君臨できたのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばけぺん

Author:ばけぺん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Since 3/28/2013
検索フォーム
リンク